fc2ブログ
 QUEEN+ADAM LAMBERT ~THE RHAPSODY TOUR~ ’24.2.14
2024-02-14_Queen_Adam.jpg

イギリス旅行から無事に帰ってきました。
さっそく旅行記をアップしたいところですが、旅行前にクイーン+アダム・ランバートのライブに行ってきたので、先ずはそちらから。

2月14日は、クイーン+アダム・ランバートの来日公演を観に東京ドームまで遠征しました。

4年前(2020年)にさいたまスーパーアリーナで観たライブツアーとタイトルが同じなので、再公演といえば再公演ですが、ブライアンとロジャーの年齢的に、もしかしたらこれが最後の来日公演になるかもしれず、そう思うと再公演だろうが何だろうが、見届けないわけにはいきません。

しかも今回の会場は、ツアー集大成といわんばかりの大集客、東京ドーム。
それなのに、イギリス旅行に気を取られすぎて双眼鏡を忘れるという大失態をしでかし、でも、いざ始まってみると、むしろ双眼鏡は要らなくて正解では(?)と思うほど、豪華絢爛なステージ演出に圧倒されました。

曲のイメージとキメのタイミングにピッタリシンクロした映像は、壮大で威厳に満ち溢れ、そこに上品さも加わり、まさにクイーンというバンドのイメージを表現。
そして、アダムの衣装のキラキラ度合いもさらに増し増しで、終始発光しっぱなし。

日本公演を意識したファンサービスも抜かりなく、「手をとりあって」はもちろん、ブライアンのギターソロコーナーでは「遠き山に火は落ちて」をさらりと盛り込むニクい演出。

2024-02-14_Brian.jpg


一方、ロジャーのソロコーナーでは、ロジャーの若かりしビジュアル最高潮の頃のドラムソロ映像が映し出された後、今のロジャーがドアップで抜かれるというビフォアアフターな演出に、「The Young Man」「The Old Man」と自嘲するロジャーがお茶目。

2024-02-14_Roger.jpg


そして、アダムのボーカルは相変わらず素晴らしく、ライブを観るたびに毎回思う、フレディの後を継ぐ人がアダムで本当によかったと今回も実感。

2024-02-14_Adam.jpg


4年前に観たラプソディ・ツアーと名前は同じでも中身はさらに進化を遂げ、圧倒的な完成度で、最後まで本当に素晴らしいものを魅せてもらいました。
感無量です!
関連記事

<< イギリス 推しのロケ地巡り旅 2024 ① | home | ブッキングドットコムにハラハラ >>

comment

post a comment

url:
comment:
pass:
secret: 管理者にだけ表示を許可する