fc2ブログ
 吹き替えでシンクロニシティ
今朝の「めざましテレビ」で、最近の映画(洋画)は字幕版よりも吹き替え版のほうが好まれる傾向にあるという話題を取り上げていました。なんでも、今時の人たちは字幕を読むのがめんどうなのだそう。はぁ…。

理由はさておき、このニュースを知ってから、妙に“吹き替え”という言葉が頭に残り、なんとなく吹き替えのことが気になっていると、家に帰ってテレビをつけたら、偶然にも吹き替えが超下手っぴで話題沸騰中(?)の海外ドラマ「スーパーナチュラル」がかかっていて、今日はちょっとしたシンクロニシティを体験した私です(笑)。

「スーパーナチュラル」は、アメリカの人気テレビドラマで、内容はイケメン兄弟が邪悪な“闇”に立ち向かう超常現象アクションものらしいのですが(というのも、実は私もほとんどよく知らないのです(苦笑))、日本語吹き替え版は、イケメンつながりだかなんだかで、兄役をイケメンお笑い芸人の井上聡(次長課長)が、弟役をイケメン俳優の成宮寛貴がやっているという斬新な配役で、しかし、二人ともプロの声優さんじゃないだけに、セリフがいちいちつたなくて、その“ど”素人な吹き替えばかりが印象に残るしまつの、妙なドラマなのです。

とはいえ、この吹き替え、確かに揃いも揃って酷いありさまで、特に海外ドラマファンからは激しく不評を買っているはずと思われるのですが、個人的には、どこか微笑ましいというか、そのつたなさゆえに漂うマヌケ感が、実際の俳優さんのイケメンだけど演技的にはちょっと大根っぽい雰囲気となにげに合っていて、実はこの配役、バッチリなんじゃないの!?と思ってしまうほど(笑)。
内容があまり趣味じゃないのと、やたらと効果音がうるさいのも気になり、ドラマはほとんど見ていませんが、そんなこんなで吹き替えだけは要注目しています。
ちなみに、弟役(成宮)のほうが俳優ということで、吹き替え力は若干マシな感じです。ま、どうでもいい比較ですが。

ところで、字幕と吹き替えどちらがどうというと、個人個人で意見が分かれるところですが、私の場合、映画は字幕派、テレビドラマは吹き替え派、そして、出ている俳優によって使い分ける派でしょうか。
映画館で観る映画は、その映画に気持ちを集中させられる環境なので、字幕で、ありのままを観たい。
テレビドラマは、日本語吹き替えだと用事をしながら見ていてもストーリーが分かるので、吹き替えのほうが好み。
また、「フレンズ」や「Sex and the City」など、吹き替えの声優さんの声がキャラにぴったり合っているドラマだと、吹き替えならではの楽しさを味わえるメリットもあり。
で、映画、テレビドラマにかかわらず、好きな俳優が出ていれば、声から何から全てを堪能したいので、必然的に字幕になる。
そんな感じです。
関連記事

<< American Idol Season7 TOP6→5 | home | American Idol Season7 TOP7→6 >>

comment

post a comment

url:
comment:
pass:
secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
 

trackback


この記事にtrackbackする(FC2ブログユーザー)