fc2ブログ
 Everlasting Love 聴き比べ
映画『ベルファスト』のテーマソングともいえる楽曲「Everlasting Love」。
予告編で初めて耳にした時、すごく好みの曲だったのと同時に、どこかで聴いたことある(!)と思い、記憶の箱を引っ掻き回したら、出てきました。

私がこの曲を初めて知ったのは、イギリスのジャズ・シンガー、ジェイミー・カラムのバージョンでした。
映画『ブリジット・ジョーンズの日記』の続編で、ジェイミー・カラムの「Everlasting Love」が使われており、てっきりジェイミーのオリジナルとばかり思っていたら、今回『ベルファスト』のバージョンを知り、カバーだったと分かりビックリ。

さらに調べると、ジェイミー・ドーナンが見事な歌声を披露している『ベルファスト』バージョンは、ラヴ・アフェアーというイギリスのバンドがカバーしたのが元ネタと思われ、本当のオリジナルは、1967年にロバート・ナイトというアメリカのシンガーが歌ったものでした。

カバーから入り、後でオリジナルを知ったわけですが、このように色んな人にカバーされ長く愛されている楽曲は、やはりオリジナルが素晴らしいです。
他のもいくつか聴いてみましたが、私の好みは、オリジナル(ロバート・ナイト)、ラヴ・アフェアーのカバー、ジェイミー・カラムのカバーです。

◆オリジナル(ロバート・ナイト)
モータウンなサウンドがとにかく好み!



◆ラヴ・アフェアー
リズムはモータウンだけど、ロック寄りな“8”なノリもまた良し!



◆ジェイミー・カラム
完全にジェイミー色に染まった、オリジナルとはガラリと雰囲気の違うジャジーでオシャレなサウンド!



ところで、映画『ベルファスト』の本編を観るまで、この歌のシーンはいったいどういう展開でこの歌なのか気になっていたのですが、お葬式でのシーンでした。
プロテスタントのお葬式は、こんな風に賑やかにして故人を送るしきたりなのですね。

| home |