fc2ブログ
 ボイリング・ポイント/沸騰


90分脅威のワンショット撮影が話題の映画『ボイリング・ポイント/沸騰』を観ました。

クリスマス前の金曜日、予約でパンパンのロンドンの人気高級レストランを舞台に、オーナーシェフ、アンディ(スティーヴン・グレアム)と、レストランの従業員、客たちが巻き起こす騒動を描いた人間ドラマ。

トラブルに次ぐトラブルに見舞われる主人公アンディと、繁忙でてんやわんやのレストランの様子は、まるで『24 -TWENTY FOUR-』か『ER緊急救命室』のような慌ただしさ。

とはいえ、アンディはどんなトラブルにも不屈の精神で乗り越えるわけでもなく、従業員と客との心温まるエピソードがあるわけでもないところがイギリスっぽい感じ。

話題の、最初から最後までワンショットで魅せる手法は、映画というより舞台を観ているような「生」感があり、物語も「レストランあるある」的なリアルなエピソードで、ドキュメンタリー風な作品に仕上がっています。

残念だったのは、レストランのお話の割には美味しそうな料理そのものや、華麗な料理さばきのシーンがほとんどなかったこと。
やはりワンショットで撮っているので、演じる俳優の料理の腕前がプロ並みでないと難しいのでしょう。

人間、忙しいと誰でもイライラするし、なにより働き過ぎはとにかくよくないということを、この作品を観て改めて思いました。
関連記事

<< 猛暑の東京旅行 | home | カルト集団と過激な信仰 >>

comment

しましま さん

カリカリした映画なんだろうなぁとは思ってましだが、私の想像以上にカリカリしてました…

〉〉如何に周りの人も平和に生きてもらうかは大事

私も波風立てずに平和に過ごしたいんですが、私自身がついついイラついてます。
でもこの作品を見て、忙しいと皆んなイラつくんだと分かり、イラつく自分を許してあげようと思いました(笑)

〉〉レストランのお客さんだと理不尽なこと言ってきそう

はい〜
白人至上主義丸出しで黒人のスタッフを露骨に差別するオヤジとか、わがままやり放題のインフルエンサーとか、実際にありそうなエピが盛り込まれてました!

枝龍さん

この作品、何かで情報読んで気になっていましたが、
今、職場が忙しめでチームのボスがカリカリしてるので
わざわざ同じくカリカリしてる映像見るのは・・・と躊躇してました。

>>ドキュメンタリー風な作品

ドキュメンタリーかと思い込んでましたが、そうではないのですね。

>>忙しいと誰でもイライラするし、なにより働き過ぎはとにかくよくない

ですよね〜。私は他人の負の感情に不必要に共鳴してしまうことがあるので
自分だけじゃなくて如何に周りの人も平和に生きてもらうかは大事です。。。
まあ職場では仕事をきちっとやるべきですが、できない人にどう対処するかは
自分で決められるわけですし。
レストランのお客さんだと理不尽なこと言ってきそうですけども。

post a comment

url:
comment:
pass:
secret: 管理者にだけ表示を許可する