fc2ブログ
 舞台All My Sons コリン・モーガン インタビュー翻訳 ①
今回は、2019年4月13日~6月8日まで、Old Vicで上演されたコリン出演舞台『All My Sons』のコリン・インタビューを取り上げます。
Articleというイギリスのスタイリッシュなメンズ雑誌が特集した記事です。
(元ネタは、こちら

当時は、今よりも輪をかけて英語がダメダメだった上に、コリンのモデル顔負けのファッショナブルでオシャレなグラビアに目が釘付けになり、内容については分かる部分しか読み込めていませんでした。

そして、この撮影場所の素敵なホテル、ディクソン・タワーブリッジは、2020年の舞台『A Number』を観に行ったとき、ちょうどブリッジ・シアターの近くということもあり、ここぞとばかりにステイした私にとって思い出のホテルです。
またいつの日か、泊まりに行きたいものです。

ということで、今回の翻訳もとてもとても難しく、怪しい部分が少なからずあるかと思いますが、数回に分けてアップします。


It’s been twelve years since Colin Morgan first shot to fame in the West End, as the awkward antihero of DBC Pierre’s black comedy Vernon God Little.
コリン・モーガンが、DBC Pierreのブラック・コメディ『Vernon God Little』の不器用なアンチヒーロー役で初めてウエストエンドで名声を得てから、12年が経った。

The roles he’s played since then, from a doomed soldier in Testament of Youth to the half-robot fugitive in Humans, have showcased his ability to inhabit diverse, complex characters.
これまでに彼が演じた役は、『Testament of Youth(戦場からのラブレター)』の破滅的な兵士から、『Humans』の半ロボットの逃亡者まで、多様で、複雑な内面を抱えたキャラクターを演じる能力があることを見せてきた。

When we speak, he’s preparing to add another character to that list; Chris Keller in the Old Vic revival of Arthur miller’s classic study of postwar American dysfunction, All My Sons.
我々は、彼のリストに追加される新たなキャラクター、Old Vicでリバイバル上演される、戦後アメリカの機能不全を描いたアーサー・ミラーの名作『All My Sons』のクリス・ケラー役を準備中の彼に話を伺った。

Words_Trisha D'Hoker


Colin Morgan’s career began before he’d even finished his final year at drama school.
コリン・モーガンのキャリアは、演劇学校の最終学年が終わる前に始まった。

To stage pieces they had prepared for their final evaluation, final year students were sent to London.
最終評価のために準備した舞台作品を上演するため、最終学年の生徒たちはロンドンに派遣された。

There, Morgan was discovered by director Rufus Norris, with whom he made his West End debut in Vernon God Little.
そこで、モーガンは彼のウエストエンド・デビュー作『Vernon God Little』に彼を起用したルーファス・ノリス監督に見出された。

That same year, at the Old Vic, he starred opposite Diana Rigg in Pedro Almodovar’s All About My Mother.
同じ年、Old Vicで、ペドロ・アルモドヴァルの『All About My Mother』をダイアナ・リグと共演。

A year later, he landed the lead role in Merlin.
その1年後、『マーリン』で主役の座を獲得した。

And it feels as though he’s barely stopped working since then.
それ以来、彼はほとんど休むことなく活動しているように見受けられる。

On the big screen, he’s been in Rupert Everett’s Wilde biopic The Happy Prince, British mystery drama Waiting For You, and the action adventure movie The Huntsman: Winter’s War.
スクリーンでは、ルパート・エヴェレット監督のオスカー・ワイルドの伝記『The Happy Prince(さすらいの人オスカー・ワイルド)』、イギリスのミステリードラマ『Waiting For You』、アクション・アドベンチャー『The Huntsman: Winter’s War(スノー・ホワイト-氷の王国-)』に出演。

Benjamin, currently on release, sees him take on the role of a rising young filmmaker, full of anxieties as he navigates both a new romance and his film’s premiere; as the title character, Morgan is an absolute pleasure to watch.
現在公開中の『Benjamin』では、タイトル・キャラクターである、新たな恋愛と新作映画のプレミアの両方のかじ取りに不安いっぱいの新進気鋭の若手映画監督を演じ、モーガンは間違いなく見る人を楽しませてくれる。

His television resumé includes Channel 4 sci-fi series Humans, the BBC’s supernatural chiller The Living and the Dead, and a turn as a young gay man, constantly embarrassed by his unexpectedly accepting Belfast mother, in The Catherine Tate Show.
テレビでは、チャンネル4のSFシリーズ『Humans』、BBCの超自然ホラー『The Living and the Dead(宿命の系譜 さまよえる魂)』、そして、ゲイであることを思いのほか受け入れてくれたベルファストの母親から絶えず恥ずかしい思いをさせられるゲイ男子を演じた『The Catherine Tate Show』などがある。

Morgan balances this with demanding theatre work-Although balance is not something he necessarily goes in for, as he will later explain.
モーガンは、過酷な舞台の仕事とバランスをとっている、とはいえ、後に説明するよう、バランスは必ずしも彼の必要とするものではない。

In his most recent West End role, in Brian Friel’s Translations, he played Owen-the Irish boy who returns home with two British mapmakers, as they attempt to map out and rename his home village.
直近のウエストエンドの舞台、ブライアン・フリールの『Translations』では、2人のイギリス人地図製作者とともに故郷に戻り、故郷の村を地図に起こし改名しようとするアイリッシュ・ボーイ、オーウェンを演じた。

When we speak, he’s just finished week one of rehearsals for All My Sons, alongside Sally Field, Bill Pullman and Jenna Coleman.
我々は、彼がちょうど、サリー・フィールド、ビル・プルマン、ジェナ・コールマンらと共演する『All My Sons』の1週目のリハーサルを終えたところで話を伺った。

If he’s tired, he doesn’t sound it at all.
彼は疲れていても、決して声には出さない。

続く…

| home |