fc2ブログ
 Audible Sessions コリン・モーガン インタビュー翻訳 ②
ここでは、コリンが『The Worldship Humility』の内容について解説してくれます。


Robin: And it is quite fun, this book that you’ve been reading, isn’t it?
Can you tell me a little bit about it, maybe set the scene of the world that exists in this book?

さらに、あなたが読んでいるこの本は、とても面白いですよね?
この本の中の世界を少し教えていただけますか?

Colin: Okay, I’ll try.
OK、やってみましょう。

There’s a lot going on.
You’re establishing a, really a whole set of new rules and a new system and a new world for this novel.
We follow mainly Yasmine, who is a petty thief, who is onboard a Worldship.

ここでは多くのことが起こります。
この小説のための、全く新しいルール、新しいシステム、新しい世界を確立していきます。
我々は、ワールドシップに乗船している、コソ泥のヤズミンをメインにフォローします。

Inhabitants of Earth had to leave and established a series of worlds onboard ships in space, which are all kind of represented as nations.
You’ve got the Worldship Humility, the one that we’re based on, we’ve got other ones: the Worldship Abstinence, various other ones, and they’re all existing.

地球の住人たちは、そこを離れなければならず、宇宙にある船にいくつかの世界を創設し、それらは様々な種類の国家と表現されています。
基盤となる「Worldship Humility」の他に、「Worldship Abstinence」、他にも色々あり、全て存在しています。

So we follow mainly on the Worldship Humility, following Yasmine as a petty thief on board, surviving, trying to score big, get money (which is in the form of credits onboard the ship), to go have fun, have a bit of a life.
我々は、主にWorldship Humilityをフォローし、コソ泥のヤズミンを追いかけたり、生き延びたり、高得点を稼ごうとしたり、お金を得たり(船内ではクレジットという形で)、楽しんだり、ちょっとした生活を送ったりします。

She’s originally from a place called the Elfors.
As the ship is constructed, I think, on 40 levels, the lower four levels are the place where it’s the darkest place.
It’s the slums, where people are underprivileged and unregistered, as everyone else is onboard, and aren’t policed, so the police don’t even go down there.

彼女の出身はElforsと呼ばれる場所です。
船は40のレベルで構成されていて、下の4つのレベルは最も暗黒な場所です。
スラム街で、そこにいる人々は社会的に恵まれない、未登録の人で、みんなそうなので、取り締まりがなく、警察はそこへ降りていくことすらしません。

That’s where she’s from.
She goes up to the other levels, steals, brings the objects down, gets credits for them.
That’s her main story.

彼女はそこの出身です。
彼女は、他のレベルに行って、モノを盗んで、持って降りてきて、クレジットを得ます。
それが彼女のメインストーリーです。

We also follow Sam Gobliniski, who works in one of the shuttles…so he’s in one of the docking stations like working for ships coming on and off.
And he’s a little bit of a, I guess you could call him like a bit of a nerd, or a bit of a geek, or a bit of a shy guy.

我々はまた、とあるシャトルで働いているサム・ガブリンスキーもフォローします。
彼は、船が出入りするための作業をする、とあるドッキング・ステーションにいます。
そして、彼は少しオタクというか、シャイというか、そんな感じの男子です。

And again, he’s a bit like Yasmine in the fact that he’s a bit lost, he’s a bit looking for something more.
And you get the impression of that with a lot of people on the ship.

彼はどこか迷っていて、何かを探しているところが、ヤズミンと少し似ています。
船の上にいるたくさんの人々にもそんな印象を持ちます。

Those are the two sort of main people, I think, that we follow throughout, but as I mentioned before, you’ve got a whole host of other complicated, systematic, political issues going on as well, as well as very dark stories running along side it, too.
二人のメインとなる人物がいて、我々は全体を通じてフォローしますが、先ほども言ったように、他にもたくさんの複雑で、組織的で、政治的な問題が起こり、その一方でとても暗いストーリーが展開されます。

You’ve kind of got a mixture of, like, action, comedy, darkness, sprawling story; a sort of intrepid adventure.
アクション、コメディ、ダークネス、壮大なストーリー、勇敢な冒険ものなどがミックスされた感じです。

続く…

| home |