fc2ブログ
 Merlin at 10 翻訳 ⑨
今回のテーマは、シリーズの終了について。
マーリンが5シーズンで終わったことを残念に思う気持ちや、もっと続けてほしいと願う気持ちは、私自身にはないのですが、でも、関係者たちのコメントを読むと、ちょっぴり切なくなるのはなぜ?


◆Saying goodbye

In the end, after five series and 65 episodes Merlin drew to a close in 2013 – and according to both the cast and crew, the end of Merlin had been written from day one.
5シーズン、65エピソードをもって、2013年にマーリンは終了したが、キャストとクルーによると、マーリン最終話は、初日から書き上げられていた。

Julian Murphy: I’m not saying I’m often in that place, but from the start we saw it running five series, and we always thought it would end pretty much where we ended. We always at the end believed we’d get to the Morte D’Arthur.
ジュリアン・マーフィー:実は、始まった時から5シーズンを想定していました、そして、常に、我々が終わりと思うところでだいたい終わるだろうと考えていました。
いつも、最後は『Morte D’Arthur(アーサー王の死)』に辿り着くと信じていました。

Johnny Capps: We knew that the final moment of season five would be the death of Arthur, and Merlin throwing the sword into the lake. We knew that was the end point of the series.
ジョニー・キャプス:我々は、シーズン5の最後は、アーサーが死に、マーリンが剣を湖に投げ入れると分かっていました。
それがこのシリーズの終点であることは分かっていたのです。

JM: Unless you’re Doctor Who, which is rare and lucky, endings are important. You have to pay off those characters and their journey in some way. We really didn’t want to see the spin-off series of so-and so’s life. it just isn’t right, and it so rarely works.
JM:『ドクター・フー』でない限り、あれは珍しくてラッキーな作品です、エンディングは重要です。
何らかのやり方で、キャラクターと、彼らの辿ってきた道に報いる必要があります。
我々は、誰それのその後の人生といったスピンオフは見たくありませんでした。
それは間違っているし、うまくいくことは稀です。

Anthony Head: There wasn’t a point where I went ‘awwww’ – because I’d always known that it was going to happen. It was such a lovely crew, and such a lovely shoot – apart from the rain. It was a nice place of work. Everybody was invested.
You didn’t feel at any point anybody was just doing work because they had to. Everybody was hugely invested in it. Johnny and Julian as producers were really hands on, which was lovely.

アンソニー・ヘッド:「あ~~~~」と声を上げることはなかったです、そうなることは常に分かっていましたから。
とても素敵なクルーで、素敵な撮影でした、雨を除けば。
いい仕事場で、皆が注力していました。
必要に迫られて仕事をしているだけという人は誰もいませんでした。
皆が熱心に取り組みました。
プロデューサーのジョニーとジュリアンは現場で熱心に指揮を執り、素晴らしかったです。

Richard Wilson: I think I haven’t missed it. I enjoyed it, but I thought five years is quite enough.
リチャード・ウィルソン:寂しくはなかったです。とても楽しんだし、でも、5年で十分だと思いました。

Bradley James: They got us early on. We were young, fresh idiots out of drama school and they were like ‘Right, you’re signing up for five years.’ That was great both at the time and even more in hindsight, to create that bubble for us.
ブラッドリー・ジェームズ:彼らは我々を早い段階で起用しました。
我々は若くて、ドラマスクールを出たての新人なのに、「よし、5年契約だ」と。
当時もその後も、このバブルの創造は、我々にとってすごいことでした。

And then we started the beginning of that fifth year, and the question got put to myself and Colin as to whether we’d consider doing more. I can’t speak for Colin, but I certainly felt like the passion was not there across the board to go on and do more.
そして、我々は5年目に突入したとき、僕とコリンに、もっと続けたいかと質問が投げかけられました。
コリンはどうだったのかは言えませんが、僕は、これ以上続ける情熱が全体的に足りてないと感じました。

When the question came we were probably both ready to go. I mean again, I won’t speak for someone else, but I was ready to take the chain mail off.
その質問が来たとき、おそらく我々は二人とも準備はできていました。
他の人のことは言えませんが、僕は、鎖かたびらを脱ぐ準備は出来ていました。

続く…

| home |