FC2ブログ
 勢いまかせのロンドンひとりっぷ ⑧
ticket0706.jpg

ナショナル・シアターは3つの会場があり、「Translations」は一番大きいオリヴィエ・シアターでの開催。
それでも、座席数は1,160シート!(ウィキペディア調べ)
ここ数年、ライブ観戦といえば5万人収容のドームと、バカでかいハコに慣れ切った私にとっては嬉しすぎるこじんまり感!
そして、この日の座席は「K-39」。
前から10列目の真ん中辺りになります。
これは近い!(ドキドキ)

舞台は、ほぼ定刻にスタート。
ステージにライトが点り、立っているのは、コリンではない男女2人。
映画「The Happy Prince」に続き、ここでもまた焦らしプレイです。

時代は1833年、アイルランドの田舎にある語学学校で英語を教える熱血男性教師と、英語がなかなかしゃべれない女子生徒。
松岡修造並みの暑苦しい指導が実を結び、ついに女子生徒が「My Name is Sarah.」と言えるようになり、二人で大喜びしているところに他の生徒たちも集まり、わちゃわちゃすること約30分。

ステージ向かって右サイド後方から、ダブリンから故郷に戻ってきたオーウェン(コリンの役どころ)登場!
ヤバい!
暗がりでシルエットしか分からなくても、明らかにイケメンと分かる驚異のルックス!
そして、コリンは少しずつステージ前方に近づいてきて…、顔が、全身が、はっきり見えました!
コリン!!!無理!!!超絶イケメン!!!!!

音楽ライブなら、ここで「キャ~~~~~~!!!!!コリ~~~~~~~~ン!!!!!」と、黄色い歓声が上がるところですが、会場は無言!
あくまでも芝居を観ることに集中している様子。
舞台は音楽ライブとは違うことを実感した瞬間でした。

そんな冷静な観客をよそに、ひたすらコリンのルックスに舞い上がる私。
コリン、顔ちっさ!!
欧米人はまぁ皆さん小顔ですが、輪をかけて小さい!
感動しかないレベルの小顔!
さらに、メンズ・ファッションのお手本のようにPコートを可愛く着こなす、完璧なスタイル!!
全身のバランスがモデルで、腰の位置が高くて足が長い!そして細っそい!!
もぅ何これ!美しすぎるし!可愛すぎるし!!

そんな生コリンのオーラに圧倒されつつ、音楽ライブでは翌日二の腕が筋肉痛になるほど双眼鏡を使いまくっている私は、「この距離感は確かに近いけど、やっぱり双眼鏡がいるかも!?」「双眼鏡で見たら、いったいどんな景色が拝めるのだろう?」と、さらにアップで見たい欲望が沸々と…。
しかし、ステージから10列しか離れていない席で双眼鏡を使っている観客は皆無…と思いきや、斜め前に座っている女性がオペラグラスで覗いているのを発見!
周りの目を気にして我慢していた私に勇気を与えてくれました。

小休憩後の後半戦からは、8倍ズームの本格双眼鏡を使って、更なるディープな生コリン観戦へ突入。
そこで見えたものは…、洋服の襟元で隠れるか隠れないかぐらいのコリンの首元に貼られた、肌色の湿布!
「きゃ~、コリンもそんなもの貼ったりするんだ~」と、コリンの人間らしい部分に触れられて、思わずほっこり&萌え。
しかし、この距離で8倍ズームは確かに大きく見えますが、コリンの立ち位置を見失いやすく、裸眼の方が見やすいとの結論に達し、双眼鏡はそこまで駆使することなく終わりました。

そんなこんなで、初回観戦は、生コリンに興奮しっぱなしで終了!
頭の中は「コリン、ヤバい!コリン、ヤバい!」がエンドレスでリフレイン、コリン愛が暴走し放題です!
こうなったら、更にもう1回追加するしかない!と、ホテルに帰ってナショナル・シアターのサイトへGO、今回の席よりも更に前の座席をオンライン購入したのでした。

続く…
 勢いまかせのロンドンひとりっぷ ⑦

regentstreet.jpg

レスター・スクエアでコリンが通った裏通りを観光した後は、ピカデリー・サーカスまで散策。
この界隈はメジャーな観光スポットだけあって、金曜の昼間でも人の多さがハンパないです。
さらに、フォトジェニックなリージェント・ストリートを歩き、体力が限界になったところで、かなり遅いランチをしに、ベルギー発の自然派ベーカリー・レストラン「ル・パン・コティディアン」へ。

lepain2.jpg

やっと食にありつけるけど、英語のメニューが読めない!
と言いつつ、なんとかオーダーしたのが、サーモンとアボカドのタルティーヌ。
店員さんに、鶏肉が入っていないことも念のため確認しました。

lepain1.jpg

この後、カーナビー・ストリートを歩き、ちょろちょろショップを覗いたりしていると、あっと言う間に時間が…!
いよいよ、生コリン「Translations」を観に、再びナショナル・シアターへ。

続く…
 勢いまかせのロンドンひとりっぷ ⑥
happyprince.jpg

「The Happy Prince」は、アイルランド人の詩人・作家・劇作家、オスカー・ワイルドの晩年の姿(男色を理由に投獄されたオスカーが、シャバに戻ってきて病気で死ぬまで)を描いた作品。
80年代のイギリス耽美映画「アナザー・カントリー」でゲイの美青年役を演じ、大ブレイクしたルパート・エヴェレットが脚本・監督・主演をこなす、ルパート入魂の一作です。

この作品で、オスカーの恋人ボジー・ダグラスを演じているコリンは、実在のボジーを再現するため、髪をブロンドに!
きゃ~~~~~~!
予告編で観る限り、ブロンド・コリンは正真正銘の正統派美青年!
さらに、コリンの持ち味である仔犬のような可愛らしさがブロンドだとより強調され、愛くるしくて美しい…!
あぁ、こんな美青年が存在していいのでしょうか!

それにつけても、ブロンドで美形のイギリス人俳優ならゴロゴロいそうなものなのに、わざわざ黒髪でアイルランド人のコリンを抜擢したのはいったい誰?
グッジョブにもほどがあるというもの!(拍手喝采)

ちなみに、コリンのブロンドヘアは、自分の髪を染めているのではなくヅラのようです。
コリンが、同じくこの作品に出演しているコリン・ファースと談笑している、映画撮影中の一コマであろう写真をネットで見かけたのですが、その時のコリンは黒髪の短髪だったので。
しかし、ヅラとは分からないほど自然な感じにキマっています。



あぁ、早くブロンド・仔犬・コリンが観たい!
しかし、なかなか出てこない!
まだかまだかと焦らしプレイに耐えること4、50分、ついに、満を持してのコリン登場!

ボジーに会うため、イタリアにやってきたオスカーを出迎えるボジー。
雑踏の駅の構内から姿を現したボジーは、出ました!キラー・スマイル!
コリンの何が好きかとファンに訊ねれば、誰もが筆頭に上げるであろう、この笑顔!ヤバい!可愛すぎ!
オスカーは思わず涙しますが、それは、ボジーの笑顔があまりに眩しくて感動したからに違いないかと!
泣きじゃくるオスカーを慰めるボジーの、とろけるように甘くて優しいしぐさが、さらに萌えを増大させます!

この後も、大きなねずみを怖がって椅子の上で子どもみたいにギャーギャー騒ぐボジーとか、レストランの給仕係のイタリアン・ガイを誘惑するボジーとか、そのイタリアン・ガイにあごの下をポンポン撫でられて仔犬扱いされるボジーとか、仔犬で小悪魔なコリンが堪能できるのですが、いかんせん、出番が少ない!

そして、この映画は、同性愛を描いている割にはそういうシーンがほとんどない!
オスカーとボジーは恋人同士ですが、あからさまなシーンは一切なく、ボジーとボジーに目を付けられたイタリアン・ガイは、事が終わってベッドで眠りこけたという設定の上半身ハダカシーンがあるだけ。
せめてキスシーンぐらいは入れてほしかったなと!

ということで、残念ながら、この作品で男性と激しく絡むコリンの姿は観られませんでした。
しかし、私が観たコリン出演映画の中では、この作品のコリンが一番好き!
ただ、映画そのものは、ルパート・エヴェレットの“俺のオスカー・ワイルドを観てくれ!”アピールが強すぎて…。
ルパートの、ルパートによる、ルパートのための映画といった印象。
もっとコリンの出番と濡れ場を入れてくれたら、面白くなったのに!(しつこい)
英語がちゃんと聞き取れていないので、きちんと内容が理解できたらまた違った印象になるかもですが…。

そんなこんなで、日本での劇場公開は恐らく無いような気がするこの作品、ロンドンで観られたのは本当に貴重でした。

leicestersquare.jpg

この後、レスタースクエアに移動して、コリンが「The Happy Prince」のロンドンプレミアに出席した際、ファンや通りすがりの人たちにサインをねだられていた映画館通用口前の通りを記念撮影。
この通りをコリンが歩いたかと思うと、感慨ひとしおです。

続く…
 勢いまかせのロンドンひとりっぷ ⑤
一夜明けて、ロンドンは快晴!本格的に、コリン活動開始です!
それにつけても、日差しがキツイ!
日本だと、日焼け止めにサングラス、さらに日傘を差して外出するところですが、ロンドンは日傘文化がないようで誰も差しておらず、何となく躊躇してしまい日傘なしで行動。
熱中症にならないか心配です…。

NT1.jpg

この日は、先ずはオンライン予約した舞台のチケットを発券すべく、ナショナル・シアターへ。
ホテルからナショナル・シアターまでは、徒歩7分程度、真っすぐ歩くだけでOKなので、方向音痴の私でも迷いようがありません。

NT2.jpg

ナショナル・シアターは、コンクリートのモダン建築で、中の作りもオサレ。
ショップには色んな舞台のセリフ本(て言うんですか?)が売られていて、読めもしないのに「Translations」と、コリンの一つ前の出演舞台「GLORIA」のセリフ本、さらに「Translations」が表紙のナショナル・シアターのパンフレットを購入。

NT3.jpg

book.jpg

チケット発券で景気づけした後は、今回の旅のミッションその2、映画「The Happy Prince」を観に、ウォータールー駅から5駅ほど先のClapham Commonという駅近にある「Clapham Picturehouse」へ。
Clapham Common界隈は、ガイドブックにも載っていない未知のスポットで、何も知らない旅行客が行っても大丈夫なのか不安でしたが、行ってみると、いわゆる住宅街で全然問題なかったです。
映画館のスタッフさん達は、金曜の真昼間から映画を観に来た怪しい日本人の私にもとてもフレンドリーで感じがよかったです。

CC1.jpg
Clapham Common駅前の目抜き通り

CC2.jpg
駅近にあった教会

張り切って早めに着いたので、とりあえず中に入ったら、なんと貸し切り状態!
平日の昼間に映画を観る人はまぁ少ないだろうとは思っていたけれど、ほの暗い館内にひとりぼっちは、さすがの私もちょっと怖い…と感じていたところ、二人連れのお客さんが入ってきてくれてホッと一安心。

続く…
 勢いまかせのロンドンひとりっぷ ④
hotel.jpg

今回泊まったホテル「ハンプトン バイ ヒルトン ロンドン ウォータールー」は、ナショナル・シアターまで歩いて行ける距離にあり、ウォータールー駅からも近くてアクセス良好な立地。
部屋は、広くてシンプルな内装、バスルームも素敵で、また泊まりたいと思うナイスなホテルでした。
バスタオルが日本のバスタオルの1.5倍ぐらいの大きさがあり、しかもホテル仕様の分厚いゴージャスタオルで、やたら重かったのが印象的。
料金は高かったけれど、ロンドンはそもそも物価が高く、ホテル代は日本よりも高くつくそうなので、致し方なしでしょうか…。

さて、今回の旅のミッションその1、「HUMANS シーズン3」最終回リアタイは、ウォータールー駅の出口探しに想定外の時間を食ったものの、無事にオンエアに間に合い、ミッションクリア!

「HUMANS」は、人工知能を搭載した人造人間“シンス”が人間社会に共存する近未来を舞台に、人間と同じような“感情”を持つシンスが出現したことで巻き起こる、人間とシンスの様々な騒動や葛藤を描いたSFヒューマンドラマ。
日本では、Huluでシーズン2まで配信中ですが、それだけでは我慢できず、現在進行形のシーズン3を日本から視聴するやり方をコリン・ファンのブロガーさんに教えていただき、リアルタイムで追いかけているという力の入れよう。
シーズン3は日本語字幕とかは当然ないので、内容は雰囲気で理解、コリンを拝むことにひたすら専念しています。

コリンの役どころ、レオは、半分人間で半分シンスという、ドラマの登場人物の中でも特異な存在。
レオは、自分の出生について、そして、仲間であり家族でもある“感情”を持つシンス達の存続について、何かと思い悩み、絶えず苦悩しています。
苦悩するレオ、その繊細で儚い表情が、このドラマのコリンの、最大の萌えポイント!

さらに、シーズン3では、シンスの部分がなくなり人間に進化?したレオが、レオと何かと関わってきた人間女子マッティと恋愛関係になり、キスシーンあり、ラブラブなスウィート・シーンありと、ますます目が離せない展開に!

このドラマでは、コリンは自前の服を着ているそうで、役を演じつつも素のコリンを垣間見ることが出来るのも、ファンとしては嬉しいところ!

気になる最終回は、レオの母親的存在で、このドラマのメインキャストでもあるシンスのミアが、人間達との争いで死んでしまうという衝撃の展開。
最愛の人を亡くしたレオは、レオの子供を身籠っているマッティの存在の大切さに気づき、愛する人をもうこれ以上失いたくないと、捨てたはずのマッティの元へ再び…。
しかし、マッティは「そんなこと今さら言われたって、もう遅いわ」と跳ねつけ、レオ傷心…。

可哀そうなレオ…、でも、これは当然の報いかも。
妊娠したマッティを「責任取れない」とか言って見捨てておいて、ミアがいなくなったらマッティに戻るなんて、それは身勝手というもの。
しかし、物語はこの二人の間にできた子供がキーとなり、まだまだ続く気満々!
マッティは子供をどうするのか、そして、レオを受け入れるのか、それとも…!?
まぁ、私だったら、レオが戻ってきた時点でとっくに許しちゃってますが(笑)。



ということで、海外ドラマは続くと思わせながら平気で打ち切ったりするのでまだ侮れませんが、シーズン4を楽しみに待ちたいと思います。

続く…
 勢いまかせのロンドンひとりっぷ ③
福岡からロンドンへは、韓国(仁川)経由が最もお手頃価格で乗り継ぎもスムーズということで、韓国のアシアナ航空を初めて利用しました。
すると、出発直前のネットニュースに「アシアナ航空、機内食出ず!」の衝撃見出しが!
機内食業者のトラブルが原因で、このような事態になったとか。
「えーーーーー!?機内食なしで15時間もフライトなんて、死ぬ!(大げさ)」とざわつきましたが、私の出発日には解消したようで、行きも帰りも大丈夫でした。

機内食といえば、私は鶏肉アレルギーなので、旅行中に下手に鶏肉を摂取してお腹を壊そうものなら大変なことになると、食事には特に神経質になり、特別食を事前予約しました。
食物アレルギーや宗教上の理由などで食べ物に制限がある人たちに対応すべく、機内食は様々な種類が用意され、選り取り見取り。
お肉が入っていないベジタリアンメニューなら間違いなしと、行きは東洋式菜食(中国スタイル)、帰りはジャイナ教徒式菜食(インドスタイル)をオーダー。
どちらも美味しくて、お肉が入っていない分、控えめなボリュームなのもお腹にちょうどいい感じです。

vegetarian1.jpg
東洋式菜食


vegetarian2.jpg
ジャイナ教徒式菜食

フライト中は、寝たりガイドブックを読んだりして時間を潰し、無事にヒースロー空港に到着。
しかも、予定時刻よりも早い!
これは、HUMANS シーズン3最終回に間に合いそう!
きゃ~~~~~!

と喜ぶ前に、ひとりっぷをするには足りなさすぎる英語力が試される最初の難関、緊張の入国審査が…。
入国の目的、滞在期間のデフォルト質問に加え、「ロンドンではどこに行く予定なのか?」と聞かれ、行くのはナショナル・シアターや映画館だけど、もっと一般的な観光名所を答えないとオタクがバレてしまう(汗)と、とっさの防衛本能が働き、何秒かの沈黙の後に「ウエストミンスター」と答えたら、「No」と返事が。
質問は「旅行の後はどうするのか?」という内容だったことが分かり、「Go Home」と答え、何とか審査を終えました。

空港からは、ヒースローエクスプレスという鉄道に乗りパディントン駅まで出て、そこから地下鉄に乗り換え、ホテルのあるウォータールー駅へ。
電車に乗り込むと、暑っ!
なんと、冷房が効いていない!
ロンドンの電車は、夏でも冷房は付けないのか、それとも冷房が完備していないのか?
ガイドブックには何も書いていなかったけれど??
とにかく、この時期のロンドンの電車内は暑いのでご注意を。

padington.jpg
パディントン駅

暑さに耐えつつウォータールー駅に到着。
あとはホテルへ向かうだけですが、駅がデカすぎて出口が分からない!
探しまくって何とか脱出に成功、グーグルマップを頼りにホテルへ。
この時期のロンドンは、夜9時過ぎぐらいまで外が明るいので、典型的な地図の読めない女で方向音痴の私には、道が分かりやすくて助かります。

続く…
 勢いまかせのロンドンひとりっぷ ②
Heathrow.jpg
ヒースロー空港

舞台は、7月6日と7月7日の公演を押さえたので、その日程に合わせ、7月5日にロンドン入りし、7月8日に帰国する旅行プランで確定しました。
3泊5日とロンドン旅行にしては日数が少なめですが、そこは社会人の辛いところ…。

日にちがFIXし、一段落したところで、「そういえば、ロンドンでは6月15日からコリン出演の映画『The Happy Prince』が公開中!ひょっとして、これも観られるんじゃね?」となり、今度はロンドンの情報総合サイト「Time Out」をチェック!
Time Outは1週間分の予定しか載っておらず、直前になるまでハッキリしなかったものの、旅行期間中もやっていることが判明!
YES!!!!!

さらに、ロンドン入りする7月5日は木曜日で、この日は、コリンが出演中のTVドラマ「HUMANS シーズン3」の最終回放送日!
ヒースロー空港に着くのが18:50なので、21:00の放送開始に何とか間に合うんじゃね?
きゃ~~~~~!!!!!

ということで、私のロンドン旅行の目的は、
・Translationsで生コリン鑑賞
・The Happy Princeでブロンド&ゲイのコリン鑑賞
・HUMANS シーズン3で妊娠した彼女を見捨てて仲間を助けに行くコリンを現地リアルタイム鑑賞

と、コリン・モーガンを拝み尽くすオタク旅。
それにつけても、コンパクトな日程でここまでコリン三昧できるなんて…!
我ながら、ナイスすぎるタイミングに拍手!
それだけでなく、今回の旅行は、あと1日出発が遅かったら、死者が多数出て大変な惨事となった西日本豪雨に見舞われ(福岡の私の住んでいる地域も避難勧告が出てかなりヤバかった)、旅行自体がおじゃんになっていたはず。
本当にラッキーでした。

続く…

| home |