FC2ブログ
 オタク全開!ロンドンひとりっぷ ⑫
ロンドン最終日は、イーストエンドのホクストン方面へ映画『Benjamin』のロケ地巡りと、ショッピングなどを計画。

いつものように、朝6時過ぎにホテルのモーニングビュッフェへ行くと、なぜかこの時間帯から混んでいて、しかもアスリートっぽい人たちが多いのはいったい…?
と思ったら、ロンドン・マラソンの開催日だった!
こんな大きなイベントと旅行が重なるとは、想定外というか、コリン関連のスケジュールにばかり気を取られ、一般的なイベントはノー・チェックでした…。
とはいえ、自分は自分、予定を実行するのみです。

今回の旅行では、交通系アプリ、Citymapperが大活躍で、このアプリのおかげでバスも乗りこなすことが出来ました。
バスは、ロンドンの街並みを眺めながら移動できるし、歩く距離も節約できるし、地下鉄よりも楽しくて便利、そして安い!
ということで、バスで行けるところは積極的にバスを利用しました。

bus1.jpg
ホクストン方面行きのバス。2階席が無人のうちに撮影

ホクストンは、いわゆる下町的な雰囲気満載。
それにつけても、人が少ない!
日曜の朝に加え、私の目的地が観光地でもなんでもないところだからでしょうか。
街は閑散としています。

無事に目的を果たした後は、コロンビアロード・フラワーマーケットへ。

hoxton1.jpg

毎週日曜に開催している生花市で、こちらは人で賑わっています。
観光客は生花を買うわけにはいきませんが、充実したラインナップが羨ましい。
そして、この道沿いには雑貨屋さんが多く、雑貨好きにはおススメです。

teacup.jpg
お目当てのヴィンテージ・ショップ、ヴィンテージ・ヘヴンにて、ティーカップとお揃いのケーキ皿を購入。


hoxton2.jpg
ホクストンは、デザイナーやアーティストが多く住んでいる界隈らしく、壁画アートにたくさん出くわします。

フラワーマーケット周辺を散策した後は、気になっていたおしゃれキャフェへ向かうも、人気のお店なのか、行列ができていて断念。
しかたがないので、近場のコーヒーチェーン店、Caffè Nero(キャフェ・ネロ)で休むことに。
ちなみに、同じチェーン店系キャフェであれば、私はPret a Manger(プレタ・マンジェ)のほうが好き。

ホクストンは、どこへ行くにも結構な距離があり、歩きます。
でも、Citymapperのおかげで、方向音痴の私でもさして迷うことなく目的地にたどり着けました。
Citymapperは、ロンドン旅行になくてはならないアプリです!
ただし、頼りまくっているとスマホ電池の消耗が半端ないので、モバイルバッテリーは必須。

この後、ギルドホール音楽演劇学院へ行き、さらに、ディクソン・ホテルでお茶する予定が、Citymapperで検索してもナゾのルートしか出ず…。
そう、この日はロンドン・マラソンのため、道路が閉鎖されたりして、バスが思うように利用できないのでした!

バスで行きたかったディクソン・ホテルは、結局、地下鉄を使い現地まではるばる歩くも、ちょうどホテルの前を通る道がマラソン・コースで、向こう側に渡りたいのに渡れない!
目の前まで来ておきながら、あきらめざるを得ない虚しさ…。

marathon1.jpg
ロンドン・マラソンを見物るすこともそうそうないので、記念撮影

ランチも、ロンドン・マラソンによるイレギュラーな交通事情で、行きたかったベジタリアンのお店を断念。
代わりに、LEONというベジタリアンやヴィーガン・メニューのあるファスト・フード店へ。

leon.jpg
ヴィーガン・メニューのBrazilian Black Beanをオーダー

ロンドン旅行の間は、前回といい今回といい、ずっと体調がよく、それは、コリンのキラキラ・オーラを浴びまくったおかげもありますが、もっと実用的なところでいうと、食事ではないかと。
旅行中は、下手にアレルギーの鶏肉を摂取しないよう、機内食も含め、意識してベジタリアンやヴィーガン向けのメニューを食べるようにしていたのがよかったのだと思います。

というのも、女性はホルモンバランスの変化で起こる体調不良の改善策として、動物性脂肪を控えるとよいらしく、ベジタリアンやヴィーガン向けメニューはまさにうってつけなのです。
ロンドンでは、LEONのようなファスト・フード店もあるぐらい、手軽にこの手の料理が食べられるのが素晴らしい!

この後は、買い物しにベイカー・ストリートへ行くも、地下鉄が劇混みで3本ぐらい見送り。
そして、お目当ての商品は見つからず、疲れ果てて、The Natural Kitchenというおしゃれキャフェで休憩。

naturalkitchen.jpg

最終日は、ロンドン・マラソンで交通事情がままならず、余計な体力を使ってヘトヘトに…。
とはいえ、マラソン・コースに絡んでいなかったホクストン観光をこの日に持ってきたのは正解でした。
旅の計画がうまい具合にハマっていたので、よしとします。


毎日のように更新し続けてきたロンドン旅行記は、前回同様、またまた10回を超える長編シリーズになりました。
今回は、オタクならではの、かなりオリジナルな旅になったかと思います(笑)。

実は、コリンの舞台を超間近で観て、ステージドアも経験し、果たすべきことは果たしたので、自分の性格的にひょっとしたらこれを機に熱が冷めるのではないかと思ったりもしたのですが…、なんと、冷めていません!
これはヤバい!

3回目のロンドンひとりっぷは、果たしてあるのかないのか?
あるような気がします…。
最後までお付き合い下さった皆さま、ありがとうございました!
関連記事

<< スガシカオ TOUR 2019 at 福岡市民会館 ’19.5.12 | home | オタク全開!ロンドンひとりっぷ ⑪ 映画『Benjamin』ロケ地巡りなど >>

comment

HAMA さん

お母様の容態が心配です。
確かに、こんなときに旅行はちょっと出来ないね…。

でも、落ち着いたらぜひ行きましょう~
Cittymapper、まだダウンロードしていないなら今すぐダウンロードを!
これは本当に素晴らしいアプリだから!
それにしても、適当にバスに乗るなんて、私は怖くてできない~~~

ロンドンは、ベジタリアン向けの食事が私の口に合っていて、キャフェも色々あるし、やっぱり食事が合うと旅行は楽しいね!
一人でも安全だし(場所によるかもだけど)、店員さんもたいがい親切だよ!

ロンドン、やっぱりいいなあー。
今年こそ久々に行こう!と計画してたけど、
2月にころんで肋骨を折った母が、腰が痛い腰が
痛いというもので検査したら、背骨も圧迫骨折
してることがわかり手術するかも....ということで、
日本を出るわけにいかず断念です。
秋以降、もしくは来年こそは!
ロンドンでは大体の予感でバスに適当に乗り、
どこを走ってるかわからなくなり、適当に降りて、
最寄りの地下鉄駅からホテルに戻るというのを
2回くらしているわ^^;

しかし、初めてロンドンに行った25年ほど前は
コーヒーショップなんてほぼ見かけることなく、ごはんも
おいしくなかったけど、いつの間にかコーヒー
ショップの方が多くなり、食のレベルも上がって
いたわ。「ロンドンにうまいものなし」は、今や
昔の話やね。。

しましま さん

まさかのロンドン・マラソン!
日本でいう東京マラソンですよね~
ビッグイベントだけど、私はさして興味がないのでぶっちゃけ迷惑…(すみません!)

しましまさんは、アプリなしでもバス乗れる系ですか!
素晴らしいっ!しかも外国で!
私は日本国内でもバスはハードル高いです。

コロンビアフラワーマーケットは、花は買えないけど周りの雑貨屋さんが楽しいですね。
今回、どうしてもティーカップが欲しかったので、かわいいのがあってよかったです!

そう、しましまさんの言う通り、イギリスにあって日本にはないベジタリアン系のお店!
しかも、美味しいんですよね!
イギリスの料理は不味いという一般常識は古い!
しかし、日本にはなんでこれ系のお店がないのだろうか…?

ちなみに、鶏肉アレルギーはここ数年前から発症しました。
小さい頃、鶏肉が大好き過ぎて食べまくっていたから、キャパオーバーになったんだと思います…。
私のように大人になってからアレルギーになるケースもあるので、頭痛ももしかしたら何かのアレルギー反応?もしくはホルモンバランス?

買い物はですね~、英国フェアで買って美味しかったジャムとかハニーとかが欲しかったんですが、コンランショップに置いてある的なことが書いてあったのになかったんですよ~(涙)

ハハハハ
しましまさんの娘さんと私はタイプが同じかも?!
でも、冷めなかったんですよ~~
こっちに帰ってきてからも相変わらずコリンコリン言ってますので、まだ続きそうです(笑)

自己満足度120%、共感度0%の旅レポかと思いきや、楽しんでいただけて嬉しいです~
次はしましまさんですね!
きゃ~~~
楽しい旅を!そして、レポお待ちしてます~~

枝龍さん

ロンドンマラソンとは〜〜〜〜そりゃ想定外ですわね。
東京マラソンに夫が出た時、応援するのも大変でした。
向こう側へわたるのは地下通路がないと無理ですー

>>バスは、ロンドンの街並みを眺めながら移動できるし、歩く距離も節約できるし、地下鉄よりも楽しくて便利、そして安い!

ですね!
知らない土地でバスはハードルが高いものでしたが、アプリやった〜!!
私もバス大好きで、アプリなしでも外国で乗るんですが次のチャンスがあれば利用します!

コロンビアフラワーマーケットはホクストンなどイーストがおしゃれになって
大人気になったところです。ヴィンテージのカップ&ソーサー可愛い〜〜〜

>>ヴィーガン・メニューのあるファスト・フード店

イギリスにあって日本にないもの、それはベジタリアン系の店ですね。
旅行者にとっては体調管理は必須、利用しない手はないのですね、いいこと聞いた〜
でも、特に意識しなくてもどこにでもあるので肉って気分じゃない時に選べるのがいいです。
パブランチでも、大抵は肉、魚、ベジってチョイスになってるし、
あと日本だと炭水化物中心になりがちだけど、べジやヴィーガンは豆もメインだし
パンやライスもブラウンで栄養価が高い。

>>アレルギーの鶏肉

そうなんですか?!あまり私の周りでは聞いたことがありません。
それだとベジ必須ですね。私、ちょくちょ頭痛になるのですが、
もしや何かのアレルギーがあるのかな。。。

>>買い物しにベイカー・ストリート

おめあてはなんだったのでしょう。

>>果たすべきことは果たしたので、自分の性格的にひょっとしたらこれを機に熱が冷めるのでは

あははは!いる!そういう人!私の娘。目的を失うというか。

>>オタクならではの、かなりオリジナルな旅

お疲れ様でした。レポ楽しかったです。ありがとうございました。

post a comment

url:
comment:
pass:
secret: 管理者にだけ表示を許可する