FC2ブログ
 はじまりのうた ~Begin Again~


以前、友人に教えてもらった映画「はじまりのうた(Begin Again)」、しかし「Begin Again」というと、東方神起の活動再開ライブツアーのタイトルと同じで、そっちのほうが頭に浮かんでしょうがないのですが…、それはさておき、そのサントラがとてもよかったので、購入とともに、映画もNetflixにあったので観てみました。

失恋して失意のどん底の、まだ日の目を見ないシンガーソングライター、グレタ(キーラ・ナイトレイ)と、過去の輝かしい栄光は何処へ…、今やすっかり落ち目の音楽プロデューサー、ダン(マーク・ラファロ)、二人の偶然の出会いから、一緒に音楽をやっていくうちに、お互いの行き詰った人生が変わり始め、再び輝きを取り戻す様を描いた音楽映画。

人生を変えるほどの力を持つ「音楽」の素晴らしさ、魅力がよく描かれていて、中でも、人知れず部屋に籠ってギターを弾いている、心を閉ざし気味のダンの娘が、ギターが弾けるのならと、NYの色んな場所でゲリラ的にレコーディングをしているグレタとダンのレコーディングに誘われ、最初は、バンドに交じってもためらいがちでぎこちない演奏だったのが、段々とアンサンブルの楽しさに目覚め、最後は嬉々としてギターを奏でているシーンは、一番心に刺さりました。

この作品の監督ジョン・カーニーは、アイルランド出身で、ウィキペディアによると、昔バンドでベースを担当していたそう。
音楽映画が得意なのは、何より監督自身が音楽好きだからなのかなと。
そして、アイルランドの音楽映画といえば「The Commitments」が今でも忘れられませんが、「Begin Again」しかり、アイルランドは音楽映画に優れているのは間違いなさそう。

主演のキーラ・ナイトレイの歌声も注目で、ウィスパー・ヴォイスとキュートなルックスが相まって、とにかくかわいい!
しかし、キーラは意外にも歯並びが悪かった…!
ハリウッドで活躍するような俳優は、皆さん歯を完璧に整えているかと思いきや、そうでない人もいるようです。

グレタの元カレ役は、マルーン5のフロント、アダム・レヴィーンで、挿入歌が昔のマルーン5っぽいサウンドなのがグッド!
アダムは今でも必要とあらばこういう曲が書けるのかと思いきや、曲を作っているのは違う人と判明し、納得。

「カープール・カラオケ」という、車の中にゲストを招き、ドライブしながらゲストにまつわる歌を歌いまくる人気トークショーのホスト、ジェームズ・コーデンが、グレタの友だちのミュージシャン役で登場しているのもナイスな配役。

マーク・ラファロは、いぶし銀の中年俳優で、わりと好き系なのですが、この作品のマークはむさ苦しい雰囲気が強すぎて、もうちょっと小ざっぱり感がほしかったところ。

機会があれば、ジョン・カーニー監督の、この作品よりも有名な「ONCE ダブリンの街角で」も観てみたいです。
関連記事

<< 歯列矯正 8ヶ月経過 | home | 祝!シュセム1周年 >>

comment

わたしは5月か6月ごろに、隣の席だった子
から、ジョン・カーニー監督の
「シング・ストリート 未来へのうた」をすすめられて
みたよ!彼女は「はじまりのうた」が好きで、その縁から
「シング・ストリート~」を観たそう。

こちらも、音楽をテーマにしていて、
父の失業や転校でどん底にいた男子高校生が、
一目惚れした女の子の気を引こうとバンドを結成し、
そこから人生が変わっていく話。

挿入曲が豪華で、デュラン・デュラン、キュア、ジャム、
モーターヘッド、a~ha、ホール&オーツなど、
私たち世代が聴いていた音楽ばかり。
そして、こちらもアダム・レヴィーンが関わっていて、
主題歌を何人かと書きおろしている。
ダブリンの街角で、はわたしも観てみたい!


HAMAさま

「シング・ストリート 未来へのうた」は、ジョン・カーニー監督の最新作だよね。
「はじまりのうた」で、キーラ・ナイトレイの"ディーヴァ"な態度に辟易して、ハリウッド俳優はこりごりと故郷のアイルランドに戻ったとかなんとか?
みたいな情報をチラっとネットで見たけど(笑)。
確かに、挿入曲がそそられる!80's満載で!
この監督の年齢みたら、私ら世代なんだよね~
だから、80'sなんだわ~~
「ダブリンの街角で」よりも、そっちを先に観たいかも。

それにつけても、職場に映画の趣味が合う人がいるなんて、さすがクリエイティブ系の仕事場は違うなぁ~

post a comment

url:
comment:
pass:
secret: 管理者にだけ表示を許可する