東方神起 FILM CONCERT 2017 ~TILL2~ at 福岡国際センター ’17.3.23
till2.jpg

3月23日は、東方神起のフィルムコンサート第2弾「TILL2」に参戦しました。
1日2回公演の両方ともに申し込んだら、両方とも当たったため、2回参戦です。

第一弾の「TILL」の時は、東京方面の会場では、サプライズゲストが来てくれるサービスがありましたが、福岡は本編上映のみだったので(泣)、今回はどうなのかなぁと思ったら、ゲストが来てくれました!
お馴染みのMC、みんしるさんを司会に、東方バンドのバンマス、かきやんと、東方ダンサーズのユーキさんが!

かきやんは、東方神起の曲で特に好きなのは「Time Works Wonders」と「Duet」で、この2曲をかきやんがリアレンジしたバージョンが収められているアルバム「Two of Us」をちゃっかり宣伝&自画自賛!
そして、二人が戻ってくるまでに16キロ痩せると約束したけど、約束が果たせていないとの現状報告も(笑)。
それでも5キロほどは減ったそう。
チャンミンは、かきやんのお腹をさすりながら「痩せなくていいです」と言ってくれて、ユノは「頑張ってください」と言ったと。

ユーキさんは、「SCREAM」のPV撮影の合間に、チャンミンから振付けの質問を受けて「こうこうこうで~」って教えたけれど、実は自分もまあまあ曖昧で、あまり分かっていなかったと暴露。
このシーンは、「SCREAM」のオフショットムービーに収められていて、チャンミンが「ユーキさん!」と呼ぶ、その呼び方が可愛くて、何回もリピっていたので、個人的によく覚えています(笑)。
あと、二人はめちゃめちゃお酒が強くて(皆が思っているより何倍も強いそう)、一緒に呑むと、全員!潰されると!
さらに、辛いものもよく食べさせられて、20倍の辛さの麻婆豆腐を食べたときは、翌日、お腹が大変だったと告白。
チャンミンはそんな辛さも全然平気で、ユノは「これは辛いっ」と言っていたらしい。

TILL2は、会場がアリーナクラスということもあり、本編では、本当のライブさながらの照明に、爆竹、スモークなどの演出効果もあり、さらに、トロッコまで登場!
トロッコには、すっかり人気者のゆるキャラ「TB」が乗り込み、フリスビーを客席に投げ込むサービス付き。
本人不在の中、TBが大活躍です。
TBは着ぐるみなので、手が掴みにくいのか、フリスビーが全然遠くまで飛ばなくて、ヨロヨロと落ちていく様が、なんとも微笑ましい。
トロッコはスタッフさんが後ろから押して動かしていたり、スモークの噴射が、なんとも微妙な噴射具合だったりと、ハンドメイドなアットホーム感が和みました。

大画面で観るライブ映像は、二人はもちろんのこと、ダンサーやバンドメンバーの表情もとてもよく映っていて、「Rising Sun」で、歌を口ずさみながら踊っているダンサーのSONNYさんや、TREEツアーでベースを弾いていたワタル(鈴木渉)の、注目せずにはいられない独特な腰振りなどが印象的でした。

セットリストは、ベストアルバム的な、ツボを押さえたセレクトで、中でも、やっぱり「Rusty Nail」がよかった!
このチャンミンは、曲といい、衣装といい、ビヨンセ演出(風に吹かれる演出です)といい、何もかもが完璧にフィットしていて、何回観ても素晴らしいっ!
このパフォを超えるチャンミンソロが、果たしてあるのか?というほど、チャンミンを語る上では欠かせない、歴史に残る名シーンです。

今回、夜の部では、座席がアリーナ真ん中の前から4列目という、これが本物のライブだったらどんなに神席かという場所で、オフィシャルサイトにアップされている記念撮影の写真にも、顔が判別できるレベルで写っていました。
とはいえ、相当拡大して見ないとアレですが(笑)。

ということで、早く本物のライブが観たいです!
関連記事

<< ひとりっぷ トークイベント | home | ミールスが美味しい >>

comment

post a comment

url:
comment:
pass:
secret: 管理者にだけ表示を許可する