fc2ブログ
 Merlin at 10 翻訳 ⑥
今回のテーマは、ゲストスターについて。
豪華ラインナップのゲスト出演陣の中でも、チャールズ・ダンス(シーズン2-7「The Witchfinder」に出演)は格別だったようです。


◆The guest stars  

Over the years Merlin had a truly impressive roster of guest stars, with the likes of Charles Dance, Michelle Ryan, Liam Cunningham, Emilia Fox, Adrian Lester, Asa Butterfield, Sarah Parish and John Lynch all cropping up to lend their skills to an episode or two. Apparently, Merlin offered a unique opportunity…
5年以上に渡り、マーリンには、実に印象的なゲストスターが登場した。
チャールズ・ダンス、ミシェル・ライアン、リアム・カニンガム、エミリア・フォックス、エイドリアン・レスター、エイサ・バターフィールド、サラ・パリッシュ、ジョン・リンチなど、1つまたは2つのエピソードで、それぞれが現れては彼らのスキルを差し出した。
マーリンはユニークな機会を提供したようだ…

Julian Murphy: A lot of actors like guest parts, because they don’t take too long but they can be very satisfying and challenging parts. So that always helps you. Many of those actors had children and families who loved the show, and once we’d made one series it was very easy for us to get these people.
ジュリアン・マーフィー:多くの俳優はゲスト出演を好みます、それは、長く拘束されることなく、でも、とても満足のいく、やりがいのあるパートが出来るからです。
なので、いつも助けになる存在です。
彼らの多くは、子供や家族がいて、この番組を気に入ってくれていましたし、1シーズンやってしまえば、こういう人たちを呼ぶのはとても簡単でした。

Katie McGrath: In a way it was quite nice that I was bit a clueless back then, because then I wasn’t that daunted or scared by these legends coming on set. Except for Charles Dance, that man had the most amazing screen presence and freaked me out every time he was on screen. He’s incredible, but acting with him! Oh God.
ケイティ・マクグラス:ある意味では、当時は無知だったことが逆に良かったです、と言うのも、偉大な人たちがセットに来ることに対して、気後れしたり恐れたりしなかったので。チャールズ・ダンスを除いては。
彼は、驚くべき存在感で、彼がスクリーンに登場する度に私を熱狂させました。
信じられないです、そんな彼と演技をするなんて!

My default when I’m nervous is to start laughing, so there’s a whole scene with me and him where they couldn’t use anything because I’d just keep giggling in the middle of it. He’s just got such presence when you meet him. If you think how much it is onscreen, in person it’s insane.
私は緊張すると笑い出すのがデフォルトで、私と彼のシーンの全てで、私がずっと笑っていたために何も使えないことがありました。
彼に会うと、その存在感がすごいです。
スクリーンの上でどれだけすごいかと思うと、実物はもう、ありえないです。

Bradley James: Charles has had to put up with me on numerous occasions. I definitely count myself lucky with the people who did come in.
ブラッドリー・ジェームズ:チャールズは、多くの場面において僕に我慢しなければなりませんでした。
僕はそんな方たちと共演できて、本当にラッキーです。

Anthony Head: I remember all of them, I remember Charlie. The thing was, if you’re offered a guest role it’s got to be meaty, it’s got to have something to play. And it always did. They always had, it wasn’t just obvious, they weren’t just here for such and such a reason.
All the characters always had levels. And it was fascinating because of that.

アンソニー・ヘッド:私は、彼らを全て覚えていますし、チャーリーも覚えています。
ゲスト出演を依頼されるということは、それは充実した内容でなければならないし、演じなければならない何かがあるということです。
そして、いつもそうでした。
全てのキャラクターには、いつも水準がありました。
そして、それが魅力的な理由でした。

続く…

| home |