fc2ブログ
 浮気なママル(Mammals)


お待ちかね、コリン・モーガン出演のAmazonプライム・オリジナル・ドラマ・シリーズ『浮気なママル(Mammals)』を観ました。

ミシュランの星を獲得したシェフの主人公ジェイミー(ジェームズ・コーデン)と、その妻アマンディーヌ(メリア・クライリング)の結婚生活が、ある出来事を機にどんどん怪しくなっていく様をブラックなユーモアを交えつつ、貞操を守るという結婚の誓いを遵守することはいかに難しいかを問いかけるドラマ。

コリンは、ジェイミーの姉ルーの夫ジェフ役で、さらにジェフはジェイミーとは親友という間柄。
そして、ネタバレになるので詳しくは書けないけれど、この作品の大きなカギを握るキャラクターを演じています。

ジェフもなかなか複雑なキャラで、色々と悩んでいる様子がうかがえます。
原因は「お酒」であることは間違いなさそうですが、30分全6話では描き切れていません!
ガーデニングをする園芸コリンと、クラブでハイになる上げ上げコリンと、自転車を漕ぐ自転車コリンが観られたのは新鮮でよかったけれど。

さらに、主人公ジェイミーがシェフという役どころも、料理系作品好きとしてはナイスな要素。
ジェイミーが独立する前、著名なシェフの元で働いていたときのパワハラ・シーンは、実際の料理人業界「あるある」で、というのは、Netflixの『シェフのテーブル』を見て知った事実です。

ところで、このドラマの『浮気なママル』という邦題は、最初見たときはちょっと違和感というか微妙なセンスに感じたものですが、ドラマを観終わってみるとそうでもないかもと思い直しました。
Mammals(哺乳類という意味)は、日本人には耳なじみのない英語なので、原題のままだと何の話か分かりづらいのは確か。
とはいえ、コリンファンと話すときは「ママルズ」と言うだろうけど(笑)。

案の定、あっという間に観終わったこのドラマ。
ジェフの掘り下げはもちろん、ジェフとルーの結婚に至るいきさつも知りたいし、何より続きが気になってしょうがない終わり方。
シーズン2が待ち遠しいっ!

| home |