fc2ブログ
 英語学習の効用
EGIU.jpg

ここ数年、毎年目標に掲げている英語の上達ですが、今年は新型コロナの影響で、ただでさえオタクな私がますます家にいるようになり、そのおかげか、英語の勉強時間が増えていると自負しています。

私の勉強方法は、お気に入りのイギリス英語の発音ティーチャー、エリオット先生おススメの英文法書「English Grammar in Use」をひたすら繰り返し学習しているだけなのですが、最近、このシリーズをもう一冊購入しました。
赤い表紙の「Essential Grammar in Use」です。

青い表紙の「English Grammar in Use」が中級編で、赤い表紙の「Essential Grammar in Use」は初級編になるのですが、中級編をやったら次は上級編となるところを、敢えて後戻りして初級編を選んで正解でした。
というのも、私の英語力では中級編でも少し難しいところがあり、それが初級編をやることによって、さらに基礎の基礎に立ち返ることで、中級編の消化不良な部分が「あ、そういうことだったのか!」と理解できるからです。

どんなに勉強してもメキメキ上達といかないところが英語の難しさですが、少しは上達したかなと実感できる変化として、最近、何かのキャッチフレーズなどに使われる日本独特の英語遣いがとても気になるようになりました。

新型コロナ感染者数が恐ろしく増えているのに、旅行を促すキャンペーン「Go To トラベル」もそうですが、今、私の住んでいる福岡市で実施されている、地下鉄に乗るときのマスク着用義務付けのキャッチフレーズ、「マスク&ライド」が気になって気になって…!

確かに「ride」は「乗る」だけど、バイクに「乗る」とか自転車に「乗る」といった、跨いで乗る乗り物に使い、電車に「乗る」とかバスに「乗る」のは、英語では「Get On」と言うことを勉強した私は、地下鉄の駅でこのポスターを見る度にモヤモヤするのです。

しかし、「乗る」の英語をもっと調べてみると、なかなか奥が深くて、アメリカ英語では電車に乗るのに「ride」を使うことを知りました。
私が勉強しているイギリス英語では使わない表現なので「違うだろ~~~」とばかり思っていましたが、完全な間違いではないらしい…。

でも、やっぱり、「マスク」と「ライド」を「&」でつなげて「マスク&ライド」、このセンス、この表現は、日本人ならではの発想だなぁと改めて思うのでした。

| home |