FC2ブログ
 アリー/スター誕生
世界の歌姫、レディー・ガガの歌と演技が話題の映画『アリー/スター誕生』を観ました。

まだ日の目を見ないシンガー、アリー(ガガ様)とセレブ・ミュージシャン、ジャクソン(ブラッドリー・クーパー)が出会い、恋に落ち、二人三脚で音楽活動をしていくうちにアリーのほうがビッグになり立場が逆転、アリーの成功とは裏腹に落ちぶれるジャクソン、そんなジャクソンを献身的に支えるアリーだがジャクソンは自殺、傷心のアリーは、ジャクソンの追悼コンサートを開き、生前最後にジャクソンが作った曲を歌い弔う。
という、ミュージシャン同士の恋愛、アーティストとしての成功と衰退を、音楽を散りばめながら描いた音楽映画。

ガガ様はじめ、今年度アカデミー賞に多数ノミネートされている注目作品ですが、私にはテイストが合いませんでした。

ジャクソンは成功したミュージシャンですが、アリーと出会う前からライブの本番前には酒とドラッグをキメなければステージに上がれない危うい精神状態で、一方のアリーは、念願かなってビッグになるも、その成功の裏には凄腕マネージャーの売れるための戦略があり、アリーはそれをやらされている感が漂い、二人とも音楽が好きだから音楽をやっているはずなのに、楽しいどころか逆に辛そうな様子が、見ているこちらも辛かった…。

音楽映画は、なにより音楽の素晴らしさが伝わってくるのが醍醐味だと思うのですが、この作品はそうではなかったです。

ガガ様もブラッドリー・クーパーも、それは熱演しており、個人的にはブラッドリー・クーパーの演技のほうがより凄かったと思いますが、アカデミー賞主演女優賞、主演男優賞は取ってもいいけど、作品賞は他に取ってほしいと思う私なのでした。

映画の挿入歌で一番好きなこの曲、作品の中では2コーラスぐらいしか使われておらず、それも不満…。


| home |