平昌オリンピック スノーボードがかっけー!
巷ではインフルエンザが大流行りしていますが、引きこもりのヲタク生活が功を奏しているのか、今のところ大丈夫です。
そして、この3連休は、平昌オリンピックが始まったこともあり、ヲタク・ライフに拍車がかかっています(笑)。
今日は、スノーボード男子スロープスタイル決勝を朝からライブで観て、コーフンしました。

スノーボード スロープスタイルとは…、
ソチ五輪から採用。形状の異なる複数のジャンプやレール、ボックス、テーブルなどレイアウトされたバラエティーに富んだコースからいくつかのアイテムを選択し、演技しながら滑走して得点で競う。全体の印象、高さ、難易度、完成度、多様性、流れなどの観点から採点し、順位を決定する。

前半はジブと呼ばれるレール状のアイテムなど、後半にはジャンプ台が設置されたコースを滑り、技や演技を競う。ハーフパイプと同様、6人の審判が1人100点満点で採点し、最高点と最低点を除外した4人の平均点が得点となる。予選は2回、決勝は3回ずつ滑り、それぞれ最も高い得点が採用となる。予選の上位12人が決勝に進む。(Sportsnavi 平昌オリンピック特集より引用)


この競技は、予選から生中継で観ていたのですが、選手の繰り出す技の迫力と個性が観る者を惹きつけ、競技の知識がなくても存分に楽しめるエンターテインメント性溢れるスポーツで、最後まで飽きさせません。
解説の方から出てくる言葉も「かっこいいですね!」「オシャレです!」「これはスタイリッシュですね~」など、解説者っぽくない表現が多いのも面白いです。

優勝したのは、アメリカの17歳の少年スノーボーダー、レドモンド・ジェラルド選手。
2回目までは途中でミスって最後まで滑り切れなかったものの、3回目のラスト・ランで大技を次々と成功させ、劇的な大逆転勝利を収めました!
ジェラルド君は、予選から、観ていて何か特別なバイブス(この表現がスノボには合う気がして(笑))を感じるものがあり、密かに応援していたのですが、見事にやってくれました!

ウィンタースポーツは全くやらないので、ウェアのファッション・トレンドとかも疎いのですが、スロープスタイルを観ていると、巷ではあまり見かけなくなった”腰パン”が、スノボ界では依然として主流のようで、”腰パン”はどうにも受付けない私としては、それだけが気になるところでした。
そんな中、ジェラルド君はパンツの腰を下げずに普通に着こなしていたのも好印象でした。

勢いに乗っているジェラルド君は、この後、平昌から新採用されたビッグエアという競技にも出場予定なので、注目したいと思います。
 歯列矯正 1ヶ月経過
歯列矯正開始から、ちょうど1ヶ月経ちました。
今のところ、特に目立った動きは見られません。(まだ1ヶ月なので当たり前か(笑))

私の場合、開始早々から下の歯の矯正器具がすぐに取れてしまうアクシデントが続き、歯医者に週一ペースで通っていましたが、ワイヤーを細めのタイプに変えてからは安定し、器具装着の違和感や歯に力が加わったときの痛みも、日に日に和らいできました。

すっかり調子に乗って、最近は固い豆菓子とかもバリバリ食べるようになったのですが、1ヶ月が経ち、歯の根元がばらけてきたところで、ワイヤーをキツメに調整され、本格的に歯を動かす方向へステップアップ。
おかげで、またしても噛むと歯が痛い…。
固いものは食べないように言われましたが、この痛みだと先ずムリです(笑)。

ところで、先日、久しぶりにひとりカラオケに行ってきたのですが(最近は音ゲーに夢中でカラオケに行く時間がなく(笑))、矯正していると、かなり歌いづらいことが発覚!
英語の曲は、特に歌いづらいです。
普段しゃべる分には全然問題ないのですが、歌うとなると、しゃべるときより口を大きく開けるからでしょうか。
とりあえず、唾が飛びまくります(笑)。
これも、慣れると大丈夫なのかもしれませんが。
 サンフランシスコ発 ダンデライオン・チョコレートに感動
今、期間限定で博多駅に出店している、サンフランシスコ発のBean to Barショップ「ダンデライオン・チョコレート」が、とても美味しくて感動レベルです!

このお店は、カカオ豆の買い付けからチョコレートを作るまでの全ての工程を自ファクトリーで行っているサードウェーブ・チョコレート・ショップで(コーヒーだけでなく、チョコレートにもサードウェーブが来ていることを遅ればせながら知りました)、“サードウェーブ”“サンフランシスコ”ときたら吸い寄せられないわけがなく(笑)、板チョコとブラウニーバイトフライをお買い上げ。

dandelion1.jpg

今まで食べてきた板チョコとは、何かが違う!
上品で優しくて丁寧な味わいのチョコレートです。
パッケージもオサレすぎ!


dandelion2.jpg

私の中で、ブラウニーケーキはどこで食べても特に当たりはずれのない“普通に”美味しいスウィーツという印象でしたが、その印象が覆されました。
こんなに美味しいブラウニーケーキは初めてです。

実は、このお店は夏にも期間限定で出店していて、その時に初めて知ったのですが、夏は、アイスクリームの上にダンデライオンのチョコを好きなだけかけて食べるアフォガードがとにかく美味しくてハマってしまい、出店期間中3回リピりました(笑)。
冬は、ホットチョコレートをやっているので、近々にチャレンジしたいと思います。
 東方神起 LIVE TOUR 2017 ~Begin Again~ at ナゴヤドーム '18.1.13
ビギアゲツアー、名古屋3Days、2日目に参戦しました。
モタモタしているうちに、昨日から京セラドームの追加公演が始まり、タイミング的にアレですが(苦笑)、振り返っておきます。

この日は、参戦4回目にして、ついにチャンミン側(ステージ向かって左側)の座席をゲット!
後ろから数えたほうが早い天井席でしたが、オープニングを始め、フライングや、スキー場のリフト風演出(地上15メートルの高さに張られたワイヤーに吊り下げられた乗り物で移動する)が、全てチャンミン側で観られたのでよかったです。

MCでは、チャンミンの言うことをちゃんと聞いていなかったのか、ユノが数々の天然ボケを発揮、二人の計算されていないナチュラルなチグハグ・トークが会場を沸かせました(笑)。

チャンミンは、スワロフスキーのキラキラ衣装のとき、くるぶしが見える9分丈パンツの裾が、左右明らかに長さが違っていて(着替え担当のスタッフさんが直し忘れたか?)、観客は全員気になっていたはずですが、チャンミン本人は全く気づいていないのか、最後までそのまま。
他にも、首にかけたタオルをTシャツの首元にインする土方の兄ちゃん風スタイルで歌ったり、この日のチャンミンの着こなしは、抜け感満載で(笑)、ほっこりしました。

「MAXIMUM」のジャンピングの登場シーンで、チャンミンは着地が若干ふらついて、完璧にはキマりませんでしたが、チャンミンのように細くて長い脚の人は、体形的に下半身を安定させづらいので、あの演出は毎回大変だろうと察します。

12月の京セラに、インコグニートのバンマス、ブルーイが参戦し、MCのBGMがインコグニートの「Colibri」だったので感動したとコメントしていたのが気になり、今回、BGMを集中して聴いてみましたが、「Colibri」ではなかったです。
ブルーイが観に来た日だけ特別に「Colibri」を演奏して、おもてなしをしたのではないかと推測します。

ということで、私のビギアゲツアー参戦はこれで終わりです。
約2年振りに生で観た東方神起は、チャンミンは、とにかく、かわいい!
ユノは、発言に重みが増して、さらに教祖的な要素が強くなったように思います。

トンライブは、ライブだけではなく、お仲間さんたちとの会合も大きな楽しみで、今回も、参戦した福岡、大阪、名古屋それぞれで、お仲間さんたちとわいわいがやがや、赤裸々トークでガンガン盛り上がり、本当に楽しかったです!
皆さん、やっぱり愉快で濃い~(笑)。
またの再会を楽しみにしています!

20180114.jpg
名古屋の往復で利用した飛行機の音楽プログラムに、東方神起の「Reboot」が。
4曲目のソン・シギョンは、チャンミンがインスタグラムでレコメンドしていたアーティストです。
 歯列矯正デビュー ②
歯列矯正器具装着後に、先生から言われた注意事項は、
・器具が外れる可能性あり
・口内炎が出来るかも
・歯が痛くなる(特に噛むときに痛い)

まさにその通りの展開になりました(苦笑)。

この日は仕事が終わって歯医者へ直行したので、家に帰って晩御飯を食べようとキャベツスープを作り、キャベツの芯の部分がやわらかくなったか確かめるべく、齧ったその瞬間、口の中で「バキバキバキッ!」とナゾの音が…!
「もしや、これは…」と、口内をチェックすると、案の定、さっそく器具が3か所ほど外れていることが発覚!
外れたのは、噛んだときに上の歯が下の歯の器具に当たってしまう箇所と分かり、その後、当たらないよう歯医者に行っては微調整を繰り返しています。

口内炎は、矯正器具が頬の裏側に当たり、特に激しく当たるところに出来ます。
食事とかで口を動かすたびに同じ箇所を傷つけるため、口内炎の薬を塗ってもちっとも治りません!
これも当たらないよう微調整してもらっています。

歯の痛みは、処置した翌日からやって来ました。
ワイヤーで歯が引っ張られている感覚が常にあり(特に前歯)、何をやっていても歯の引っ張られ感が気になる状態。
そして、食べ物を噛もうとすると、激しい痛みが…!
歯に力が加わるととにかく痛いので、固いものは絶対に無理、柔らかいものも恐る恐る噛まないと無理です!

歯を使うととにかく痛いので、あみ出したのが、舌を使って食べ物を潰すやり方。
いも系の食べ物などは、舌で押し潰して砕くと食べられます。
歯が使えなくても、舌を使えばなんとかなります(笑)。

極めつけは、食べ物が歯とワイヤーの間にとんでもなく挟まりまくること!
食べ物という食べ物全てが挟まり、この気持ち悪さは悪夢としか言いようがありません!

私は今まで、歯は一日1回しか磨かない主義で、このことを周りに話すと、軒並み「ありえない!!」と全否定されて終わるのがオチなので(笑)、大っぴらにはしていませんでしたが、一日1回主義とか言ってる場合じゃなくなりました(笑)。
食べたら即磨かないと、というか、挟まった食べカスをきれいに取り除かないと無理です!

いきなり苦痛ばかりの矯正治療ですが、これらの症状は何も特別なことではなく、歯列矯正開始時期の「あるある」です。
なんだかんだ言いながらも、身に起こる色んな変化を楽しみつつ耐えています。
 歯列矯正デビュー ①
年始の挨拶投稿でお知らせしましたが、年明け早々、歯列矯正デビューしました!
40歳を疾うに過ぎた年齢で歯列矯正することになろうとは、自分でも驚きの展開ですが、きっかけは歯医者さんからの提案でした。

私はちょくちょく知覚過敏になり、歯医者に行くといえば知覚過敏で、そのたびに上下の歯の当たり具合を調整し、さらに、銀色の被せモノをしたり、症状が酷い場合は神経を抜く処置をしたりしていました。
当時、お世話になっていた先生からは、知覚過敏になる原因として、歯の噛む力が強いことを言われていました。
しかし、だからと言って優しく噛むとか難しいし、しょっちゅうなるわけでもないので、特に対処のしようもなく過ごしていました。

で、今回、またしても知覚過敏になり、福岡に来て初めて歯医者に行く羽目になり、例の処置をされるのかと思いきや、先生の口から出た言葉は、「矯正」。
「歯そのものは質が良いので、将来も自分の歯を活かすことを考えると、矯正で噛み合わせを直して知覚過敏にならないようにするのがいい」と。

全く想定外のコメントにビックリして、その場で即決はさすがにできませんでしたが、時間が経つにつれ、気持ちはどんどん矯正に傾いていき、もう誰も止められない状態に(笑)。
年明けからさっそくスタートすることにしました。

先生曰く、私の歯は上の歯が1本少ないらしく(なぜ?)、上下の歯のバランス的には、上を1本、下を2本抜くのがベストらしいのですが(恐怖)、抜歯しなくてもイケそうとのことで、その方向で進めることにしました。

上下の歯に矯正器具を着け、ワイヤーを通すのにかかった時間は、1時間半ほど。
処置中、痛いとかは全然ないのですが、長時間口を大きく開けっぱなしにしないといけないので、顎がとにかく疲れました…。

つづく…
 東方神起 LIVE TOUR 2017 ~Begin Again~ at 京セラドーム '17.12.28
昨年の年末は、東方神起のライブで年納め。
ビギアゲツアー、京セラドーム3Days最終日に参戦しました。

12月といえば、東方神起と同じ事務所の後輩SHINeeのメンバー、ジョンヒョンが自殺という、衝撃的な出来事があり、二人とも相当ショックを受けたと思いますが、時の経過とともに、徐々に気持ちの整理もついてきたのか、この日はいつもの二人に戻っていて安心しました。
MCでは達者な日本語でファンを弄び、トンペン大満足(笑)。

この日、アンコールの「MAXIMUM」で、ユノがステージ下からジャンプして登場した後、ドヤ顔でタメるシーンで、大画面モニターに映ったユノを観ると、髪型が妙にヅラっぽくて気になりました。
そのことを、トンペンだらけでぎゅうぎゅう詰めの帰りの電車の中でトン友さんたちに告白する危険行為をしでかしましたが、無事でした。

ところで、今ツアーは、自分の座席が当日会場でチェックインするまで分からないというシステムが導入されており(チケットの高額転売防止策の一つなのでしょう)、事前に分かっているのはゲート番号のみ。
そのゲート番号をライブ前に会ったトン友さんに話したら、ユノ側(ステージ向かって右側)と言われ、またしても私の席はユノ側と判明。
今ツアー、今のところ参戦したライブは全てユノ側の私はチャミペンです…。

どっち側であっても、満遍なく二人が来てくれるステージ構成にはなっていますが、オープニングやフライング演出といった要所要所でチャンミンが自分と反対側にいるというシチュエーションは、やっぱり残念というかなんというか。
きっと、チャミ側のユノペンさんも同じように思っていることでしょう。

意外なニュースとして、京セラ3Daysの何日目か分かりませんが、なんと、イギリスのジャズファンク界の大御所、インコグニートのバンマス、ブルーイがライブを観に来ていたようで、ブルーイのインスタグラムに楽屋裏での3ショット写真が掲載されていました。

コメントによると、二人がMCをしているバックで、バンドがインコグニートの「Colibri」を演奏してして感激したと書かれてあるのですが、全く気付かず…。
自称「インコグニートはそれなりに詳しい」私としたことが…!
MCのBGMといえば、オープニングの挨拶のところしかないので、次回参戦するときはしっかり聴いてみたいと思います。

| home |