fc2ブログ
 Merlin at 10 翻訳 ①
まだまだ続く、コリン翻訳。
今回は、コリン・モーガンの代名詞であるTVドラマ『マーリン(魔術師マーリン)』が、2018年9月20日にめでたく放送開始から10年を迎え、その節目を記念して、イギリスのエンタメ情報サイト「RadioTimes」が企画したマーリン記事の翻訳にチャレンジします。
(元ネタは→こちら

出演俳優やプロデューサーなど、番組関係者から聞き出した当時の色んなエピソードをまとめ、あらゆる角度からマーリンを深掘りしたこちらの記事。
主役のコリンのコメントは実は少なくて、しかも、いかにも優等生的なありきたりな発言しかしていないのですが、今まで訳したコリン本人のインタビューと違って、他の俳優や関係者からコリンの話が聞けるのがポイント!

この記事を読むと、マーリンという作品の素晴らしさを改めて実感し、またマーリンが見たくなること受け合い!
とはいえ、コリンファンならこの記事を読まなくてもマーリンは今でもリピっているかとは思いますが(笑)。

とにかく、とても充実した内容でかなりの長文なので、相当長くなりそうです。
ボチボチやっていきたいと思います。


Merlin at 10: The cast and creatives on how they made the BBC’s boy-wizard drama
マーリン10年、キャストとクリエイターが語る、BBCの少年魔法使いドラマの制作秘話

A decade after its first episode aired, we talk to the cast and crew of the BBC fantasy series for a behind-the-scenes look at how it was made – and why the story of the young wizard isn’t quite over for some people…
第1話のオンエアから10年、BBCファンタジー・シリーズのキャストとクルーによる制作の舞台裏、そして、若い魔法使いの物語が、ある人々にとってまだ終わっていないその理由とは…

On an ordinary evening on Saturday 20 September 2008, fantasy drama series Merlin began its BBC1 run as a stand-in for Doctor Who’s slot – but over the next five years it carved its own niche in the television landscape.
2008年9月20日、ごく普通の夜、BBC1でファンタジー・ドラマ『マーリン』が、『ドクター・フー』に代わり放送を開始し、その後、5年を超えてテレビ業界に独自の境地を切り開いた。

Delivering a new take on the Arthurian legend based around an adolescent Merlin (Colin Morgan) befriending and protecting a pre-throne King Arthur (Bradley James), the drama ran for five series of 13 episodes, attracted millions of viewers and was screened around the world in hundreds of countries.
未成年のマーリン(コリン・モーガン)が、王になる前のアーサー王(ブラッドリー・ジェームズ)の友となり守護となる新解釈のアーサー王伝説は、各13エピソード、5シーズンにかけて、何百万もの視聴者を魅了し、100を超える国で放送された。

Even today, new fans keep discovering the series (just search through twitter) via streaming services and repeats – so to mark the anniversary, we caught up with some of the cast and creatives to find out what exactly went into making Merlin so magical, from the very earliest scripts to the last days of Camelot and all the incantations, venerable guest stars and difficult filming days in between.
今もなお、ストリーミングサービスや再放送を通じて新たなファンを発掘し続けているこのシリーズ(ツイッターで検索を)の記念日に、キャストとクリエイターに話を聞き、初期の脚本からキャメロットの最後の日まで、さらに、全ての呪文、偉大なゲストスターたち、困難な撮影の日々など、マーリンがこれほどまでにマジカルになった理由を探る。

As it turns out, there were more than a few challenges getting Merlin out into the world…
蓋を開けてみると、マーリンが世に出るには、いくつもの課題があった…

Note: Angel Coulby, who played Guinevere, was unavailable to be interviewed for this piece.
注意:グエネヴィア役のエンジェル・コールビーのインタビューはありません。


◆Getting started

With Doctor Who paving the way followed by Robin Hood, there was room for another family-aimed TV drama to hit the BBC on weekends – and in 2007, Julian Murphy and Johnny Capps (with fellow creators Julian Jones and Jake Michie) were keen to take up the challenge.
『ドクター・フー』から『ロビン・フッド』に続く放送の流れを受け、週末のBBCに、他にもファミリー向けテレビドラマの入る余地があると、2007年、ジュリアン・マーフィーとジョニー・キャプスは(仲間のジュリアン・ジョーンズとJake Michieとともに)この挑戦に乗り出した。

Julian Murphy, co-creator and executive producer: It all began in a restaurant on Kensington Church street, where I had lunch with the writer Jake Michie. And the pitch I gave him was very simple – It was ‘I’d like to do the Arthurian story, but as an origin story in the same way that the Superman story had been done in [US TV series] Smallville.’ And I think from there, it evolved.
ジュリアン・マーフィー(共同制作者兼エグゼクティブ・プロデューサー):
全ては、ケンジントン・チャーチ・ストリートにあるレストランで始まりました、そこで私とライターのJake Michieはランチを食べました。
私の口説き文句はとてもシンプルで、「私はアーサー王の物語をやりたい、ただし、スーパーマンの起源を描いた『Smallville(ヤング・スーパーマン)』みたいなストーリーで」と。
そこから始まり、発展していったと思います。

But the decision that I think was at the heart of it, which was to make Arthur and Merlin contemporaries, rather than make Merlin the old man looking after the young Arthur, was there from the very beginning.
ただ、その中心にあった決断は、年老いたマーリンが若いアーサーの面倒を見るのではなく、アーサーとマーリンを同世代にすること、私は最初からそう思っていました。

Johnny Capps, co-creator and executive producer: That made us feel excited about it. But we didn’t think about all the other characters until much later, when we had a meeting with [then Doctor Who showrunner] Russell T Davies.
ジョニー・キャプス(共同制作者兼エグゼクティブ・プロデューサー):
我々は興奮しました。
しかし、我々は他のキャラクターをずいぶん後になるまで考えていませんでした、ラッセル・T・デイヴィス(当時の『ドクター・フー』の製作総指揮者)に会うまで。

JM: Russell actually was hugely influential on the beginning of Merlin. Because we sat in a hotel room, a hotel conference room with Russell and talked to him about his approach to Doctor Who and how he would approach something like Merlin. It was only a morning, but it was incredibly valuable.
JM:ラッセルは、実はマーリンの始まりに大きな影響を与えました。
我々は、ラッセルとともにホテルの会議室で、彼の『ドクター・フー』へのアプローチのしかた、そして、マーリンのような作品に彼はどうアプローチするのかを話しました。
それは午前中だけでしたが、とても有意義な時間でした。

Anthony Head, Uther Pendragon: I read the script and thought ‘Well this could go horribly wrong, or it could be really cool. It depends on what the vibe is. Because if they decide to make it like a kids’ show it could be really really twee.
アンソニー・ヘッド(ウーサー・ペンドラゴン):
脚本を読んで思いました、これは酷い出来になるか、すごくクールになるか。それは雰囲気次第だと。なぜなら、彼らが子供向け作品のように作ると決めているのなら、やけにかわいいものになるだろうから。

And I had a meeting with James Hawes, who directed the first episode. And I upfront said ‘Look – my taking this depends on what your vibe is.’ And he said right off the bat ‘No, this is gonna be quite dark. It’s a family show but it’s got a dark underbelly.’ And I was in from that moment on.
そして、第一話の監督James Hawesに会って、最初に言いました、「私の参加はあなたの雰囲気次第だ」と、すると彼はすぐに言いました、「いいや、これはすごく暗い作品になるだろう。これは家族向け作品だけど、暗い部分がある。」
その瞬間から、私は参加しました。

JM: We became magpies – we stole the bits of Arthurian myth we liked then ignored the bits we didn’t.
JM:我々は収集家になり、アーサー王の伝説ネタで気に入ったものは盗み、そうでないものは無視しました。

JC: We wanted to embrace as much as the legend we could, though some bits were too adult in their content. For the audience we were playing to you could hint at it, but it didn’t feel tonally right for the series.
JC:我々は出来るだけ伝説を取り入れたかったが、いくつかのネタは、あまりに大人過ぎました。
観客に向けて演技をしてそれをほのめかすことは出来ても、シリーズのトーンに合っているとは感じなかったのです。

続く…

| home |