FC2ブログ
 勢いまかせのロンドンひとりっぷ ⑫
最終日の日曜日は、飛行機が夜便なので、夕方までロンドンを楽しみました。

breakfast.jpg

品数豊富なビュッフェスタイルのホテルの朝食メニューからチョイスした、今回の旅のデフォルト・ブレックファースト。
気に入った食べものがあれば飽きるまでそればかり食べ続ける系の私は、3日間とも同じメニュー(笑)。
奥の方に写っている「ubley」というヨーグルトが、濃厚すぎず、さっぱりすぎず、絶妙なクリーミー感で、かなり気に入りました。
日本でも売っていたら是非買いたいところですが、たぶん見かけたことがない…。

cafe1.jpg

ホテルのキャフェは、おしゃれカジュアルな雰囲気。
早起きなので、キャフェも全然混んでいません(笑)。

この日は、先ず、ケーブルカーでテムズ川を渡りつつ、上空からロンドンの景色を楽しめるエミレーツ・エア・ラインに乗りに行きました。
少し郊外の場所ということもあり、穴場なのか(?)空いていて、待ち時間なしですぐに乗車出来ました。
ロンドンはどこもかしこも人が多い印象を覆された、そして乗り物好きには楽しいアトラクションかと思います。

emirates1.jpg
ケーブルカーからの眺め

emirates2.jpg
建設中のビルの谷間から見えるケーブルカー

その後は、ショッピングをしに繁華街へGo Back。
ロンドンでの移動手段はほとんど地下鉄を使いましたが、ロンドンの地下鉄は、私のような方向音痴でも分かりやすく、乗り換えも難なくこなせます。
ただし、エスカレーターのスピードが速い!
日本でも時々高速エスカレーターを見かけますが、そのスピードがロンドンのデフォルト。
日本のスピードに慣れていると、スーツケースなど大きな荷物と共にエスカレーターに乗るときはちょっと怖いです。

地下鉄といえば、車内も駅の構内も冷房が全く効いていないのは、驚きでしかなかった!
日本の7月にこんな状態だととてもじゃないけど無理ですが、ロンドンは湿気がない分、まだ何とかいける感じではありますが…。

そういう事情もあってか(?)、ロンドンっ子のこの時期のファッションは、露出度がハンパない感じ!
近隣のヨーロッパからの観光客もたくさんいるので、ヨーロッパ系の人たちと言ったほうが正しいでしょうか。
女子は、キャミワンピのしかも背中がバーンと開いたデザインとか、キャミ系が多く、男子は半パン率高し。
皆さん開けっ広げなのでエロくはないのですが、かなり巨乳の女性が、キャミソールの胸元に切り込みの入った、胸の谷間全開のデザインのトップスを着て歩いていたのを見たときは、そのあまりの開けっ広げさに、見てはいけないものを見てしまったような罪悪感に襲われました。

と言いつつ、ナショナル・シアターへ行く途中で見かけた、うら若き少年たちが上半身ハダカでパルクール(街中の壁とかを飛び回るパフォーマンス、マドンナのPVでお馴染みのヤツ)の練習をしている姿は、そのまばゆいハダカを写真に納めたい衝動にかられましたが(笑)。

さて、次に向かったのは、Goodge Street駅の近くにあるオーガニック・スーパー「プラネット・オーガニック」。
5年前に行ったサンフランシスコもそうでしたが、ロンドンもオーガニックには関心が高いようで、ソープや歯磨き粉など、日用品やお土産になりそうなものを購入。

goodge1.jpg
Goodge Street駅の外観 かわいい建物です

goocge2.jpg
駅の構内も、昔ながらの雰囲気でかわいい

続く…
関連記事

<< 勢いまかせのロンドンひとりっぷ ⑬ | home | 勢いまかせのロンドンひとりっぷ ⑪ >>

comment

post a comment

url:
comment:
pass:
secret: 管理者にだけ表示を許可する