fc2ブログ
 カルト集団と過激な信仰
今、日本で話題の旧統一教会をはじめ、世界各地に存在するカルト宗教の実態に迫るドキュメンタリー『カルト集団と過激な信仰』を観ました。

数あるカルト宗教の中でも特に有名な7つの集団を取り上げ(とはいえ、私は初めて知る集団がほとんど)、元信者や現役信者へのインタビューから、その特異な信仰の数々が暴かれます。

それぞれ細かい宗教観は違うけれど、どの集団も教祖の都合のいいように聖書を拡大解釈し、教祖のやりたい放題になっているのが恐ろしい。

「修行」という名の様々な虐待で徐々に洗脳し、脱会した者は、たとえ家族であっても信仰者と接触してはならない。
その取り決めのせいで家族と絶縁状態の元2世信者など、親が信者ゆえに自動的に信者扱いとなる2世信者問題も深刻です。

印象深かったのは、FLDSという集団のエピソード。
教祖が投獄されたことで信者がどんどん減り、集団は衰退、貧困に窮している状況を見かねて、救いの手を差し伸べる中立者が現れ、その活動に賛同した元信者も加わり、信者と信者ではない人たちが何とか接点を持とうとしているという内容。

訳の分からない信仰の人とは、関わるどころかむしろ避けようとするのが普通ですが、どんな信仰であろうと困っている人がいれば助けるというその精神に胸打たれます。

いわゆる「推し活」も、推しを教祖として崇める宗教っぽい要素があると常々思うのですが、推しがいるから変な宗教にハマらなくて済んでいるという見方もできるかも。
関連記事

<< ボイリング・ポイント/沸騰 | home | Spellbook ピンバッジ >>

comment

えむ さん

>>ここが統一教会の直系組織

こっちは武装集団で、本家は霊感商法で、いずれにしてもロクなもんじゃないですね。
教祖の奥様が金正恩の妹みたいな顔立ちなのも怖かったです。

>>政権維持の装置としてカルトがこんなに「役に立って」いた

ですよね。
カルトは排除するとか言ってるけど怪しいものです。
それにしても統一教会の信者って、私が気づいてないだけで身近なところに実はゴロゴロいるのかしら?

枝龍さん

遅れ馳せですが今日観ました。

エピソード5話と1話を観ましたが、内容が重いので残りは別の日にします。

5話 
ミリヲタ銃器ヲタの教祖に少なからぬ人々が共鳴するのが驚きです。アメリカならではですかね?
そしてここが統一教会の直系組織というのも初めて知りました!

1話
途中ムリってなりながらも観終わりました。取り込まれていくプロセスが生々しいですね。

告発する人々や取材する人々の勇気がすごいです。それをメディアが取り上げて放送することで社会悪として周知されてますね。

日本は今後対カルトのと闘いの図式になっていくのでしょうか?
敗戦国だから政権政党は傀儡なんだろうなぁくらいの呑気な認識でしたが、政権維持の装置としてカルトがこんなに「役に立って」いたとは思いもよりませんでしたよ。


えむ さん

〉〉頭脳明晰で理路整然なその人が教義に共鳴して加入した

どうしてそんな頭のいい人が?
もしかして何か悩んでたんでしょうかね?
でも脱会できてよかったですね、
変な宗教に財産根こそぎ持っていかれるのだけは避けなければなりません!

〉〉なるべく分散が基本

お金も趣味も分散させるとリスクが軽減されますね。

枝龍さん しましまさん

しましまさんの洗礼の話をなぜか「証券会社に口座を開いた」話の例えだと思っていました。
口座にお金を預けてお任せすると運用で増えていくというマネー教かと。
現世の垢にまみれててすみません…

若い頃ですが身近な友人が今話題の教団に入信したことがありました。頭脳明晰で理路整然なその人が教義に共鳴して加入したというのが衝撃でした。
結果的に脱会できたのですが、同じく頭脳明晰で弁の立つ別の友人が教団に乗り込み責任者と数時間に及ぶ論争の果てに論破したそうです。側でやりとりを見ていた本人の洗脳が解けて脱会しました。

秀逸な理解力のある人でも簡単に洗脳する周到に設計されたテクニックですから、一度信じると普通はなかなか抜けられないのだろうと思います。

お布施でも喜捨でもその都度その余裕に応じてなら良い考えだと思いますが一箇所にお金を集めるとなると話は別です。そこにパワーが集まります。

なるべく分散が基本ですね。
あ、また運用の話??


しましま さん

今日AXNミステリーを見てたら「ロンドン~2」のCMが流れてました!
7/31一挙放送は間違いありません!(コーフン)

しかし、待ち時間が長すぎると一切ネタバレせずに待ち続けるのは不可能であることを実感。。
何はともあれ、お互いテレビが壊れませんように!

>>自然消滅しても何も言ってきませんでした

カルトでなくてよかったです。
今、日本を騒がせているカルト宗教の母親の証言を聞くと、息子があんな衝撃事件を起こしてもなお洗脳が解けそうにないのが恐ろしいです。

枝龍さん

最新ドラマ待ち時間長すぎて実感が湧きにくいです^^;
でも嬉しい~ドキドキしてきました。
どうしよう、急にテレビ壊れたりしたら。。。

私が一瞬行ってた教会は、私が自然消滅しても何も言ってきませんでしたのでカルトじゃないみたいです。それか金づるにならないから追われなかったのか。

しましま さん

>>コリン教信者は教祖様が欲がないので大丈夫かと

そのとおり!
コリンは純粋に俳優業が好きで、お金のために作品選んだりファンに媚売ったりとか全然しない人ですからね!
我々が勝手にわざわざイギリスに乗り込んでまでお布施してるだけで(笑)
そういえば、もうすぐ教祖様の最新ドラマが見れますね~~きゃ~~

>>ロンドンでとある洗礼を受け

そうなんですね。
献金献金とうるさくなかったのであれば、怪しい宗教ではなさそうですね。
心が弱っていると、そういうのを敏感に察知してカルト宗教は近づいてくるので本当に気を付けなければなりません。

ご利益ありますよね

コリン教信者は教祖様が欲がないので大丈夫かと思います。
信者が勝手にお布施を納めてますけど建物ないですもんね。
(故郷アーマーの家かロンドンにフラットくらいは購入したんでしょうか?)
偶像を崇めては幸福感を味わい、
神の言葉を理解しようと聖典なるオーディブルや聖書でだいぶ外国語も身につくというありがたい教えです。南無・・・

カルトではないと思うんですが、私もロンドンでとある洗礼を受け
とある信者になったことがあり、良いことはあったけど特にお金は強くは求められませんでしたが、神の国に貯金をすると神様が増やしてくれるというのは先輩から聞いたことはありましたね。

えむ さん

>>私も所謂宗教2世なりかけ

そんなことがあったんですね!
カルト宗教の信者から生まれた子どもという存在は、例の事件の犯人の境遇を知り初めて意識しました。
これは大変な人生だなと。
えむさんは、幼いながらもおかしなものはおかしいと気づき、親だろうが毅然とした態度で立ち向かったんですね。
ちゃんと自分で判断できる子どもでよかった。

>>立派な建物を持つようになったら×

なるほど、私も頭の片隅に入れておきます。

コリンファンは、少なくとも日本のコリンファンは皆さんまともな人たちばかりと思います!
推しがものすごく知名度が高くてかなりの人気者だったら、ファンも色々で怪しい人も出てきますが、そういう意味でもコリンファンはこじんまりとして、安心感がありますね。

枝龍さん

名乗り忘れすみません。

枝龍さん

確かにいま最もタイムリーな話題ですね!

訳わからないうちから何かを唱えさせられたり集会に参加したりと私も所謂宗教2世なりかけでした。

共同体という居場所を提供するだけなら悪いことではなさそうですが、集団を作ると力を自覚するようになり力を意識すると行使したくなり、結果的に支配被支配の歪んだ関係ができていきます。
宗教を全否定はしませんが立派な建物を持つようになったら×だなというのが自分の中での基準です。

引越ししまくりのせいでその繋がりは自然消滅しましたが、それでも小6のある日ふとフラッシュバックして物凄い怒りと不快感に突き上げられ猛然と抗議したのを覚えています。

「何を信じるかはそれぞれで選ぶこと。判断力のないこどもを巻き込んだことは親でも許さない!」とギャオギャオ言ってたような…

コリンファンはファンダムという緩やかなまとまりがあるみたいですが立派な建物ができたりはしなそうなので安心です^_^


post a comment

url:
comment:
pass:
secret: 管理者にだけ表示を許可する