fc2ブログ
 Merlin at 10 翻訳 ⑦
今回のテーマは、今も記憶に残る、良き思い出について。
エグゼクティブ・プロデューサーの二人が特に思い入れのあるエピソードとして、シーズン2の最終話を挙げています。
それを受けて、改めて見直したのですが、ピュアピュア・ハートなマーリンに心揺さぶられまくりで号泣!
そして、ここでも、ガイアス役のリチャード・ウィルソンは、コリンをべた褒めです!


◆Favourite moments

While there were highs and lows throughout the five-year shoot, everyone involved still has fond memories of their time working on the series.
5年に及ぶ撮影は山あり谷ありだったが、関係者全員、このシリーズに関わったことに、いまだ思い入れがある。

Julian Murphy: I think there’s a couple of episodes that I think we feel were very strong. I think The Last Dragonlord episode [at the end of series two] where John Lynch first appears as Colin’s father was a very moving and powerful episode.
ジュリアン・マーフィー:いくつかのエピソードは、とても強い気持ちがあったと思います。
ジョン・リンチがコリンの父親役として初めて登場した、「The Last Dragonlord(シーズン2のラストエピソード)」は、とても感動的でパワフルなエピソードでした。

Johnny Capps: I agree with Julian, that was really good fun. That was going to be an opening episode for series three but it became a final episode. And it was just such a strong idea but we realised it wasn’t a good episode one, it was a really good episode 13. And then we had something to work to quite definitively.
I also loved all of the iconic episodes – I liked when we had fun with the legend.

ジョニー・キャプス:ジュリアンに同意します、あれは本当に楽しかったです。
当初はシーズン3のオープニング・エピソードにする予定だったのですが、最終エピソードになりました。
強い閃きがあり、エピソード1ではない、エピソード13こそが相応しいと気付いたのです。
そして、我々は決定的な仕事ができました。
私はまた、全ての象徴的なエピソードが気に入っています、伝説を楽しむときが好きでした。

JM: I think we’re all quite proud of the way we did the sword in the stone. Because we felt a real pressure to find an original way of doing it – and it’s not easy. So I think that episode stands out too.
JM:我々は皆、「The Sword in the Stone」でやったことに自信を持っています。
我々は独自の表現を見出すことにとてもプレッシャーを感じていて、実際、簡単ではなかったです。
なので、あのエピソードも際立っていると思っています。
※「The Sword in the Stone」は、シーズン4の12、13話

Anthony Head: I remember there was one instance where Katie and I, Morgana, we were supposed to be having a horse race across this open field.
But the truck with all the horses’ food was at the top of the hill, and every time she overtook me she’d start to veer off sideways towards the hill, because the horse was going back to eat. It was so funny!

アンソニー・ヘッド:私は、モルガーナと私が馬に乗って野原で競争する場面を思い出します。
実は、馬のエサを積んだトラックが丘の上にあり、毎回、彼女は私を追い抜いて丘に向かって横に逸れていきました、その馬がエサを食べに戻っていたからです。
あれはとても面白かったです。

Bradley James: The big transition for me was when the knights turned up. I’ve always had a group of guy mates, and felt most comfortable in those surroundings. And as soon as I got a five-a-side football team’ worth of knights around me I thought ‘Oh, this is a laugh.’
ブラッドリー・ジェームズ:僕にとって大きな転機となったのは、騎士たちが現れたときです。
僕はいつも男友だちのグループがいて、そういう環境が一番心地よく感じるのです。
僕を囲む、騎士たちの5人制フットボールチームを手にして、すぐに思いました、「これは笑える」と。

All of a sudden I was given this set of mates who I got to run around in a forest with and swing swords around. Not that it was bad before, just that it made things much more enjoyable when the knights turned up, and it got into a more familiar setting for me – I’ve always had big groups of guy mates.
突然、一緒に森を駆け回って剣を振り回す仲間が僕に与えられました。
前が良くなかったわけではなく、ただ、騎士たちが現れたことで物事がもっと楽しくなり、自分にとって、より身近な設定になりました、僕はいつも大勢の男友だちといたので。

Richard Wilson: Most of my work was with Colin, because we were together in the writing. But he was just wonderful to work with. Very good.
リチャード・ウィルソン:私のほとんどの仕事はコリンと一緒でした、我々は作品の中で一緒に書かれていたので。
でも、彼はとにかく素晴らしかったです。とても良かったです。

続く…

| home |