fc2ブログ
 ロンドン観劇ひとりっぷ 2020 ⑪ A Number  ステージドア '20.2.22
autogragh_.jpg


最後の望みをかけて、3回目のステージドア・チャレンジです。
集まったのは、例のごとく、私を含むデフォルトメンバー+アルファですが、マチネの後よりもさらに人が増えました。
デフォルトメンバーは、間違いなく全員コリンファンで、私のように海外からの参戦組もいる様子。
世界各国、オタクの行動パターンは共通しているようで心強いです。

そんなお仲間さんたちと(会話もしてないのに勝手に仲間呼ばわり)、20分以上待ったところで、またしてもスタッフの方から「ステージドアはありません」アナウンスが…。
やっぱり…。

今回はとにかくコロナウィルスの心配があるので、ステージドアは控えて当然と言えましょう。
懸命な判断だし、コロナが理由ではなかったとしても、ファンサよりも公演を最後までやりきることが何より大事です!
自分が観に行った日に、コリンが体調不良で代役だったなんて、想像しただけでもショックすぎ!
そんなことは、あってはならないのです!(代役の俳優には申し訳ないが…)

「ない」と言われても、一部のデフォルトメンバーはまだステージドアの前でたむろしていました。(粘る作戦か?)
私はブリッジ・シアターともこれでお別れなので、劇場や綺麗な夜景を目に焼き付けておこうと、ぶらぶらしに行きました。
そして、最後にステージドアの前をもう一度…、と向かっていくと、何やら騒がしい雰囲気っ!

なんと、そこには、ロジャー・アラムが!!!!!
まさかのロジャーさん!!!!!
え~~~~~~~っ!!!!!

大急ぎで集団の中に混ざって、私もロジャーさんにサインをいただきました!(上の写真)
サインしてもらうパンフレットのページを開くのに必死で、サインペンの蓋を開けずにそのまま渡してしまい、すみません!
そして、「一緒に写真を撮ってもいいですか?」と聞いてみたら、「Sure!」とご快諾いただき、写真も撮らせていただきました!

roger_allam.jpg

ロジャーさんはステージドアには来ないタイプとの情報を目にしていたので(『テンペスト』の時、コリンは来たけどロジャーさんは一度も来なかったそう)、初めからロジャーさんには何も期待していませんでした。
実際、ロジャーさんは、たまたま帰るタイミングでファンに捕まっただけで、ファンサするために出てきてくれたわけではないはず。
そんな偶然に居合わせたオレ!マジ、ラッキー!!!!!
そして、ロジャーさん、めちゃくちゃ気さくにリクエストに応じてくれて、マジいい人!!!!!

その後、ロジャーさんは、ロジャーさんと同年代ぐらいの男性の連れと一緒に、劇場を去って行きました。
ロジャーさん、本当にありがとうございました!

続く…
関連記事

<< ロンドン観劇ひとりっぷ 2020 ⑫ | home | ロンドン観劇ひとりっぷ 2020 ⑩ A Number at Bridge Theatre '20.2.22(夜公演) >>

comment

しましま さん

きゃ~~~~~っ
ステージドアのラストチャレンジで、まさかまさかのご褒美でした!
「刑事モース」、しましまさんがとても推しているので見よう見ようと思いながら見逃してばかりだったんですが、今回はちゃんと録画予約しました!
やっと見れます!

>>舞台が見られただけでも本当にラッキーだったのかも

ほんとそう思います!
今回の遠征は、つくづくタイミングがよかったなと!
しかしこの騒ぎ、いつになったら終息するのか…

枝龍さん

もう一度、きゃー、ロジャーさんとのツーショットおおおおおお!!!!!ここここれは、ぜひ、枝龍さんも「刑事モース」でかっこいいロジャーさんの姿も見てください♪

>>自分が観に行った日に、コリンが体調不良で代役

それは悪夢ですよねー
俳優さんだってわかってるから期間中は神経使うでしょうね。ファンとしては会いたいけれど、俳優さんの体調優先だし、今回みたいな伝染病パニックがちょうどUKで始まったくらいのタイミングでは、外国から入国でき、舞台が見られただけでも本当にラッキーだったのかも。毎日状況が変わって心配です。

post a comment

url:
comment:
pass:
secret: 管理者にだけ表示を許可する