FC2ブログ
 スウェーデン式歯みがき
tepe.jpg

歯列矯正を経験すると、歯に無関心ではいられなくなるもので、先日(といってもだいぶ前ですが)、たまたま立ち寄った本屋さんの雑誌コーナーで、ふと目に入った「スウェーデン式歯みがき」という見出しに、思わず吸い寄せられました。

記事を読むと、スウェーデンは予防歯科にかなり力を入れており、虫歯人口がとても少ないのだとか。
そんな歯の健康にうるさいスウェーデン人が実践している歯みがき方法が、スウェーデン式歯みがき。

特徴は、磨きにくいところから先に磨いていくという順番。
私の歯磨きは、先ず歯ブラシで歯全体を磨き、次にワンタフトブラシで奥歯の裏側とか磨きにくい部分を含め、1本1本を磨き、最後に歯間ブラシで歯と歯の間を磨く順番でやっていたのですが、なんと、逆なのです!

歯間ブラシやデンタルフロスを使わないと磨けない歯の細かい部分を最初に磨き、次にワンタフトブラシで1本1本磨き、最後に歯ブラシで歯全体を磨くのが、スウェーデン式歯みがき。
これは、目から鱗でした。
そういえば昔、歯医者さんの歯磨き指導で、歯は磨きにくい裏側から磨くとよいと言われたのが印象に残り、それ以来、歯はいつも裏側から磨いているのですが、これもスウェーデン式歯みがきと同じ考え方ですね。

この情報を知ってからというもの、本格的にスウェーデン式を取り入れるべく、スウェーデン製の歯ブラシTePe(テペ)を入手し、スウェーデン人さながらの歯みがきを実践する毎日です。
TePeの歯ブラシは、持ち手がかなり幅広で、最初手に持ったときは違和感がすごかったのですが、じきに慣れました(笑)。
今後は、今まで手を出していなかったデンタルフロスも取り入れ、完全体の歯磨きをしていこうかと思います。
関連記事

<< Slave To The Music | home | 憧れのFish Gapeは… >>

comment

post a comment

url:
comment:
pass:
secret: 管理者にだけ表示を許可する