fc2ブログ
 ブッキングドットコムにハラハラ
会社の勤続年数の節目節目にもらえるリフレッシュ休暇を利用して、来週からイギリスへ旅立ちます。
2020年にコリン・モーガンの舞台『A Number』を観にロンドンへ行って以来、4年振りのイギリス旅行です。

今回はいつもの観劇目的ではなく、純粋な観光旅行となる予定。
というのも、リフレッシュ休暇は利用期間が昨年4月から今年の3月末までとなっていて、その間にコリンの舞台が入ってこないか待ち続けていたのですが、どうやらなさそうなので…。
タイミング的にここしかないなと決めました。

行くと決めたら即行動しないと気が済まないせっかちな私は、早々に航空券とホテルを予約。
ロンドンのホテル予約はいつもブッキングドットコムを利用していて、今回もそうしたわけですが、ここ最近ブッキングドットコムは何かと怪しいニュースを耳にしていたので、微妙に不安がつきまとっていました。

すると、出発まで1週間を切るギリギリの段階で、ブッキングドットコムから「お客様のクレジットカードが無効として報告されました」とのメールが!
ホテル側から「取引が却下された」との報告を受けたため、クレジットカードの情報を更新しなければホテル側が予約をキャンセルする場合もあるとの内容で、カード情報を更新するためのリンク付きのメールが届いたのです!

こ、これは…!
ここからリンク先に飛んでカード情報を入力したらその情報を抜き取られて悪用される、フィッシングメールってやつでは??
と恐ろしくなり、ネットで検索すると、出るわ出るわ、ブッキングドットコムからその手のメールが来たとの被害情報が!

フィッシングメールっぽいけど、でももしそうでなかったとしたら、このまま放置しておくと予約がキャンセルされて、現地で宿無しということにもなりかねず、それは困る、めちゃくちゃ困るし!

ということで、ここは落ち着いて対処せねばと、登録のカードは普段からちゃんと使えて何も問題ないことは分かっているので、ひとまずカード会社に電話。
事情を説明し、確認してもらったら、確かにホテルからの引き落としを却下している履歴あり。

引き落とし額はちょうど1泊分ぐらいの金額で、ホテル側がカードの有効性を確認するために行う事前承認のやり取りで間違いなさそうな感じ?!
たぶん、変な時間(日本時間の早朝5時ぐらい)に、しかもポンドでそれなりの額が引き落とされようとしたため、カードのセキュリティ機能が働いたのではないかと思われ、まだ不安はありつつも、とりあえずカードのセキュリティを解除してもらうことに。

念のため、ホテル側にカードのセキュリティを解除した旨メッセージ送信したところ、ほどなくして、改めてホテル側から1泊分の料金が引き落とされ、さらに、ホテルの規約で事前承認としてそうするようになっているとのメッセージが届きました。

ブッキングドットコムなだけに焦りまくりましたが、だぶんこの件は怪しいものではなかったもよう。
後は現地に着いて、無事に部屋が確保されていることを願うばかりです。

| home |