fc2ブログ
 舞台A Number コリン・モーガン インタビュー翻訳 ④
ラストとなる今回は、舞台『A Number』の話題です。
そして、コリンの人生哲学でインタビューは締めくくられます。


Yet theatre holds his heart.
舞台はまだ彼の心を掴んでいる。

“I will never, ever not do theatre” he says firmly.
「僕は絶対に舞台をやらないことはない」
彼はきっぱりと言う。

His pleasure at rehearsing A Number under the direction of Polly Findlay is obvious.
Polly Findlay監督のもと行われている『A Number』のリハーサルを、彼が楽しんでいるのは明らかだ。

“What’s great in the room is that there is a combination of fun and seriousness.
I’ve never done a two-hander before.
It’s a different ball game-thankfully a good game, this one.”

「何が凄いかって、楽しさと深刻さの組み合わせです。
二人芝居は今までやったことがありません。
今までとは勝手が違うけど、ありがたいことに、いい感じです、これは」

Predictably, it was “the impossibility of it” that attracted him to the part.
案の定、彼がこの役に惹かれたのは“その不可能性”だった。

“I had so many questions.”
「僕は多くの疑問がありました」

Normally, he prepares by trying to put himself in the environment of a play: for Translations, he took a trip to Donegal, where the drama is set.
通常、彼は作品の舞台となる環境に身を置いてみることを準備として行う。
『Translations』では、ドラマの舞台であるドニゴールを旅した。

“Just to breathe that kind of air up there and bring that back over to London with you.”
「ただそこに漂う空気を吸い、ロンドンに持ち帰ります」

For A Number, it’s different.
『A Number』は違う。

“A lot of time was spent with the script as a catalyst for the imagination.”
「想像力の起爆剤となる脚本とともに、かなりの時間を費やしました」

Churchill herself has been in rehearsals-but, like her plays, she doesn’t provide any easy answers.
チャーチル自身もリハーサルにやって来たが、しかし、彼女のやるように演技するといった簡単な答えは何も提供しない。

“You might ask her something specific, and she will literally say it could be that. Or it could be that.
She is fantastic and liberating.”

「彼女に何か具体的なことを聞いたとしても、彼女は、それもアリかも、あるいはそれもアリかも、としか言わないでしょう。
彼女は風変りで自由な人です」

He looks cheerful.
彼は楽しそうだ。

“You mustn’t put any of your inhibitions in the way.
You just have to be incredibly open and disciplined to what’s there.”

「自分の行く手を阻んではいけません。
そこにある何かに信じられないほど心をオープンに、且つ自制心を持っていなければならないのです」

He might be talking about his entire career.
彼は自分の生涯について語っているのかもしれない。

-終わり-

| home |