fc2ブログ
 Jon Cleary & The Absolute Monster Gentleman Live '08.10.17
ボニー・レイットのキーボーディストとしても活躍中の、ニュー・オーリンズスタイルのピアノ弾き、ジョン・クレアリーが、自身のバンドを率いて記念すべき初来日(!)ということで、昨日はジョン・クレアリー&The Absolute Monster Gentlemenのライブを観に行ってきました。

おそらく、かなりの音楽通じゃないと知らないであろう彼らの存在。(私も教えてもらって知った口です)
会場はやはり、そんな音楽通の人たちばかりで、ミーハーさん(私)には微妙に居心地がよろしくない空気を感じたものの(苦笑)、ライブが始まるとそんな気遅れはどこへやら、彼らの百戦錬磨のプロの演奏に、すっかり魅了されました!
いや~、本当に、素晴らしくかっこいいアンサンブルでした!
どこへ行ってもどんな条件でも最高のプレイを見せてくれる、その精神、そして、テクニックも超一流ですが、なにより音楽への愛がひしひしと伝わってくる彼らのステージは、すごいんだけど、どこかやさしい温かさがありました。
なるほど、だから“Absolute Monster Gentlemen”なのでしょうか。

彼らの曲は、ニュー・オーリンズなセカンドラインばかりでなく、AORチックなオシャレ系もあり、個人的にはオシャレ系のほうがわりと好きなのですが、しかし、中でも気に入っている「When U Get Back」を、なんと演ってくれず(!)それだけが唯一残念っ。一番楽しみにしていたのに。。。

ところで、今回のライブは、特別割引でチケット代はたったの3,500円だったのですが、あの内容でこのお値段は、マジ安過ぎ!!
本物の“プロ”は、値段や知名度なんかじゃないという証拠ですね。
またぜひ、生で観たいです。
(特にベースのコーネル・ウィリアムスに、すっかりノックアウトされてしまったワタクシ。もぅ、かっこよすぎ!)


今回のライブでは演ってくれなかった「When U Get Back」

関連記事

<< トゥモロー・ワールド | home | コールドマウンテン >>

comment

謝謝!

gris-grisオサムさま
ほんと、すご~くいいもん見せてもらいました!
教えてくださって感謝感謝です!!
それにしても、さぞかしおいしいビールだったことでしょうv-275
ちゃっかりステッカーにサインもらったのですね。イェイv-218
今度お店におじゃました時、見せてくださいね~。

イヤ~。いいライブでしたネ~。。。
すっかり酔ってしまいました。
気がつけば、チケット代位、ビール飲んでおりました。

うちの店のステッカーにサインももらっちゃいましたヨ。。。。。

すごかったです~

おくむさま
コメントありがとうございますe-68
ひょんなところで会いましたね~(笑)。
やはり、おくむさんも感動もんでしたか!
ほんと、すごいグルーヴでしたものね~。「When U Get Back」のYoutubeを探していると、バックが違う面子で演奏しているのがあり見てみたのですが、さわりを聴いただけで「あ、これは違うな」と感じました。
“ブラック3人衆”のアンサンブルは、超強力ですv-363
そして、小錦!(←私も全く同じこと思ってました)彼のギターの音色といい、ソロのセンスといい、まさに私のツボでした。
しかし、さすがにあの体型では、1ステージ立って演奏するのは無理なようですね。。

ひょんなところ(でもないか)で会いましたね~。
僕も知らないで、誘われて来たんですが、びっくらこきました。
そんなに、Liveに足を運ぶ方ではない僕ですが、あんなグルーヴ観た(聴いた?)ことありません!
うーん、プロ中のプロ、うまく言葉で表現できないけれど、よかった!
会場も通の方々ばかりのようで、ノリ方がよかった(笑)。
僕は、ジョンクレアリーより後ろのブラック3人衆がとってもよかったです!
ギタリストはまるで小錦でしたね。愛嬌も含めてね。

post a comment

url:
comment:
pass:
secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
 

trackback


この記事にtrackbackする(FC2ブログユーザー)