fc2ブログ
 冷えた足がアッと言う間に温まる布団テクニック
寒い冬に暖かく眠るには、羽毛布団の上に毛布を掛けるのが正解(!)との情報を知ったとき、今まで逆のことをやっていた私は目から鱗でした。

それ以来、確かに毛布を上にしたほうが温かいことを実感しているのですが、冷え性の私は、カラダは温まっても足だけはどうにも冷たいままで、なかなか寝付けないことがしばしばあります…。

そんな足の冷えによる冬場の睡眠障害をどうにかしたいと思っていた矢先、たまたまヤフーで見つけた、さらに暖かくなる布団の掛け方情報、それは、敷布団の上に毛布を敷くのだそう!

体の熱は、上からだけでなく下からも逃げていくため、敷布団の上に毛布を敷くことで、下に逃げる熱を食い止め、保温効果が高まるという仕組み。

それを踏まえ、私は下半身のみ保温強化すべく、毛布ではなくブランケットを使い、敷布団の下半分にブランケットを広げ、その上に羽毛布団、さらに毛布を掛けるやり方を試してみたところ、効果抜群!
「えっ!もう!?」とびっくりするほどのハイスピードで、足元が温かくホカホカになります!

ポイントは、毛布やブランケットはポリエステル等の化学繊維のモノを使うこと。
天然素材の羽毛布団を、化学繊維の毛布・ブランケットで挟み込むことで、熱を逃さなくする作戦です。

ちなみに、私は、冬場は敷布団の上にポリエステル素材の敷パッドを敷いており、その敷パッドの上にブランケットを敷いてみたところ、スゴイ保温効果を発揮したというわけです。

冷え性ではない人がこれをやると、きっと暑すぎて逆に寝られなくなると思いますが(笑)、冷え性の人は、やってみる価値大です。
湯たんぽも電気毛布も要らない、ただ敷布団の足元にブランケットを広げるだけで、こんなにも違うのかということを実感できると思います。
関連記事

<< パターソン | home | Fly As Me >>

comment

post a comment

url:
comment:
pass:
secret: 管理者にだけ表示を許可する