FC2ブログ
 The Worldship Humility


ここ最近、通勤時間に聴いているものといえば、もっぱらオーディブル。
オーディブルとは、小説などをプロのナレーターや俳優が朗読して聴かせてくれるコンテンツで、マイ・フェイヴァリット俳優、コリン・モーガンがきっかけで初めて存在を知りました。

音声で楽しむドラマといえば、ラジオドラマもコリンが出ているのを機に聴くようになりましたが、オーディブルはラジオドラマと違って、小説をまるまる一人で朗読するので、出てくる登場人物全員を一人で演じきるのがポイント。
今、聴いている『The Worldship Humility』という作品は、30人以上いる登場人物を、コリンがあらゆる声色、アクセントを駆使して、見事に演じ分けています。

当然、英語なので、内容は相変わらず雰囲気で理解しているだけですが(笑)、物語全部、どこを聴いてもコリン!コリン!コリン!
これは、ファンにはたまらないコンテンツです。

登場人物のキャラを踏まえたそれぞれの声の演出は、基本コリン自身が考えているそうで、中でも、主要人物の一人であるサム君(ハッカーでオタクでシャイでグッド・ルッキング、でも、本人はハンサムの自覚なし)は、コリンの素のアイリッシュ・アクセントで、コリンの素のしゃべりに極めて近い雰囲気なのがツボ!

他にも、ジェニーという太った赤毛女子(周りからいじめられている可哀想キャラ)の、か細くて消え入りそうな声色も可愛くて好きです。
さらに、コリンの出世作『魔術師マーリン』で演じた、お爺さんマーリンの声も登場し、ディープに楽しませてくれます。

そういえば、小説っていつから読んでないのだろうというぐらい、小説系は普段全く読まないのですが、オーディブルは、登場人物を自分の中で好き勝手に想像して楽しむという読書の醍醐味を思い出させてくれました。
関連記事

<< 野菜生活 | home | 効果てきめん! >>

comment

post a comment

url:
comment:
pass:
secret: 管理者にだけ表示を許可する