fc2ブログ
 Merlin at 10 翻訳 ④
今回のテーマは、マーリン人気について。
マーリンがこれほどまでに人気作品となった背景には何があったのか、関係者側の証言から探ります。


◆Getting into the groove

The day-to-day realities of filming Merlin – a series which over its five years featured dragons, undead Knights, trolls, Questing Beasts and all manner of malign sorcerors – were a unique challenge, especially considering the sheer level of special effects required.
But even in the early days, there was a sense that they were making something special.

5年以上に渡り、ドラゴン、不死の騎士、トロール、唸る獣、あらゆる悪の魔術師などを取り上げてきた、マーリンの撮影における日々の現実は、特に必要な特殊効果のとてつもないレベルを考えると、ユニークな挑戦だった。
しかし、当初から、彼らは特別なものを作っているという感覚があった。

Katie McGrath: There was such a suspension of disbelief on a day-to-day basis. You know, you are now talking to a dragon, but the dragon is a tennis ball with the AD voicing him. And if you didn’t believe it no-one watching would either, so you just had to go with it.
ケイティ・マクグラス:いわゆる不信の停止状態が日常的にありました。
あなたは、今、ドラゴンと話しています、しかし、ドラゴンはADが声を当てているテニスボールです、みたいな。
自分がそれを信じられなければ、見ている人も同じくそうなので、ただやるしかないのです。

Bradley James: There was a lot of buzz around it, even though the first sort of scenes were just bits and pieces. There was a lot of buzz from everyone involved.
And at the time I just assumed this was normal, this was how it works when you get onto a new project and everyone’s feeling like that. With hindsight my experiences since have taught me it’s not always like that.

ブラッドリー・ジェームズ:最初のシーンは断片的だったにも関わらず、周りでは大きな興奮がありました。
全ての関係者から興奮が伝わりました。
当時は、僕はこれが普通だと思い込んでいました、新しいプロジェクトに参加したときは、皆がそのように感じるものだと。
経験を積んだ今思うと、常にこんな感じというわけではありません。

Anthony Head: I do remember walking across the square of Pierrefonds in costume, and you could feel your cloak sort of catching the wind behind you, and you couldn’t help but strut your stuff.
Because it was just, you felt so cool! It was like dressing up, like a little boy.

アンソニー・ヘッド:衣装を着てピエールフォンの広場を歩いていたら、後ろからマントが風を受けたのを感じて、かっこよく見せたい気持ちが抑えられなかったのを私は覚えています。
とにかく、すごくクールだと感じたのです!ドレスアップした少年みたいな気分でした。

Richard Wilson: Playing Gauis was quite good fun. We had a whole team of writers – and I don’t remember their names now, but some of them were brilliant, and some were not quite so brilliant.
And of course it was such a long time ago and I’m so old now that I forget things. I can’t remember which were the better ones. And we had some very good directors.

リチャード・ウィルソン:ガイアスを演じるのは、かなり楽しかったです。
我々は作家のチームを持っていて、彼らの名前は今となっては思い出せませんが、素晴らしい人もいれば、そうでもない人もいました。
もちろん、随分昔のことで、私も年を取っているので色々忘れています。
どれがよかったのかは思い出せません。あと、何人かのとても良い監督がいました。

Colin Morgan: It was the best cast of actors I could have ever hoped to work with, with a supportive crew working so hard and with such skill and spirit.
And of course all the amazing support we received and continue to receive from fans of the show old and new made it among the most enjoyable [years] of my career to date.

コリン・モーガン:一緒に仕事をしたいと望む最高の俳優陣に、高いスキルとスピリットを持って懸命に働く協力的なクルーでした。
そして、もちろん、我々が受けた、今も引き続き受けている新旧ファンの皆さんの素晴らしいサポートのおかげで、自分のキャリアにおいて最も楽しい年月を過ごすことができました。

続く…

| home |