FC2ブログ
 クレイジー・リッチ!


シンガポールを舞台に、オール・アジア系キャストで描くハリウッド産・ラブコメディ「クレイジー・リッチ!」を観ました。

ニューヨーク大学で教授として教鞭を執るキャリア女子、レイチェルは、恋人ニックから親友の結婚式に一緒に来てほしいと誘われ、ニックの故郷シンガポールへ向かうも、なんと、彼はシンガポールで超リッチなセレブの御曹司だった!
身分の違いをあからさまにマウンティングする周りのセレブ女子や、息子の彼女に由緒正しくない一般ピーポーは受け入れられないと、あの手この手で拒否するニックの母親など、厳しい試練に立ち向かうレイチェルの恋の行方はいかに!?

それにつけても、レイチェルは、ニックは家のことを話したがらないからシンガポールに行くまで超セレブとは知らなかったという展開は、今のご時世、本人がしゃべらなくてもそこまでの大物であればどこからか何かしら情報が入ってくるだろうにと思ったのが、この映画の一番のツッコミどころでした。
しかし、レイチェルが恋人の素性を知らなかったという設定がないと、話はそもそも成り立たず…、そんな作品の根本的なところに疑問を持ってしまったことと、ストーリーが最後まで王道のラブコメで、大どんでん返しがある風な宣伝文句の割には何のひねりもなかったところが、前評判ほどは楽しめなかったです。

この作品には、イギリスのTVドラマ「HUMANS(ヒューマンズ)」で、私の超推し俳優コリン・モーガンと共演しているジェンマ・チェンがニックの従妹役で出演しており、一人異次元のビューティーでスクリーンを圧巻、綺麗な役どころとはいえ、あまりの美しさに、主役のコンスタンス・ウーよりも誰よりも印象に残りました。

一方、ニックの母親役のミシェル・ヨーは、少し見ない間に(と言いつつ、だいぶ経っていると思いますが)、老けていました。
体を張ってアクションしていたイメージが強いだけに、年を取った感がどうしても…。

印象に残るといえば、サウンドトラックが、中華な音楽をジャジーにアレンジしたり、英語のナンバーを中華テイストでカバーしたりと、センスが良いです。
確かパーティのシーンで、バンドがテレサ・テンのナンバーをジャジーに歌っていたのが特に気に入りましたが、曲名が思い出せず…。
そして、この作品のテーマソング的な役割を果たしている、ビートルズが歌っていた「Money」という曲をCheryl・Kというアーティストがカバーしたナンバーは、Cheryl・Kの力強い歌声が、主人公のレイチェルをはじめ、登場する女性陣の逞しいキャラととてもマッチしています。

私には一生縁がないと思いますが、飛行機のファーストクラスには、ベッドが付いていることをこの映画で知りました。
ベッドで寝られるのなら、長時間のフライトも苦にならなさそうです。

お金持ちの男性が選ぶ女性は、ト〇ンプ大統領や、日本で最近話題のZ〇Z〇TOWN社長のように、モデルや女優といった見た目の華やかさだけを重視しがちなイメージがありますが、レイチェルの恋人ニックのように、そうではない人が現実の世界にもいることを願います。

| home |