fc2ブログ
 Audible Sessions コリン・モーガン インタビュー翻訳 ④
ここでは、コリンが俳優を目指すようになったきっかけ、幼い頃のエピソードなど、コリン・インタビューの定番質問に答えます。


Robin: And how did you get into this game?
If you sort of rewind the clock…Were you a child or a teenager that was performing, that was acting?
Were you an actor at school, or was it something that came a bit later?
Can you pinpoint individuals along the way that have guided you?
Tell me a bit about how you got here.

何がきっかけでこの世界に入ったのですか?
時計を少し巻き戻して、子供の頃や10代の頃、演技はしていましたか?
学生の時から俳優をやっていましたか?それとも、もう少し後からですか?
あなたをこの世界へ導いた特定の人物はいますか?
ここに至るまでの経緯を少し教えていただけますか?

Colin: I describe acting as a natural instinct, really, for me.
There was no defining moment, there was no, sort of, individual who I looked up at and thought, “Yes, that’s what I want to be.”

演技することは、僕にとって、生まれながらの本能としか言いようがありません。
何か決定的な瞬間があったわけでも、誰か特定の人を見て「そうだ!これが自分のやりたいことだ」と思ったわけでもありません。

It was just something I just sort of *did*, and that took the form of, you know, either performance or reading or whatever it was that involved, I guess, an element of performance I was just naturally drawn to and interested in.
それは、自分がただなんとなくやっていたことで、パフォーマンスや朗読といった、何かしらパフォーマンスの要素が含まれるものに、ただ自然に惹かれて興味を持ちました。

And of course, that leads to doing things at school, you know…your plays and, you know, poetry readings, and whatever it is, or writing your own things and performing them in front of people and seeing the reaction it can have from people is really interesting.
もちろん、それは学校で披露することに繋がります、演劇、詩の朗読、何でもいいですが、あるいは自分で書いたものを皆の前でパフォーマンスして、その反応を見るのはとても面白いです。

You know, if kids aren’t maybe the most confident in life, sometimes if you’re able to be really creative in private and be able to deliver it publicly under a different guise, it can be really, sort of exhilarating.
子供たちはたぶん人生に最も自信がなくて、でも、プライベートではとても創造的になれるのであれば、時々違う外見に身を包んでそれを公にできたら、きっと爽快な気分になるでしょう。

And so, that might be my experience, I suppose, and how it was, if you were to sort of analyse it.
これは僕の経験ではあるけれど、分析してみるとそういうことなんだと思います。

But, it was just fun; it was something I really enjoyed doing, and then it’s just about, as you get older, having the guts or having the drive to really pursue it.
でも、それはただ楽しくて、本当に楽しんでやっていたことで、それから年を取るにつれ、本気で続けていく勇気というか意欲を持つようになりました。

And yeah, then that’s a different journey you go on.
そうなると、また違う旅に出ることになります。

続く…

| home |