fc2ブログ
 Weird(ウィアード)


映画『Benjamin』が最高傑作すぎて、この週末、再レンタルしました。
日本に居ながらイギリスで公開中の最新映画が配信で観られるのはうれしい限りですが(とはいえ、ちょっとした技が必要)、DVDやiTunesなどで正式発売されるまではレンタル形式で、期間は再生開始から48時間限定なのが辛い…。

ところで、この作品の挿入歌として使われていた、Hanson(ハンソン)の『Weird』という曲がとても気に入り、せっかくなのでこの曲が入ったHansonのベストアルバムをゲットしました。
Hansonといえば、90年代後半に人気を博したアメリカの兄弟バンドで、当時のフィーバーぶりは何となく記憶にありますが、特に気に留めるでもなく、一番有名な『MMMBOP(ンー・バップ)』ぐらいしか曲は知りませんでした。

『MMMBOP(ンー・バップ)』の、若くて元気はつらつなイメージのHansonとは違い、『Weird』は、メロディラインが切なくて、歌詞の内容も、メインストリームから外れた“変わり者”の孤独とか社会への馴染めなさを歌っています。

他にも、ヴァネッサ・カールトンのヒット曲『A Thousand Miles』など、90年代後半から2000年代前半あたりの曲使いが印象的なのは、監督のサイモン・アムステルは30代後半で、この映画は20代の頃の自分が元ネタになっていると語っていたので、90年代後半から2000年代前半はまさに青春時代で、80’sが青春時代の私が80’sの曲に特別な思い入れがあるのと同じように、サイモン監督のそれは90’s後半になるのだと納得。
あぁ、ジェネレーションギャップ…。

Hansonのベストアルバムは、『Weird』以外は、今の私には曲が若すぎてちょっと…、といった感じでしたが(苦笑)、隠れた名曲が発見できてよかったです。
関連記事

<< さすらいの人 オスカー・ワイルド | home | 子羊ちゃん! >>

comment

アイ さん

Death Cab for Cutieは特にお気に入りみたいで、マーリンの頃、色んなコミコンに参加してた時に、よくDeath Cab for CutieのバンドTシャツ着てました。
最近のコリンはバンドTシャツは卒業したのか、そういうのは着なくなった印象です。。

クイーンは本当に偉大なバンドですし、コリンもきっと好きだし尊敬していると思いたいですね~

枝龍さま

たびたびすみません・・・。

>>そうなんですね。ということは、私はアイさんより若干年下のようですね。
といっても、もうこのぐらいの年齢になったら上とか下とかほとんど関係ない感じですが(笑)。

そうだったのですね~、失礼しました。
でもおっしゃるように、このくらいの年齢になるとほとんど関係ない感じですよね♪

>>ところで、コリンはQUEENのことをどう思っているんでしょうね。
コリンの好きな音楽はDeath Cab for Cutieとかのオルタナ系でQUEENとは毛色が違うけど、きっと好き、というか、それこそ尊敬しているバンドという位置づけ?なんて思ったり!?

コリンの好きな音楽ってオルタナ系でしたか!! 
このバンド、知らなかったので早速聴いてみようと思います。
ロックの王道ともいえるQUEEN のこと、コリンが尊敬してくれてたらうれしいですね~☆

アイ さん

「Benjamin」は、アイさんの言うよう等身大で普段着な雰囲気がいいですよね!
内容がよくても重い作品はそう何回もリピれないものですが、この作品は軽いからリピも進みます。
私のロケ地巡りも楽しんでいただけたようで、よかったです~

>>「Live Aid」をタイムリーに観た当時、高校生

そうなんですね。ということは、私はアイさんより若干年下のようですね。
といっても、もうこのぐらいの年齢になったら上とか下とかほとんど関係ない感じですが(笑)。

>>コリンもQUEENのメンバーも人生をかけて情熱を傾けることができる確固たるもの(コリンは演ずること、QUEENは音楽そのもの)が決してぶれなくて

確かに!ぶれなさ加減がハンパないですからね!
ところで、コリンはQUEENのことをどう思っているんでしょうね。
コリンの好きな音楽はDeath Cab for Cutieとかのオルタナ系でQUEENとは毛色が違うけど、きっと好き、というか、それこそ尊敬しているバンドという位置づけ?なんて思ったり!?

枝龍さま、こんばんは~。

「Benjamin」は何回でもリピれる名作ですよね~~~

>>本当にそう思います!コリンをはじめ、ロンドンで生きる若者たちを等身大で描いているところもお気に入りですし、ロンドンの街をガイドブックのようなおしゃれすぎない、普段着?のような感覚で観ることができるところも好きです!
枝龍さんの「Benjamin」ロケ地巡りレポートもファンにはたまりませんでした☆
それから、コリンの出演作の中には(作品として素晴らしいものの)、悲しくて切なくて、やるせなくなってしまうものもある中で、この映画は笑顔になれるところもいいのかなと。

個人的にはあんまり好みではないですが…

>>実は私も・・・オリーくんは好みからは程遠いです、すみません(苦笑)

アイさん、私と同世代でしょうか!?
硬派なロッキンオンより、ミーハーなミュージックライフが好きでした。

>>はいっ、恐らく枝龍さんと同世代かと思います♪
「Live Aid」をタイムリーに観た当時、高校生でした~~。本屋さんでロッキンオンとミュージックライフがあれば、硬派すぎるロッキンオンはさらっと立ち読みして、私好みのミュージックライフをお買い上げしておりました。

そして、QUEEN好きですか!!!Me too!!!
しかし、なんなんでしょう、コリンが好きな人はQUEENも好きというこの共通点は!
コリンとQUEENって単体では何の接点もないのに、何かすごい法則を発見した気分です(笑)。

>>QUEEN 好きです!!わーい、枝龍さんもお好きなんですね~!!
なんだかとってもうれしくなります♪
恥ずかしながら、すべてのアルバムに詳しいとかそういうレベルには達していないのですが、彼らのすごさって(大げさかもしれませんが)好きだけでなく、ある意味尊敬してしまうくらいのバンドではないかと思っています。
コリンとの接点、ふと浮かんだのが、コリンもQUEENのメンバーも人生をかけて情熱を傾けることができる確固たるもの(コリンは演ずること、QUEENは音楽そのもの)が決してぶれなくて、そんなところがたまらなく好きになるのかも。

またまた長くなってしまいました、読み流してくださいね~。

アイ さん

「Benjamin」は何回でもリピれる名作ですよね~~~

>>Benjaminの肩にNoah が顎を軽く乗せているのを愛おしそうに見つめる

はいはい!
コリンのスッとした鼻筋がまた美しくてですね~
コリンのこじらせ男子、ほんと可愛いですよね~~

>>Years and Years の「King」

これはオープニングの劇中劇のシーンで流れていた曲ですね。
オリー・アレキサンダーは、私も他のイギリスのTVドラマに出ていたのを見たことがあります。
歌に演技に大活躍ですね。個人的にはあんまり好みではないですが…

>>Noahの演奏を中心にしつつ、あくまでもストーリーに寄り添う感じ

そう思います。
BGMはどれもシーンによく合っていて、全体的にほんわかとした和み系な感じが好きです。

>>80年代の洋楽を聴きまくり、ラジオ番組をチェックし、夜遅くベストヒットUSAを観て、「ミュージックライフ」を読んで

アイさん、私と同世代でしょうか!?
私もベストヒットUSAで最新の洋楽事情を勉強し、ミュージックライフも読んでました。
硬派なロッキンオンより、ミーハーなミュージックライフが好きでした。

そして、QUEEN好きですか!!!Me too!!!
しかし、なんなんでしょう、コリンが好きな人はQUEENも好きというこの共通点は!
コリンとQUEENって単体では何の接点もないのに、何かすごい法則を発見した気分です(笑)。

枝龍さま

こんばんは、先日は突然の書きこみにもかかわらずありがとうございました!

この週末「Benjamin」のDVDを観ながら(コリンが出ずっぱりなので)、ずっとニヤニヤしたり、キュンとしたりしていました。
どうしてこんなにも可愛いんだろう・・・青い瞳がウルウルしたり、本当に美しかったです。
Benjaminの肩にNoah が顎を軽く乗せているのを愛おしそうに見つめるところとか、あ~、ヤバい!!
しかも恋してて、こじらせがちな男子をあんなにも自然体で演じることができるコリン、天才か。
作品自体も大好きです♪ なぜ日本で公開されなかったのかな?
もったいない!

>>この作品の挿入歌として使われていた、Hanson(ハンソン)の『Weird』という曲がとても気に入り

この曲、本当にいい曲ですね~♪ 
私も当時の彼らの人気ぶりはうっすらと覚えているくらいでしたが、この曲は切なさが心地よいといいますか、ちょっと大人びていてずっと聴いていたい感じです。
他にYears and Years の「King」も使われていたようで、ヴォーカルのオリー・アレキサンダーは、サイモンが大好きなベン・ウィショー出演の「ブライトスター いちばん美しい恋の詩」にも出ていたなぁなんて思い出していました。
この「Benjamin」は音楽の使い方が(私の勝手なイメージなのですが)既存の音楽をバーンと前面に出すことはせずに、Noahの演奏を中心にしつつ、あくまでもストーリーに寄り添う感じがしてそこがまたよかったです。

>>80’sが青春時代の私が80’sの曲に特別な思い入れがあるのと同じように、
サイモン監督のそれは90’s後半になるのだと納得。
あぁ、ジェネレーションギャップ…。

えっっ、枝龍さんも80’sが青春時代で、80’sの曲に特別な思い入れがおありなんですか??
わ、私もまさしくおんなじです!! 80年代の洋楽を聴きまくり、ラジオ番組をチェックし、夜遅くベストヒットUSAを観て、「ミュージックライフ」を読んでいました。アメリカのみならず、英国産のロックやポップスの人気がどんどん高まり、私も洋楽に目覚めてまさに青春時代だったなと。
「Live Aid」 は徹夜してテレビにかじりついていました。特に「Queen」 の出演場面は、今でも何回観ても感動しますし、熱いものがこみあげてきます。フレディがもういないと思うと本当に残念でなりません(涙)

またお邪魔させてくださいませ。

post a comment

url:
comment:
pass:
secret: 管理者にだけ表示を許可する