fc2ブログ
 Merlin at 10 翻訳 ⑧
今回のテーマは、難しかったことについて。
関係者の立場によって、その困難は多岐に渡ります。
ここでは、ケイティ姐さんがコリンのことを絶賛しています!


◆The difficult days

Though of course, even outside the brutal scheduling there were more challenging aspects to making Merlin a success.
もちろん、過酷なスケジュールの他にも、マーリンを成功させるための、より困難な一面があった。

Julian Murphy: I think the challenge with any family show is to make it work for the adults. You’ve got to want the mum and dad to be sitting down as much as the kid. And getting a show to work well on both those levels is genuinely difficult – it really is.
ジュリアン・マーフィー:どんなファミリー向け番組でも、課題は、大人にも気に入られることです。
その子供の母親や父親にも、同じように座って見てもらいたいのです。
両方に対してうまく機能する番組を作るのは、純粋に難しいです、とても。

When you make a show that’s successful, there’s a slight pressure always to do the same thing again. And I think it’s really important that you don’t, that you change it and make it grow. Each year we did sit down and say we’ve got to take this further, and we have to take this to a different place.
成功している番組を作る時、毎回また同じことをしなければならないという若干のプレッシャーがあります。
重要なのは、そうしない、それを変化させ、成長させることだと思います。
毎年、我々は腰を下ろして言いました、我々はより進化させ、違う場所に持って行かなければならないと。

And that’s part of the reason it got darker. We were consciously pushing it to new places. Because otherwise I think you start trotting out a formula very very quickly, and a modern audience spots that formula just as quickly.
だんだん暗くなっていった理由の一つはそれです。
我々は、意識的に新しい場所へ押し出していました。
そうしないと、得意の型をさっそく披露し、今どきの観客はその型をすぐに見抜いてしまうからです。

Richard Wilson: I was partly an assistant director at Sheffield then, so I was going from Cardiff to France, to Sheffield, to London. Which is rather a lot of travelling! I was lucky, being a senior member, that I got driven from London to Cardiff, and back. I think the others had to get the train.
リチャード・ウィルソン:当時、私はシェフィールドで一部アシスタント・ディレクターをやっていて、カーディフからフランス、シェフィールド、ロンドンに行っていました。
かなりの移動距離です。
私はラッキーにも年長メンバーだったので、ロンドンからカーディフは車で往復しました。
他のメンバーは電車で移動しなければならなかったようです。

Katie McGrath: If you had a shadow of a doubt about what you were doing – and there were days where you did, because you’re human – it made your job much harder. You had to buy into it completely or it didn’t make sense. You had to just drink the Kool-aid and go with it.
ケイティ・マクグラス:自分のしていることに疑問を抱くと、人間なので、そういう日々もありました、そうすると、自分の仕事はやり辛くなりました。
完全に信じなければ、意味を成さなかったのです。
無理やり信じてやるしかありませんでした。

Bradley and Colin were both amazing at it, I have to say, of completely believing and buying into everything that they did. Bradley was Prince Arthur, and then King Arthur. By the end of it I wasn’t sure where one ended and one began. And Colin obviously is possibly one of the best actors of our generation, and he made everything look easy.
ブラッドリーとコリンは、二人とも、自分のやることを完全に信じ、受け入れるという点において、とても素晴らしかったと言わざるを得ません。
ブラッドリーは、アーサー王子からアーサー王になりました。
最後まで、どこまでが王子でどこからが王なのか分かりませんでした。
そして、コリンは、間違いなく、我々世代のおそらく最高の俳優の一人で、彼は何でも簡単にやってのけました。

続く…

| home |