FC2ブログ
 アナザー・カントリー


80年代のイギリス耽美映画「アナザー・カントリー」が、スターチャンネルで無料放送されるとのニュースに、この映画を観た当時の自分の熱狂ぶりが蘇り、思わずリアルタイム視聴しました。

30年以上も前の作品なので(しかし、そんなに時が経っているとは……)、話の内容は忘却の彼方へ消え去り、主演のルパート・エヴェレットがただただ美しかったことと、ルパートと恋に落ちる青年役のケイリー・エルウィスに一番ハマったという記憶しか残っていませんでしたが、数十年経った今、改めて観ると、当時はそそられなかったコリン・ファースに一番目が行き、一番夢中だったケイリー・エルウィスがどうでもよくなっているという変化が。

コリン・ファースは、私の中では、年を取った今のほうが魅力的で、若い頃はそこまでではなかったのですが、いやいや、若い頃も美青年ではないですか!
当時は、ブロンドで顔が綺麗な分かりやすい王子様系が好きだったので気づきませんでした…。
そしてなにより、演技が上手い!
この作品は、ガイ(ルパート)とジェームス(ケイリー)の同性愛よりも、ガイとジャド(コリン)の友情関係のほうに重きを置いているのも改めて気づいた点で、コリンは、共産主義にどんどん傾倒していく、ひねくれ者の役どころをクールに演じていて、今も第一線でバリバリ活躍している背景には、この確かな演技力があるからではないかと思った次第。

そして、ガイがジャドに言い放った、衝撃の告白、
「I am never going to love women!」
こんなセリフがあったこともすっかり忘れていましたが、この告白を聞いて、思わず大ハマりしたイギリスのTVドラマ「Queer As Folk」での、チャーリー・ハナムのセリフ
「I’m gonna be gay forever.」
を思い出しました。
QAFのこのセリフは、アナザー・カントリーのあのセリフへのオマージュか!?

ということで、昔観た映画を、時を経て改めて観てみると、当時とはまた違った観かたが出来るものですね。
自分自身の変化や色んな発見があって楽しいです。
関連記事

<< 歯列矯正 9ヶ月経過 | home | 海外ひとりっぷ おすすめアイテム >>

comment

しましま さま

懐かしさに思わずコーフンして、張り切って観ました(笑)。
しかし30年以上も前って、自分がどれだけ年取ってんだか、って思い知らされて切なくなりますわ…。

アナカンは、私の記憶はガイとジェームスの禁断の恋しかなく、改めて観て、こんなにガイとジャドの絡みが多かったんだとビックリでした。
しましまさんも、当時はコリンにはなびかなかったんですね?
なんか地味な感じだったんですよね~。
でも、今は大人の男のセクシーさ満載で、いい感じですよね~。
ちなみに私は「ブリジット・ジョーンズの日記」とかのコリンです(笑)。

なるほど、ブロンド美青年とブロンド美女の位置づけは、確かに通じるものがあるかも。
それにしても、ゲイ作品で片方が黒髪で片方がブロンドの組み合わせはほんと多いですよね。
絵面的にもきれいですし!

昔見た作品を今になって見返すと、時代とともに自分も変わっていることが実感できますね~

枝龍さん

私も見ようかなあと思いつつ今回は腰が重く見逃しました。

>>30年以上も前

改めて言語化するとビックリしますよね!

>>ガイとジャド(コリン)の友情関係のほうに重きを置いている

そうなんですよね!英国パブリックスクール、ルパート・エヴェレットの美青年ぶり、
禁断の恋、というあたりが物珍しくて目がくらみ、ちゃんと中身のある友情をじっくり
描いているのに誰も話題にしてなかったのか、自分が気付かなかったのか。
私もこれを初めて見た頃にはコリン・ファースは美青年に見えませんでしたが、
「シングル・マン」でかっこいいんだ!と気づき「キングスマン」でトドメでした。

>>「I am never going to love women!」

先日やはり久々に見た「モーリス」にも同じようなセリフがありました。
昔は>>「I’m gonna be gay forever.」って言えなかったでしょうからね。

モーリスの主人公も金髪の青年で、この映画のジェームスもブロンド。
一般的に男性の理想の女性を思い浮かべた時、清楚な金髪の美女が浮かぶのに通じるのかな?
とふと思いました。

>>当時とはまた違った観かた

昔はこういう映画はただ憧れでしたが、他にもいろいろ見て少し冷静に見られるようになった?
時代も自分たちも変わったからでしょうかねー^^;

post a comment

url:
comment:
pass:
secret: 管理者にだけ表示を許可する