fc2ブログ
 ピカソ展とプチ長崎観光 ①
1月初めの3連休の最終日は、長崎県立美術館まで、ピカソ展「イスラエル博物館所蔵 ピカソーひらめきの原点ー」を観に行ってきました。

長崎へは、昨年9月に開通した西九州新幹線「かもめ」ちゃんを利用。
とはいえ、「かもめ」ちゃんは博多から乗れるわけではなく、先ずは特急列車「リレーかもめ」に乗り、佐賀の武雄温泉駅まで行き、そこから乗り継ぎます。

西九州新幹線のネーミングが「かもめ」に決まったとのニュースを聞いたとき、「かもめ」という名の列車はすでに存在しているのでは(?)と思ったら、「リレーかもめ」は元「かもめ」で、西九州新幹線ができてその名を奪われ、武雄温泉駅でリレーするから(?)「リレーかもめ」という名に変わったようです。

kamome2.jpg
グレー色のシックで落ち着いた外観が素敵な「リレーかもめ」ちゃん!


kamome.jpg
「かもめ」のフォントがカッコいい、まだ開通して間もない「かもめ」ちゃんは、新車の匂いがしました。

長崎県立美術館へは、長崎駅から路面電車に乗って移動。
路面電車の走る街は、風情があっていいですね。

今回のピカソ展は、なんと、どの作品も撮影可という大盤振る舞いで、自分の気に入った作品をここぞとばかりにスマホで撮りまくり。

ピカソといえば、見えるものをそのまま写実するのではなく、ものすごく抽象化して何が何だか分からない作品を描く人というイメージが強いのですが、今回の展覧会では写実的な作品もたくさんあり、ピカソの多才さに驚きました。


piccaso_1.jpg
“写実”作品も素敵です


piccaso2.jpg
オシャレなポスターみたいな作品


piccaso3.jpg
いわゆる“ピカソ”な作品


piccaso4.jpg
後ろのほうに小さく描かれた「へのへのもへじ」みたいなのがかわいい

イベント最終日に行きましたが、都会の美術館と違って長崎なので、混み具合もほどよくマイペースで堪能できました。
ピカソ展を観た後は、プチ長崎観光へGo。

つづく…
関連記事

<< ピカソ展とプチ長崎観光 ② | home | 高橋幸宏とライディーン >>

comment

しましま さん

ピカソって、時代によって作風がかなり違うんですね。
根本的に絵がうまいんだなぁと、改めてその才能に関心しました。

>>画家本人はあまり好きじゃない

親子どころか、孫かよってぐらい年の離れた妻を持つとか、もうありえないんですけど!
私の脳ではあまりに理解不能で、スルーするしかありません…

展覧会で撮影可というのは嬉しいですよね。
私も展覧会はそんなしょっちゅう行かないので分かりませんが、そういう流れになってきたのか?!

枝龍さん

ピカソかわいいですね!
くすんだ色と人物の顔が好きです。
画家本人はあまり好きじゃないけど、個人的に知ってたわけでもないのでそこはスルー。。。

最近東京でもピカソ数点見ましたが、そこも撮影は大体可でした。最近の傾向なんですかね、このまま自由化してほしいです。

えむ さん

従兄弟さんもかもめに乗られたんですね~
座席の写真、私も撮りました(笑)
指定席は天然木(?)の背もたれと肘掛けで、座り心地もよくて快適でしたよ~

>>始発が人口少なそうな武雄なのが色々事情のありそうな

そうそう、西九州新幹線を作るにあたり、佐賀と長崎が対立して、その結果こうなったようです。。

この日はお天気が良くて観光日和でした。
展覧会で撮影OKって、私もびっくりでした。
私が知らないだけで、最近の展覧会事情は変わってきているのかも?!

枝龍さん

「かもめに乗ったぜい!」と昨年従兄弟が車内の画像を送ってきました。乗客少なくてそれがまた新品感があります。

>リレーかもめ
武雄温泉に一度行ったことがありますが始発が人口少なそうな武雄なのが色々事情のありそうな。。

展覧会で撮影可?!しかもピカソ?!
いろいろ凄い。

いいお天気で旅日和何よりです♪

post a comment

url:
comment:
pass:
secret: 管理者にだけ表示を許可する