fc2ブログ
 遅延型アレルギー検査をしてみたものの…
鶏肉を食べると必ずお腹を下すことが分かって以来、私は、鶏肉アレルギーに違いないと、日々鶏肉を避けて生活しているのですが、きちんとした証拠が欲しくなり、以前、病院に行ってアレルギー検査をしてもらいました。
すると、結果はまさかの陰性で、スッキリどころかモヤモヤして終わりました…。

しかし、その後、アレルギーには食べてすぐ反応を示す即時型と少し時間が経ってから反応を示す遅延型があり、病院で検査するのは即時型であることを知り、私のアレルギー反応は明らかに遅延型で、さらに、最近は鶏肉だけでなくチーズも怪しいのではないかと思い始めていて、今度こそハッキリさせてやろうと、遅延型アレルギー検査を受けることにしました。

遅延型アレルギー検査は保険対象外で、ネットで検査キットを取り寄せました。
ちなみに、お値段は3万円強と結構な額。
自分で採血してそれを検査機関に郵送します。

果たして結果は…、これまたびっくりの、鶏肉がほぼゼロ反応!
誰か他の人の血液と間違えていませんか?と言いたくなるほどの結果に、開いた口がふさがりません!

result2.jpg

疑っていたチーズは、そこそこ高い数値を示しており、全体的に、乳製品・卵系に高アレルギー反応が見られる結果でした。

result1.jpg

とにかく、鶏肉の数値がどう考えてもおかしいので、この検査結果はどこまで信頼できるものなのか全くアレなのですが、こんな怪しい結果を導いてしまったのは、実は私の採血のしかたが間違っていたのが原因かもしれません…。

採血は、手の指先をランセットという医療用の針で突き刺し、そこから流れ出る血液を専用の容器に入れ込むのですが、容器の先端を指先に触れさせてはいけないと書いてあるのを見逃し、触れさせまくっていたのでした…。
容器の先端を指に押し当てて、血液をすくうようなやり方をしていたのですが、それは大間違いだった…。
が~~~~~ん!

ということで、高い料金を払って検査をしたのに、説明書を熟読せずに勢いでやってしまったため、変な結果となってしまいました。
遅延型アレルギー検査に興味のある方は、必ず説明書をしっかり読んで、くれぐれも正しいやり方で採血し、お金を無駄にしないようにしましょう…。

| home |