fc2ブログ
 BARRY'S TEA(バリーズティー)
barrystea.jpg

推し俳優コリン・モーガンのお気に入り紅茶、バリーズティーを買ってみました。

紅茶といえば、我々日本人は「イギリス」とイメージしがちですが、ネット情報によると、一人当たりの紅茶消費量はアイルランドが1位なのだそう。
そんな紅茶大好きアイリッシュの普段使いのブランドが、こちらのバリーズティ。

コリンのお気に入り紅茶情報をもっと早く知っていたら、ロンドン旅行の時にスーパーで隈なく探したのにーー、と後悔しきりですが、今、記憶を振り絞ってみて、ロンドンのスーパーでこのパッケージは置いてあったのかどうか、全く思い出せません…。
アイルランドはイギリスのお隣国だし、置いてそうな気はするのですが、見たような、見なかったような…。

イギリスの普段使いブランド、「PG tips(ピージー・ティップス)」「Yorkshire Tea(ヨークシャー・ティ)」「Twinings(トワイニングス)」あたりは、はっきり記憶にあるのですが、、色んな銘柄の紅茶を試したい私は、普段使いのブランドはパッケージの容量が大きくて敢えて買うのを避けていたという理由もあり、スーパーには行きまくっていたけど、紅茶コーナーをそこまで真剣に眺めていませんでした…。

初めて飲むバリーズティは、先ずはおススメの淹れ方を参考に、ティーバッグを4分ほど蒸らし、コリンは乳糖不耐症なのでミルクは入れないはずと、ストレートで飲んでみたところ、に、苦い……。
コリン愛飲のお茶だから美味しいはず!という先入観で頭がいっぱいだったこともあり、この苦みはショック…。

でも、その後、自分なりに試行錯誤を繰り返し、これはいける!と納得のいく淹れ方を見つけました。
400mlぐらい(カップ2杯分ぐらい)のお湯に、ティーバッグを1個入れ、2分ちょいほど蒸らすのが私にはちょうどいい感じです。

そして、バリーズティは、ストレートよりもミルクティーで飲んだほうが美味しいと思いました。
実際、本場アイルランドではミルクティーで飲むのが定番のようです。

私がロンドン旅行とかデパートの英国展で買う紅茶は、少しお高めの紅茶なので、それらと比べると、やっぱり庶民的な味で、気取った感じがないのが特長。

イギリスの代表的庶民派紅茶の一つ、PG tips(ピージー・ティップス)も、2018年に初めてひとりっぷでロンドンに行ったとき、泊まったホテルのアメニティで部屋に置いてあるのを飲んで、すごく美味しくて感動した記憶があり、バリーズティしかり、紅茶の本場はお手頃価格の紅茶もレベルが高く、ハズレがありません。
関連記事

<< 今年もよろしくお願いします 2021 | home | 美容断捨離 もうすぐ2年 ② >>

comment

えむ さん

>>See Colin Morgan, and die.

まさにそれ!
Translationsで生コリンを初めて目の前にしたときのコーフンは、今思い出してもすごかったです。
ちょっと恥ずかしくて自分では過去記事が読み返せませんが(汗)
Barry‘s teaで癒されたようでなによりです。

ところで、えむさん、香川にゆかりがあるんですね!
私は高松が実家で、今日、帰省したんですが、新幹線は遅れるは瀬戸大橋線は強風で運休だわで、さんざんな思いをしてなんとか家にたどり着きました。
お元気になられたら、また香川に遊びに来てください~

枝龍さん

Translationsの記事読ませて頂きました。枝龍さんの生コリンへの熱量に圧倒されたので、今Barry‘s tea でひと息入れてます。

コリンボジー曰く
See Colin Morgan, and die.
実感しましたよ。(ナポリですが)

段々お茶の入れ方が雑になって、今はマグカップに直入れですがそんなやり方でもちゃんと美味しいです。



ところでコリンに関係ないですが、他の記事に気になるワード「高松」
伯父が栗林公園徒歩2分に住んでいて、菩提寺が善通寺市なので、発病前は香川はよく行きました。帰路は直島に寄ったり、楽しい思い出いっぱいの場所です。


post a comment

url:
comment:
pass:
secret: 管理者にだけ表示を許可する