FC2ブログ
 海外ドラマ まとめ鑑賞
今年のお盆休みは、いつも以上に家でまったり過ごせました。
おかげで、手を付けるも最後まで観切れていなかった海外ドラマや、観ようと思いながら観れていなかった海外ドラマをまとめて鑑賞できて、スッキリ!
以下、お盆休みに観た作品紹介です。

■シリコンバレー
このドラマは、当グログですでに「面白い」と紹介済みなのですが(こちら)、シーズン3の途中まで観たところで進んでおらず、やっと、シーズン5まで観終わりました。
IT業界を舞台にした話で、ITのシステム的なことなど理解が難しい部分はあるものの、コメディでテンポよく進むので見やすく、あくまでもITビジネスにフォーカスし、主人公や周りのキャラ達の恋愛ネタがほとんどないのが新鮮。
シーズン6でシリーズ終了のようなのですが、アマゾンプライムではまだ配信されていないのがイラつきます…。


■プリーズ・ライク・ミー


ブサメン系ゲイ男子の主人公ジョシュの恋愛話を中心に、とほほな日常を描いた、オーストラリア産ラブコメディ。
このドラマはずいぶん前にNetflixで見つけてハマっていたのですが、最終シーズン、シーズン4のあと少しが観れておらず、やっと最後まで見届けました。
ジョシュの両親、友だちなど、周りのキャラが個性豊かで、そんな人たちの突拍子もない言動に振り回されながらも何とか自分の人生を切り開いていく姿を、ほんわか描いています。
ジョシュと恋愛関係になる男子が、皆かわいい!
そして、ジョシュは料理好きで、いつも美味しそうな料理やお菓子が出てくるのも見ていて楽しいです。

主演のジョシュ・トーマスは、このドラマの脚本・監督も手掛ける若き才能で、この後に紹介する『GIRLS/ガールズ』の主演レナ・ダナムも同じく脚本・監督までこなすマルチタレントで、さらに、ドラマが作られた年代や描いているテーマもテイストが似ていて、共通点が多いことが両方観て分かりました。


■GIRLS/ガールズ


このドラマが話題になっていたのは数年前で、当時観たくてしょうがなかったのですが、契約していない有料チャンネルだったため叶わず、今になってようやく、アマゾンプライムで観ました。
主人公ハンナを中心に、NYで暮らす4人の20代女子たちのままならない人生をコミカルに描いたラブコメディ。
NYが舞台の4人の女子物語といえば、『SATC』ですが、SATCのような“おしゃれ”感はなく、主人公のハンナは、一言でいうと“だらしない”感じ。
そして、若い彼女たちの恋愛中心のストーリーは、私には観ていて共感できる部分がほとんどなく、それなのに、観出すと止まらないのはなぜ?

何というか、今の私ぐらいの年代の日本の女性には、いや、ひょっとしたら私だけかもしれませんが、家庭菜園で育てた旬の野菜で手料理を作り、部屋には季節の花を飾り、コーヒー豆は手動ミルで挽き、毎日きれいに掃除して、天然素材の着心地のよい服で、一日一日を丁寧に暮らすのが「素敵」みたいな、“丁寧な暮らし”プレッシャーがあり、実際、そんな丁寧な暮らしなどできないのですが、ハンナのだらしなさを見ていると、丁寧でない自分を許し、楽な気分になれるからだと思います。
人生、だらしなくてもOK!

ところで、シーズン1から登場する、ハンナが振り回されるダメ男の恋人役がアダム・ドライバーで、アダムはこの役がきっかけでブレイクし、今やスター・ウォーズ・シリーズに抜擢されるハリウッドの大物俳優の一人に。
私はこのドラマで演じていた役どころと似た感じの役をやっていた、インディペンデント系映画『フランシス・ハ』、『ヤング・アダルト・ニューヨーク』などでアダムのことを知りましたが、今のアダムを見ると、精悍な顔立ちで、体型もシュッとして、ダメ男な雰囲気は何処へ?というほど、とてもいい感じに成長しています。
そんなアダムのダメ男の演技は、これは「素」なのではないかと思うほどナチュラルで、見ごたえあり。

まだ最終シーズンまで観れてませんが、最後まで見届ける予定です。
関連記事

<< Ring Ding Dong ついに…! | home | 最も快適な車両は… >>

comment

しましま さん

「暮しの手帳」好きの友人から音沙汰がなくなる…、いや、そうなるのは分かります(笑)
それでいいんだと思います。

「プリーズ・ライク・ミー」は、変なキャラの登場人物の描き方に愛があって癒されますね。
自分の変さと周り人たちの変さ、それぞれ受け入れられれば人生もっと生きやすくなるんでしょうね~

枝龍さん

>>丁寧に暮らすのが「素敵」

私はオタク生活をするために「生活に時間かけない」と決めてしばらくして「暮しの手帖」が好きだという遠方の友人から音沙汰がなくなりました(汗)
私のライフスタイルは20代のニューヨーカーだったとは(違う)

私は枝龍さんに教えて貰ったもう一つの方の「プリーズ・ライク・ミー」を見た時に、「家族や仲良い友人たちがみんな変なことばっかりしてる人でもいいんだ」と安心したことを思い出しました。

post a comment

url:
comment:
pass:
secret: 管理者にだけ表示を許可する