fc2ブログ
 Spellbook ピンバッジ
spellbook.jpg

コリン・モーガン最新オーディブル作品『ディスクワールド』シリーズが、7月7日に発売されました。
その記念にと手に入れたのが、このプロジェクトのドキュメンタリー映像でコリンの赤いヴェルヴェット・スーツの襟元を飾っていた、こちらのピンバッジ。

「コリンが着けていたのは私のピンバッジ!」と、コーフンぎみに呟いていたこの商品のデザイナーさんのツイートをすかさずリツイートする海外コリンファンのおかげで情報を知り、ゲットしました。

取り扱っているのは、「Etsy」というハンドメイドの商品を売買しているサイトで、アクセスしたら日本語だったので、日本語でいいんだ~と思い、普通に日本語入力で注文を済ませた私。

それから2日ぐらい経っても何の返事もないので「あれ?」と思い、やっと気づきました。
住所は英語で書かなくてはならないということに!

注文後は、何かあれば出品者と直接のやり取りになり、日本国内のネットショッピングでも個人売買系は面倒くさくて利用しないというのに、ブリストル在住のイギリス人出品者さんに英語でメールするという高難度な取引きをする羽目に!

日々の英語勉強も空しく、いざ英文を作るとなるとどう書けばいいのか全く思い浮かばず、あ~だこ~だ悩みまくり、やっとの思いでメール送信。
すると、出品者さんから丁寧な返信が来て、無事に住所は伝わりました。

これで一安心かと思いきや、今度は出品者さんがコロナに感染し、家から出られないため発送が遅れるとの連絡が!

そんな紆余曲折を経て、図らずもオーディブル発売日に合わせるかのようなタイミングで届いた、Spellbook(魔術本)ピンバッジ。
やっぱりかわいい!
しかし、さっそく着けてみようとしたら、留め具がゆるくて留まらないことが判明…。

まあ、こういう不具合があってもおかしくはないお手頃価格なのでしょうがない。
後日、留め具を調達し、それから本格的に着ける予定です。

関連グッズは手に入れましたが、肝心のオーディブルはというと、実はまだ買っていません。
サンプルを聞いたら、案の定、今回もあまりに聞き取れなさ過ぎて、これ以上積オーディブルが増えるのもどうかと思い、躊躇しています…。
関連記事

<< カルト集団と過激な信仰 | home | ラグジュアリーなティータイム >>

comment

grandma さん

grandmaさんが見られたのもこのバッジなんですね。
実物は、薄黄色っぽいゴールドです。

>>Audibleと併用するので表紙が同じ方がライフラリーから探す時見やすい

確かにそのほうが統一感がありますしね。
あとは話についていけるかどうか?!

枝龍さん


連投すみません。

Twitterの方ではなくEtsyさんのピンのページをブックマークしてました(汗)。
金ピカですが、2枚目のシャツに付けてる写真は枝龍さんのと同じですね。
とても同じものに見えないのですが…
黒く見えている部分が照明に反射してるだけでしょうか。
本が閉じたデザインのもありますよね。
これも可愛いけどやっぱり「コリンが付けてた」のと同じという付加価値がね♡

枝龍さん

私が最初に見たのはブック型でしたよ。
枝龍さんがお持ちのとデザインは一緒です。
照明の関係でもないみたいでしたが。
Twitterのアカを持っていない私は読める範囲がかなり少なくなって
今では遡って確認できないのでちょっと自信がありません。

>違うのは表紙だけで中身は一緒

ですよね~
よく見たら定価は同じで割引率が違うのでした。
何か特典でもあるのかと思ったりしましたんですよね~
結局1作のみなら差額はわずかなので新しい方を買いました。
Audibleと併用するので表紙が同じ方がライフラリーから探す時見やすいかなと思って。

grandma さん

三日月のピンバッジは派手なゴールドでキラキラな感じですが、こちらのスペルブックのほうはもっとカジュアルな感じです。
こっちのほうが使いやすいと思います。
セーターとかに付けるといいんじゃないでしょうか~

>>「The Color of Magic」のみ購入

なるほど、私もそうしようかな~
1話だけだったら時間もそんなに長くないですしね。
といいつつ、私はもっと短いスレインも最後まで聞いてないんですが(汗)

>>結局日本Amazonの旧版が一番安いのでこれに落ち着きそう

新バージョンも旧バージョンも、違うのは表紙だけで中身は一緒じゃないでしょうかね。
ていうか、もし中身が違っててもどこが違うのか分からないし!

枝龍さん みなさん


>ピンバッジ

最初に気づいたのがピカピカのゴールド(に見えた)で
かなり迷いながらも買い物かごに入れたのですが最終的に諦めました。
と、言うのも私若い頃からゴールド(色)が苦手で…
それでなくても付けないのはわかりきってるし…と。
(自作のアクセもピアス以外はほとんど付けません/汗!)
枝龍さんがお買いになったタイプは後で見つけましたが迷い中。

>肝心のオーディブルは

私も聴き取り力に不安を感じて「The Color of Magic」のみ購入しました。
もちろん本も必要ですからKindle版をと思ったら
日本Amazonではお値段が旧版と比べて新版がわずかですが高いです。
表紙が一新したのはわかりますが中身に何か違いがあるのかしら。
ちなみにUKではKindleの扱いがなくUSで買ってね、と案内されますが
円安なのにUS価格を円に換算するとUSの方が高いという…
などなど余計なことに煩わされてまだ手が出ていません。
結局日本Amazonの旧版が一番安いのでこれに落ち着きそうですが…

えむ さん

えむさんもゲットしましたか!
かわいいですよね~~

>>私も住所表示のことでやり取り

そうなんですね、私だけじゃなかった(笑)
Etsyは勝手に日本語で表示してくれるのはいいけど、海外の注文も日本語で大丈夫なんだと勘違いしますよね~

>>このシリーズは月一のコインでぼちぼち買って行く予定

すばらしいっ!
私は迷ってます・・
えむさんがしましまさんとこのコメント欄に貼ってくれてるリンクを読んでみて、どうするか検討しようかな。

枝龍さん

ピンバッジ買われましたね!
私も気になって買っちゃいました♪

作者のイッツィーさんは魔女バッジの発売を企画していて今クラファンで資金を募っています。ツイで顔出しされてますがピンクヘアーからばっさりベリショーにされたそうですね。

私も住所表示のことでやり取りしました。病み上がりで漢字と格闘とはお気の毒でした…

このシリーズは月一のコインでぼちぼち買って行く予定です。
ファンタジーと言っても文化や科学、哲学、社会、当時の世相から古典と内容が多岐に亘りますからティーン以上の大人向けです。

なので私たち外人は話の筋だけを追うので充分という気もします。。

しましま さん

>>ベルベットスーツの上にこんなバッジがついてるとは

プロモ写真用のコリンとインタビューを受けてるコリンとで、着けてるバッジが違うんですよ!
こちらは、インタビューを受けてるときに着けてたバッジです。
プロモ写真用の三日月と星のピンバッジのほうが印象が強いので、ツイート見た時は「こんなの着けてたっけ?」と思ったのですが、確かに、インタビューの映像ではこのスペルブックのピンバッジでした。

たぶん、スタイリストさんが調達したんだと思います。
コリンに因んでこのスペルブック・ピンバッジを選んだんでしょうね~、Good Job!

ブリストルからはるばるやってきたバッジをどこかで落としたりしたら本当にショックなので、留め具がちゃんとするまではグッとがまんです。

枝龍さん

わ〜!!!素敵なご縁ですね。
コリンもETSYで購入したのでしょうか?誰かからのプレゼント?
ベルベットスーツの上にこんなバッジがついてるとは気づきませんでした^^
ETSYは私も何度か利用したことがあります。
クリエイターさんから直接買えるなんていい世の中ですね。
留め具が緩いことに気づいてよかった・・・もしそのまま
つけて外出先で落としたりしたらせっかくブリストルから旅してきたバッジなのに悲しいですもん!

post a comment

url:
comment:
pass:
secret: 管理者にだけ表示を許可する