FC2ブログ
 アクセント萌え
今年の目標に掲げている英語の勉強は、今のところなんとなく(?)がむばっています。
英会話教室とかに通うでもなく自己流でやっているので、どこまで上達するかはアレですが…。

今はコリン・モーガンのYoutubeを見るのがほぼ日課のようになっていて、それが結果的に英語力向上に繋がればいいのですが、それはさておき、コリンのインタビュー動画とかを見ると、必ず「I Love his Irish accent!」的なコメントが書かれてあるのが目に入ります。
私は昔から、英語の内容はわからなくても、英語の発音に萌える“アクセント萌え”体質なので、そういうコメントには激しく同感します。

ちなみに、コリンの出身地である北アイルランドのアクセントはとにかく聞き取りづらいのが特徴で、その証拠に、私だけでなくYoutubeの自動生成の英語字幕機能も同じく手こずっているようで、表示させてもナゾの字幕が多く、せっかくの機能もあまり役に立たないというクセモノ。

素のしゃべりは、英語素人には難解すぎるアイルランド訛りのコリンですが、仕事では役柄に合わせた英語の発音を使い分けているのが素晴らしいところ。
イギリスをメインに活動しているのでイギリス英語が多いですが、なんと、この度、アメリカ英語を話すコリン情報を入手し、さらに萌え!

1月末に発売される、とあるPodcastのナレーションをコリンがやっていて、それがアメリカン・アクセントでしゃべっているのです。
なぜこのナレーションをアメリカ英語でやる必要があるのか、背景は全く分かりませんが、アメリカンなコリンがこれまたかわいくて!
「魔術師マーリン」のマーリン役の時のような、少年チックな声のトーンもまたよし!
イギリス英語もすごく達者ですが、アメリカ英語もとてもナチュラルで、役者としての幅の広さを見せつけています。


関連記事

<< This is all we need… | home | 今年もよろしくお願いします 2019 >>

comment

しましま さま

アメリカン・コリン!
私がいつもチェックしている海外コリンファンの方たちのツイッターでは、コリンの今回の役作りは「知ったかぶりの生意気なアメリカ少年」とか「オタク系」とか言ってました(笑)。

スパイダーマンは見てないので(アメコミ系とかヒーロー系とかは本当に疎くて!)トム・ホーランドの話し方はよく分からないのですが、ちょっとオタクっぽかったりするんですかね?
アメリカ英語を流暢に話すイギリス人俳優って、言われなけれはイギリス人とは分からないですね~。
話はそれますが、私も最近イギリス人俳優を色々知るようになりましたが、トム・ホーランド、トム・ヒドルストン、トム・ハーディ、トム・ヒューズ、やたらと「トム」が多いですね。

ところで、このPodcastは日本からでも購入可能なのか?
よく分かってません。。
とりあえずこのYoutubeだけでも満足ですが~

枝龍さん

北欧神話に続き、またヘンテコなのがきましたね?!
トーン(高さ?)はロキにちょっと近いような、
でも話し方はスパイダーマンを演じるトム・ホーランドを思い出しました。
トムホは本当はイギリス人で役はアメリカ人です。
本番のは声だけでyoutubeの映像はないんですね、
うーん、コリン写ってなくても結構好きな映像、残念だー
でも楽しみです!

post a comment

url:
comment:
pass:
secret: 管理者にだけ表示を許可する