fc2ブログ
 Belfast トレイラー


コリン・モーガン出演、ケネス・ブラナー監督の最新作『Belfast』のトレイラーが公開されました!

北アイルランド・ベルファストで幼少期を過ごしたケネス・ブラナー自身の体験が色濃く反映されたこの作品は、1969年のベルファストを舞台に、少年バディの目線で描く、バディ・ファミリーと当時の社会情勢などを織り交ぜたヒューマンドラマと思われます。

トレイラーを観て、いきなり登場する「H&W」と書かれた黄色い巨大クレーンに、さっそく反応。
というのも、少し前に、ベルファストが舞台ということで気になって観てみた英国刑事ドラマ『ブランニック警部~非情の大地~』に、この黄色いクレーンが登場していたからです。

ウィキペディア情報によると、H&W(Harland & Wolff)は、ベルファストの有名な造船会社で、タイタニック号を作ったのがこの会社なのだとか。
『ブランニック警部』では、北アイルランド紛争(カトリックとプロテスタントの争い)絡みの事件を描いていて、そのカギを握る場所として描かれていました。
そのあたりの事情に全く詳しくないのでよく分かりませんが、ここは北アイルランド紛争を象徴するスポットの一つなのでしょうか?

ちなみに『ブランニック警部』は、その事情に詳しくなくても、物語の展開が「マジか!」とビックリ仰天の仕掛けで、最後まで見届けることができます。
とても恐ろしいお話でした。

話題が逸れましたが、期待大のコリンは、トレイラーではほんの一瞬だけ登場!
コリンファンに向け、コリンは間違いなく出てますよとアピールするためのブラナー監督のサービス?!

それはさておき、注目は、コリンの役どころ。
この様子から察するに、何だか冷血で嫌なヤツっぽい、悪役なのではと想像します。
ついにコリンが悪役を演じるのか!?

そして、コリンの前髪が、珍しく左分けです。
役柄によって髪型も様々なコリンですが、前髪の左分けはあまりなく、調べたところ、
・レジェンド
・All My Sons
そして今回の『Belfast』になります。

私の勝手な想像ですが、コリンの前髪は、映画『Benjamin』に代表される「厚め」前髪が基本形で、このスタイルは明確な分け目は無いと言えども、右から左に流すことが多いです。
そして、しっかり分け目の時も、『The Living And The Dead』のように、右分けのほうが多いので、左分けコリンは貴重です。

トロント映画祭の前に、アメリカ・コロラド州で開催中のテルライド映画祭にも出品しており、そこでの上映レビューは上々の『Belfast』。
日本公開の可能性が高まります!

| home |