SUPER JUNIOR-KYUHYUN JAPAN TOUR 2017 ~ONE VOICE~ '17.1.23
韓国のアイドルグループ、スーパージュニアのメンバー、キュヒョンのソロコンサートに行って来ました。
特にファンというわけではないのですが、キュヒョンは東方神起のチャンミンと大の仲良しで、チャミペンはキュヒョンに好意的ということで、そのよしみです(笑)。
福岡でライブがあるのに気が付いたのはかなり直前でしたが、ラッキーにもチケットがまだ少し残っていたので、急いでゲットしました。

会場は、福岡サンパレス(今回初めて行きましたが、不便な場所です…)、座席は、3階席の後ろの方の、いわゆる天井席。
E.L.F(スーパージュニアのファンクラブ)の会員でもないし、チャミペンだし、という私にはちょうどいい距離感でした。

キュヒョンは、所属事務所SME屈指の歌うまアイドルで、“バラードの貴公子”と呼ばれているとおり、ソロコンサートは、当然のごとくバラード中心の聴かせる構成。
しかし、この日は、オープニングの出だしから、明らかに不調…!
高音のファルセットはカヒミ・カリイばりのウィスパー・ボイスになっているし、絶えず音程が微妙にズレてる、中○美嘉現象が勃発していたり!
いったいキュヒョンに何が起こったのかと思ったら、風邪を引いてしまったとMCで告白。
高熱が出て、病院で点滴を打ったりして回復に努めたが、まだ本調子ではなく、リハーサルの時も全然声が出なかったと。
皆さんには本当に申し訳ないと、しきりに謝っていました。

その申し訳なさはとても伝わってきましたが、生歌を楽しみにしていただけに、やはり、この日のパフォーマンスはどうにも不完全燃焼で、残念でなりません…。
でも、歌以外では、キュヒョンはMCのほとんどを日本語で話し、ユーモアのセンスも効かせた会話で楽しませてくれました。
スーパージュニアのメンバーは日本語がしゃべれない印象でしたが、きっと、相当勉強したのでしょう。
ファンからキュヒョンに歌ってほしい曲のリクエストを募るコーナーでは、星野源の「恋」を、恋ダンスもしっかりマスターして披露してくれるサービス精神で、会場を沸かせました。

私が参戦したのは、福岡2Daysの初日でしたが、あの様子だと、おそらく二日目のパフォーマンスも本領発揮とはいかなかったのではないでしょうか。
残りの日程は、体調万全なことを祈ります…


20170123.jpg
携帯できるネオンサインみたいになっている、今どきの進化形ペンライト。
会場では、電子制御で曲によって色んな色に変化します。

| home |