fc2ブログ
 QUEEN+ADAM LAMBERT ~THE RHAPSODY TOUR~ ’20.1.25
QUEEN20200125.jpg
開演前の会場内

1月25日は、待望のクイーン+アダム・ランバートのライブを観に、さいたまスーパーアリーナまで遠征してきました。
前日の金曜に東京入りし、ライブ以外にもクイーン関連のイベントに行きまくり、クイーン三昧の週末を過ごしたのですが、それらは別途アップするとして、先ずはライブです。

今回の来日公演は、映画『ボヘミアン・ラプソディー』の大ヒットに応えるツアーということで、映画効果でますます増えたファンをがっつり収容できるよう、ドームとさして変わらない大きさの「たまアリ」になったおかげで、私の席はご覧の通り、メインステージから一番離れたスタンド席の中段辺り、とにかく「遠い!」としか言いようがない席でした。

4年前の日本武道館公演を経験しているだけに、この距離感でどこまで楽しめるのか、始まる前は少し不安でしたが、スケールの大きなクイーンの楽曲にそんな心配は無用でした。
たまアリどころか宇宙にまで行ってしまう壮大なスケールで、ファンを魅了してくれました!

セットリストは、今回もド定番で固めてくるかと思いきや、1曲だけどうしても思い出せない曲があり、後で調べたら「Dragon Attack」でした。
アルバム『ザ・ゲーム』に収録されている曲で、いわゆる「グレイティスト・ヒッツ」なオムニバスには入っていない、にわかファンは先ず知らないと思われる意外なチョイス。
私はにわかファンではありませんが、恥ずかしながらすっかり記憶から抜け落ちていました。
ベースのリフが超絶かっこいいファンキーなノリで、いかにも私の好き系にも関わらず!
でも、このライブで思い出させてくれてよかったです。

さっそくアップされていたこの日のライブ映像をYoutubeで見てみると、「Dragon Attack」のドラムは片手16(片手で16ビートを刻むスタイル)なのですが、ロジャーは8で刻んでいました。
これは寄る年波か…。
バンドメンバーのパーカッションの存在は、ロジャーの衰えを補う要素も含まれているのだと実感しました。
でも、それは仕方のないことです。
ロジャーは、今のロジャーのリアルなサウンドを聴かせてくれたらいいんです!

その一方で、ブライアンはまだまだ衰え知らずというか、一人最後まで出ずっぱりで(ロジャーとアダムは何度かステージをはけていた)、ギタープレイも現役そのものといった印象!
ギターに詳しい人が見たら、衰え的な部分がひょっとしたら見えるのかもしれませんが、私にはさっぱり分かりません!

そして、4年前に初めて生で聴いて感動したアダムの歌声は、今回もやっぱり素晴らしかった!
このライブの前にクイーンのイベントに足を運び、フレディの歌声に散々酔いしれた上での参戦だったのに、アダムはアダム、アダムの表現力にすっかり魅了されました!
フレディ亡き後、クイーンのフロントとして立つシンガーは、やっぱりアダムが適任だと改めて思いました。

次の来日はいつになるのか分かりませんが、今から首を長くして待っています!
関連記事

<< クイーン関連イベント | home | アプリの効用 >>

comment

HAMA さん

名古屋参戦、お疲れさまでした~
いやぁ、素晴らしいライブだったようで何よりです!!!
しかし、かなりの強行スケジュールでしたね!
大阪ギリギリに出て日帰りで!
さすがHAMAさんだわ!

名古屋は座席にも恵まれたようでよかったです。
私が思うに、ドーム規模のハコはスタンド席の前方が一番いいと思う。

>>一大、スペクタルショー

そう、まさに!
私が観てる某アイドルのドーム公演も毎回派手で凝った舞台演出してるけど、クイーンの演出はまた違うセンスで、とにかくすごくセンスがいい!

アダムも名古屋では絶好調だったようでよかった!
あの歌声は生で聴くと感動ものです!

ああぁ、また近いうちに来日してほしいっすね~~~

ナゴヤドーム公演、大阪よりも良かったです^^
シフト勤務で会社を16時に退社し名古屋へ。
ご存じかもしれないけど、京セラドーム大阪よりかなりこじんまりと
していて天井も低く観やすかったです。
音もよかったし。スタンド席なのでもっと上段の席かと思ったら、
アリーナのややサイドからなだからに少し高くなったような席で
ほぼアリーナ席。それでいて、アリーナの人が全員立ってもしっかり
ステージも観えるという。しかも私の左側は何席かシートをかぶせて
デッド席になってて、隣に誰もいなかったのもよかったわ。

大阪では、ステージサイドだったので、演者ははっきり見えても
ステージ全貌が見えてなかったんよ。名古屋では演者は小さかったけど
「こんなにすごい演出だったんだ」と感激。一大、スペクタルショー
ですね。凄腕の演出家を入れてるわ。全体の構成も隙がないし。
そして、アダムの歌は完璧でしたわ。
本当にうまいし、華がある。派手な衣裳も似合うこと!
いまだ、興奮さめやらぬ....という感じです。

帰りの姫路行き新幹線の同じ車両には、クイーンの
Tシャツを着た人やトートバッグをもった人がいっぱい。関西から、
名古屋まで観に来た人、いっぱい
いるんだなあとびっくりしました。名古屋から京都まで35分。
最後に乗った電車は終電ギリギリだったけど、何とか家に帰れました。
家から会社に行くより名古屋の方が近いという^^;


HAMA さん

HAMAさんも参戦しましたか!
そして名古屋も!追っかけ、いいっすね~~~!

調べたら私の母もブライアンと同い年でした。
そう考えるとますますブライアンすごい!って思う。
パーカッションは4年前の武道館公演はロジャーの息子くんだったけど、今回は息子くんは連れてこず。

>>アダムは3回ほど声が裏返る場面が

そうでしたか~~~
私が観たのは初日だったこともあり、アダムの声は絶好調な感じでした。
さすがに疲れかな~

確かにアダムよりポール・ロジャースのほうがいいという人もいますね。
私は断然アダム派だけど。
ロック魂よりも、妖艶さ・華やかさのほうを取る!
ポール・ロジャースの地味さが、クイーンにはちょっと違う気がするんだな~

もう名古屋公演は終わった頃かな?
きっと名古屋も感動のライブだったことでしょう!

私は京セラドーム大阪公演に行ってきました。
そして今日、名古屋ドーム公演に行きます^^
ステージ近くのスタンド席だったので、割と
近くで全員をしっかりと観ることができました。

ブライアンのギターとロジャーのドラムが映える
音作りに設定されていて、しかもふたりとも貫禄が
出ていて、想像以上に良かったです。

私も、ブライアンは私の母と変わらぬ年なのに、ずっと
出ずっぱりですごいなあと思ったわ。しかもプレイも
衰えを感じさせぬもので、時にメロディアスに鳴き、
時にブルージーに、時にヘヴィーにと、様々なフレーズを
奏で、さすがだなと感心。

でも、サイドだったからか、最初はパーカッションの
方の存在がわからず、ロジャーは70近いのに、力強い
ドラミングですごいなあと思っていたら、途中で
パーカッションの方が紹介されて、そうだったんだ
と^^;そして、息子さんもドラマーなので、
その方かなと思ったりもしてましたが、
クイーン公認のコピーバンドの方だったんですね!
しかし、やはり彼は歌もうまい。

アダムは3回ほど声が裏返る場面がありましたが
(疲れ?)、すばらしい歌唱力ですね。
往年のファンの中にはロック魂が感じられない、
ポールロジャースの方がよかったと仰せらる方も
いらっしゃるようですが、彼は彼の妖艶さでしっかりと
世界を作っててよかったと思います。
元ミュージックライフ誌の東郷かおる子さんも、
4年前はまだフレディを追っている感があったけど、今回は
それを超えて自分の歌をつくりあげていたと朝日新聞の
記事に書かれていました。

今日も楽しんでまいります^^


しましま さん

私が座ってた席のメリットは、照明の演出がすごくきれいに見えることですね。
確かに、アリーナの後ろはステージ見づらくてしょうがないでしょうね。
自分で座席は選べないから、こればっかりは運としか言いようがない。。

>>サポートのドラマーの人、プロパガンダというツアーもしたクイーン公認のコピーバンドの人

そうなんですか!
そんなクイーン愛に溢れたミュージシャンなら、安心して演奏を任せられますね。
おそらく「Dragon Attack」は、ロジャーが16ビートを刻めない(刻まない?)代わりに、彼が16を刻んで16ノリを出していると思います。

ロジャーは、ていうかブライアンもだけど、若さに執着せず、老いを受け入れて自然に任せている感じが素敵ですよね。
え、ブライアンの動きにおじいちゃん!?
ギタープレイはともかく、動きはやはり年相応なんですかね。
でも、そういうのがまた愛おしいんですよね~

枝龍さん

スタンド席の真ん中からはそれはそれで壮観な眺めですね!
アリーナの後ろの方はきっとステージは全く見えないんじゃないでしょうか。それでもライティングあのスタジオの中全部使ってましたから内部にいる意味はありますけど。

>>片手16(片手で16ビートを刻むスタイル)なのですが、ロジャーは8で刻んで

おおお!なるほど!っすが!!!
それはサポートのドラマーの人もそこは邪魔しないんですね。

>>今のロジャーのリアルなサウンドを聴かせてくれたらいい

それな!と納得することしきり!
4人のクイーンのアルバムの最後の2枚って所々に
年寄りのひとり言みたいな歌があって、
今から見たらその時のクイーンは今より全然若いんだけれど(笑)
若い頃と違う自分を全肯定してるロジャーの歌が大好きなんですよ。

(サポートのドラマーの人、プロパガンダというツアーもした
クイーン公認のコピーバンドの人なんですってね。
クイーン大好きで一緒にステージに立てることが嬉しくて仕方ないのが
顔に出ててすごく可愛かったです。)

ブライアンもギターの技は私にはわからないけど
動きにやはり「おじいちゃん」が入ってました。
けれど、そこがまた、すっとした過去の姿にはない魅力でした。



post a comment

url:
comment:
pass:
secret: 管理者にだけ表示を許可する