FC2ブログ
 キング・アーサー


マイ・フェイヴァリット俳優、チャーリー・ハナム主演のファンタジー・アクション映画「キング・アーサー」を観ました。
監督は、マドンナの元ダンナ、ガイ・リッチー。
アーサーがキングになる話を(ストーリー解説が雑すぎ?!)、最新映像技術を駆使したド迫力映像で描いています。

今回、たまたま観るのに都合のよい時間帯が、4DXという体感型アトラクションシアターシステムでの上映しかなかったので、なんだかよく分からないまま4DXを初体験しました。

4DXは、3Dの立体映像にプラスして、映像に合わせて、例えば、馬に乗っているシーンでは馬に乗っているかのように椅子が上下に揺れ、雨が降ったり水しぶきが上がったりするシーンでは顔に水が降りかかり、弓矢が放たれるシーンでは耳元にシュッと空気が吹き付けられ、取っ組み合いのシーンでは背中をこぶしでパンチされるかのように押され、それは次から次へと色んな体感演出が施されます。
しかも、どれもこれもかなり容赦ないレベルでぶち込んできて、その強引さには、思わず笑いがこみ上げてくるほど(笑)。

そんな4DXで観たおかげで、「キング・アーサー」は楽しめました。
正直、ビジュアルだけで内容がとても薄かったので、普通の2Dだといくらチャーリーが主役でも退屈していたことでしょう。

ビジュアルといえば、この作品の出演陣は、チャーリーをはじめ、ジュード・ロウ、エリック・バナと、イケメン俳優がメインを固め、さらに、サッカーのデヴィッド・ベッカムがカメオ出演している、イケメン祭りでした。
デヴィッド・ベッカムは、顔よりもあの独特の甲高い声で気が付きましたが(笑)。
そして、チャーリーは、アーサーを演じるために9キロも体重を増やし、分厚いマッチョな肉体を作り上げたとのことで、てっきりハダカ祭りかと思いきや、始めのほうにちょろっとだけでした。
期待は裏切られたものの(笑)、私は細マッチョなチャーリーが好きなので、いずれにせよこのカラダはイマイチ受け入れられません…。

この作品はイギリスが舞台なので、イギリス人俳優が多数起用されていますが、まさかエイダン・ギレンが出演していたとは、つゆ知らず。
チャーリーとエイダン・ギレンの競演は、思わぬ萌えポイントでした。
というのも、チャーリーとエイダンは、私がチャーリーにハマるきっかけとなった、ゲイ・テレビドラマの金字塔「Queer as Folk」で、激しく愛し合っていた仲!
「Queer as Folk」では、ツンデレのエイダンにチャーリーは振り回されながらも、一途に愛する姿が愛おしくてたまりませんでしたが、「キング・アーサー」では、チャーリーの手下がエイダンという設定。
二人の濃い恋愛関係が忘れられない私としては、なんとも感慨深いものがありました(笑)。

迫力の大画面3D映像でチャーリーの美しさを堪能したかったのですが、この作品は全体的に暗がりのシーンが多く、さらに泥まみれになって汚れたりと、あまり鮮明に拝めなかったのが残念。
というか、ガイ・リッチー監督は、チャーリーの美しさをないがしろにしている!
過去の作品しかり、今作しかり、ガイ・リッチーはけっこうもてはやされている監督ですが、私には彼のセンスがよく分からない感じです。
関連記事

<< This is King's Stage | home | 東京女子会と鶏肉アレルギー >>

comment

post a comment

url:
comment:
pass:
secret: 管理者にだけ表示を許可する