5人時代を振り返る
熱心なトンペンとしてトンペン界ではすっかり認知されている女優、賀来千香子のインタビュー記事を読んでいたら、賀来さんは、友人に連れられて観に行った(二人の)東方神起のコンサートがきっかけでファンになり、ファンになったからには5人時代の東方神起も知っておかないと(!)と、その友人に言われ、5人時代の東方神起についても勉強したと語っていました。

私も賀来さんと同じく東方神起が二人になってからのトンペンですが、これまで5人時代のトンはYoutubeで断片的にしか見ておらず、CDもレンタルで数枚借りた程度。
賀来さんのコメントは、そんな自分を覚醒させ、私もトンの歴史をきちんと学ぶべく、手始めに、5人時代のライブツアー「4th Live Tour 2009 ~The Secret Code~ Final in 東京ドーム」と「3rd Live Tour 2008 ~T~」のDVDを中古で購入(セコい)、立て続けに鑑賞しました。

トンペンには、今でも「5人がいい!5人に戻って!!」と叫び続けているファン層がいますが、2本のライブ映像を通しで観てみると、その方たちの願いも分からなくもないというか、確かに5人の東方神起は、それはそれでとてもいいと思いました。
特にSecret Codeツアーは、5人時代の全盛期の勢いがみなぎっていて、曲もいい曲揃いで!
おかげで、ひとりカラオケで歌うトンのレパートリーがさらに増え、今やトンだけで2時間使いきってしまう始末(笑)。
ひとりカラオケというより、“ひとりトンカラ”です(笑)。

それはさておき、5人時代は、ジュンスの歌唱力が抜きんでているのは素人でもすぐ分かるほどで、なので、特にバラードの歌のパートは、ここぞという聴かせどころは必ずジュンスが担当しています。
ジュンスはやたらと滑舌がいいのも特徴で、アップテンポの早い歌詞でも、はっきり歌詞が聴き取れるのがすごいです。
でも、最近のジュンスは、日本にソロライブで来日したときに披露した東方神起メドレーをYoutubeで見た限りでは、歌い方がこの頃よりもさらに大げさになって、ビブラートもますますかけまくっていて、顔つきもだいぶ変わっているし、色んな意味で“森進一”化しているのが気になります…。

個人的に、5人時代のバラードで特に好きなのは「Heart,Mind and Soul」ですが、Secret Codeツアー Final in東京ドームでのパフォは、本当に素晴らしいです。
5人5様の、魂のこもった歌唱はもちろんのこと、満を持してのジュンス登場の、その満を持した感、ドヤ感が凄すぎる件!
そして、「♪今夜は僕が魔法を~~~~」の「を~~~~」のこぶし回しがかっこよすぎる件!
このこぶし回しを、ひとりトンカラの度にチャレンジするのですが、出来た試しがありません。
というか、一生出来ないと思いますが、チャレンジし続けます(笑)。


| home |