fc2ブログ
 快腸な日々
便秘体質の私は、これまでの人生、便秘に効くならばと、ありとあらゆる腸活を試してきました。

朝起き抜けの白湯から始まり、玄米、プルーン、グレープフルーツ、ヨーグルト、ココア、腸もみ、プランク(体幹を鍛える)、アダムスキー式メソッド(食べ物を消化スピードで分類し、消化の速い食べ物を朝食に食べ、消化の速い食べ物と遅い食べ物は一緒に取らないというメソッド)、そして、昨年から続けているゆるグルテンフリーなどなど、どれもこれも、確かに効果を得られたこともあったけれど、やり始めだけで、続けていくうちに効果が無くなり元に戻るの繰り返し。

何をやってもダメならばと、ここ数年はいよいよ便秘薬に頼る日々で、しかし、それもやっぱり続けていくうちにだんだんと効かなくなる事態に陥り、これ以上キツい薬には手を出したくないし、どうしたものかと悩んでいました。

そんな中、たまたま出会ったネット記事で、梅干しが便秘に効くという情報をゲット。
梅干しといえば、昨年コロナに感染し、何日も水しか飲んでいない状態から、やっと何か固形物を食べたいと思えるようになったとき、真っ先に思い浮かんだのが「梅干し」でした。

私の普段の生活に梅干しが登場することは滅多にないのに、でも、弱った体が梅干しを欲しがっているということは、体にやさしい、体に良い食べ物なんだなと、それ以来、梅干しには一目置いていたので、ここぞとばかりに飛びつきました。

さらに、今年から実践し始めたのが、よく噛んで食べること。
今までも別に噛んでなかったわけではないと思いつつも、よく噛むことにより胃腸への負担が減るということで、しつこいぐらい噛んで食べるように。

さらにさらに、腸もみをするときは、自分の腸に感謝といたわりの気持ちを持ってやることが大事というYoutuberのコメントが刺さり、今まで親の仇みたいにゴシゴシやっていた自分のやり方を猛省。
まるで虐待だった腸もみから感謝といたわりの腸もみに意識改革。

ということで、以下3つ
・毎朝、起き抜けに「梅白湯」(白湯の中に梅干しを入れた飲み物)を飲む
・食事はしつこいぐらいに噛んで食べる
・感謝といたわりの気持ちで腸もみ

を実践するようにしたところ、かなり効果があり、ビックリ!
ここ2週間ぐらい、便秘薬なしで、ほぼ毎日出るようになったのです!
どうかこのまま快腸な日々が続いてくれますように!
関連記事

<< ブッキングドットコムにハラハラ | home | コリン・モーガン 『Dead and Buried』に出演! >>

comment

post a comment

url:
comment:
pass:
secret: 管理者にだけ表示を許可する