fc2ブログ
 Audible Sessions コリン・モーガン インタビュー翻訳 ⑤
ここでは、コリンの仕事選びのポリシー、困難なことを自らに課すチャレンジ精神について語ります。


Robin: And how important is risk-taking for you in your career?
If you look for it. Are you looking to push boundaries?
Are you looking to do something that you think you can’t do?

あなたのキャリアにおいて、リスクを取ることはどれぐらい重要ですか?
限界を超えることを目指していますか?
自分には無理と思うことに目が行きますか?

Colin: My main rule would be to choose things that I’m afraid of, that I know I can’t do, that I have no answer for.
I love not knowing how I would do something, because I think it’s a really good starting point.

僕のメイン・ルールは、恐れている、出来ないと分かっている、答えが見つからないといったものを選ぶようにすることです。
自分がどうしたらよいか分からないことが好きです、それは、本当に良いスタート地点だと思うので。

If you read something and you have a part and you go, “Ah, yeah! I know exactly how I’d do that. I’ve done that before,”…Where do you go from there? There’s no sort of exploration, in my view.
何かを読んで、そこに自分のやる役があったとして、「よし!どうすればいいかわかったぞ。前にやったことがあるし」……みたいなのは、僕の考えでは、ここからどこへ行くのか、探求するものがありません。

That you’ve kind of got all the answers, so you’ve sort of blocked off a collaborative approach possibly with someone who might be able to help you get somewhere you’ve never been before.
全ての答えが分かっているというのは、今まで行ったことのないどこかに行くための手助けをしてくれるであろう誰かとの共同作業を遮断しているようなものです。

So I like to come across something that I really, genuinely don’t know how to do, which is scary. And that’s the place to go.
なので、僕は本当に純粋にやり方が分からなくて、恐れを抱く何かに出会いたいです。
それこそが向かうべき場所です。

Robin: The day that you got the call saying that Merlin was going to happen, and I assume that was a big moment for you, did you have that feeling of dread, of “What have I signed up for, here? How am I gonna do it?”
あなたがマーリンをやるという電話を受けた日、それはあなたにとって大きな出来事だったと思うのですが、「いったい何を契約したんだ?どうすればいい?」といった恐怖心がありましたか?

Colin: Yeah, always. Every project, everything I’ve ever had, I’ve never really thought, “Yeah…gonna be able to do that okay.”
So, for any project I’ve done, there’s always that fear, that element of “I have no idea how I’m gonna do it. What if I fail?”

はい、いつもそうです。
それぞれのプロジェクト、今までやってきたこと全てにおいて、「よし、これは大丈夫だろう」と思ったことは本当にありません。
なので、今までやってきたどんなプロジェクトにも、いつも、恐れや、「どうすればいいか分からない。もし失敗したらどうする?」といった要素があります。

You know, it tends to be the negative things that you think about.
And then, when you get into it, you work with people and you get to see the team that’s there for you.
Because yes, you’ve gotta come and you’ve got to be prepared, but also, it’s not just you that makes the drama.

ついネガティブに考えがちになりますが。
でも、そこに足を踏み入れると、人と仕事し、自分のためにあるチームの存在を知ります。
そう、自分はそこに行かなければならないし、準備しなければならないけれど、そのドラマを作るのは自分だけではないのです。

Yes, people see you on the screen, but a hell of a lot of people go into it there and once you realise you’ve got this network of people who, in this business, are so skilled and so talented and so nice as well that you start feeling a little bit more okay, that it’s not all on your shoulders.
人はスクリーンで自分のことを見ます、でも、それにはものすごい数の人が関わっていて、その人たちのネットワークがあることを一度実感すれば、このビジネスでは、皆さんスキルが高くて、才能があって、いい人たちなので、徐々に大丈夫という気持ちになってきます、全部自分が責任を負うわけではないと。

続く…

| home |