fc2ブログ
 ザ・スプリット 離婚弁護士


ロンドンを舞台に、大人の恋愛事情を描くTVドラマ『ザ・スプリット 離婚弁護士』を観ました。

離婚を望む依頼人を最善の解決に導く凄腕離婚弁護士ハンナ(ニコラ・ウォーカー)は、表の顔とは裏腹に、私生活はかなりドロドロ。
夫ネイサン(スティーブン・マンガン)と3人の子供に恵まれながら、事務所の同僚クリスティ(バリー・アトスマ)と不倫関係になり、夫は夫で浮気が発覚!
危機を迎えたハンナとネイサンの結婚生活はいったいどうなってしまうのか、それぞれの選んだ道は…!

主人公ハンナは、カッコいい仕事っぷりには憧れますが、自分はクリスティと不倫しておきながら、ネイサンの浮気は許せず責めまくり、しかし、ネイサンがハンナの不倫を責めたら「二人とも愛している私の苦しみが分かる?」みたいな逆切れをするという、なんとも共感しがたいキャラで、そんなハンナに振り回されっぱなしのクリスティとネイサンが可哀そうになります。
ハンナの私生活における様々な言動は、「そりゃないだろう?」の連続で、突っ込まずにはいられなかった私には、このドラマの結末はとても納得のいくオチでした。

ハンナの不倫相手クリスティ役のバリー・アトスマがイケメンなのも注目で、とはいえ、シーズン1の、ハンナを追いかける切ない立場だったクリスティはキュンとくるのですが、シーズン2ではハンナと不倫関係になったことで、会社内でも隙あらばイチャイチャしたがる男に変わり、ゲンナリ。

ハンナの父親役が、『魔術師マーリン』でアーサー王の父親ウーサーを演じていたアンソニー・ヘッドで、雑誌「レオン」のちょい不良(ワル)オヤジ風なファッションが印象的でした。

舞台がロンドンということもあり、セントポール大聖堂とテート・モダンを結ぶミレニアム・ブリッジや、ウォータールー駅など、個人的にロンドン旅行で馴染み深いスポットが出てきたのが嬉しいです。
ハンナの住んでいる家や、ハンナの姉妹と母親の住んでいる家などもステキで、最近買った本「英国の間取り」で得た知識と照らし合わせる楽しみもあり。
ハンナの仕事場の弁護士事務所も、ゴージャスな眺めと高級なインテリアで、建物やインテリア関係、ロンドンの街並みの美しさも堪能できるドラマです。

| home |