FC2ブログ
 ロンドン観劇ひとりっぷ 2020 ⑨ A Number at Bridge Theatre '20.2.22(マチネ) 
bt_lobby.jpg
火の玉が降り注ぐようなデザインの照明がオシャレなブリッジ・シアターのロビー

『A Number』2回目の鑑賞です。
この回の座席は、A51で、ステージ向かって左サイドの列の前から2列目。
端っこの席なので、ちょうどステージ正面の左角の辺りになり、座席が前の列とズレているので視界もクリア!

さて、今回の舞台の見どころは、何といっても、遺伝子実験の成功により複製された息子たち3人を演じる、コリン・モーガンの一人3役!
息子3人は、コピーと言えどもそれぞれ年齢も違いキャラも違うのがポイントで、それらをコリンがいかに演じ分けるのか!
注目です!

コリンの演技から感じ取った私の印象では、最初に登場する父親ソルターと一緒に暮らしている息子B2は、とても純粋で穢れのない青年で、自分がコピーだという事実にただただショックを受け、傷ついている感じ。
2番目に登場する息子B1は、父親を恨み、人生に絶望し、これ以上生きる意味はないといわんばかりに全身に悲壮感を漂わせている感じ。
最後に登場する息子マイケルは、自分がコピーであることを何ら思い悩むでもなく、むしろ楽しんでいる、お気楽な能天気キャラ。

実は、事前にkindleで脚本を買って読んでみたものの、案の定、激しい英語力不足でほぼ読解不能で、中でもB2とB1のキャラの違いがさっぱり分かりませんでした。
でも、コリンが演じているのを観ると、違う!
この繊細な演じ分け!
さすがとしか言いようがありません!

コリンは得意のアクセントを駆使し、3人とも(たぶん)アクセントを変えているのもポイント。
マイケルは、コリンの素のアクセントの北アイルランド訛りで、B2とB1は標準的なイギリス英語だけど、なんとなくB1のほうがより下町っぽいアクセントに感じました。
アクセントの違いは割と聞き分けられる自負があるのですが、でもB2とB1は微妙…、間違っているかも!?

3人の見た目の変化も当然あり、服装はもちろん、髪型もわずかな転換の間に微妙に変えていて、舞台裏で大急ぎで着替えたり髪をセットしたりする様子を思わず妄想してしまいます。

今回の衣装は、B2はジャージとか白い靴下とか、普段のコリンの部屋着姿を思わせるような恰好でナイスなのですが、B1とマイケルは、もうちょっとこじゃれたのがいいのに、と思いました。
とはいえ、コリンがちょっとこじゃれた服を着ると、とたんにファッションモデルになり現実感が薄れてしまいそうなので、これでいいのかもしれません。


そして、この回も、終わった後はステージドアへGo!
前日の様子から、そんなに急がなくても大丈夫そうと分かったので、トイレに寄ってから行きました。
それにつけても、待っているファンの顔ぶれが前日と全く同じなのが、なんとも嬉し恥ずかし。
出待ち人数は、私を含めたデフォルトメンバー+アルファで、前日よりも増えていました。

今回、コリンがステージドアに出てきてくれたのがマチネの後だったこともあり、ひょっとしたら…と期待が高まります。
すると、4人ほどのグループがやってきて、どうやら関係者なのか?ステージドアの扉から中に入ろうと自動ドアが開いたその瞬間、コリンがそこにいるのを発見!
そのグループを歓迎している姿が飛び込んできました!!

「コリンが!コリンがーーーーーっ!!!」と一気にコーフンするも、あっという間に自動ドアは閉まってしまい、一瞬の出来事過ぎて、証拠写真を撮る余裕もありませんでした…。

その後も待ってみたものの、結局、この回もステージドアはなく、退散となりました。

続く…
関連記事

<< ロンドン観劇ひとりっぷ 2020 ⑩ A Number at Bridge Theatre '20.2.22(夜公演) | home | ロンドン観劇ひとりっぷ 2020 ⑧ >>

comment

しましま さん

一瞬でしたが、コリンは確かに中にいました!
ファンの方が上げてくれていた、ステージドアにコリンが来た時の写真と全く同じ格好をしていました!
休憩時のコリンのくつろぎウェアかと。

ステージドアと正面入り口の他にも秘密の出入り口があるんですかね?やっぱり!?

枝龍さん

一瞬のステージドア、おめでとうございます・・・・・

私もロジャーさんが通りかかったのを見てるし(たぶん)
だからあそこは楽屋口にかなり近いのでしょうが
ステージドアと正面入り口以外に出入り口があるってことですね。

post a comment

url:
comment:
pass:
secret: 管理者にだけ表示を許可する