fc2ブログ
 ひとりカラオケ・デビュー
今や、世間にすっかり認知されている、ひとりカラオケ。
遅まきながら、私もついにデビューしました!

きっかけは、とある忘年会のカラオケ大会。
その日に備えて、最近の邦楽を2、3曲覚え、家で密かに練習していたのですが、近所迷惑を考えて声を抑えて歌うのと、マイクで思い切り歌うのとでは感覚が全然違うので、果たして本番でちゃんと歌えるのか不安になり、その前に予行演習しなければ(!)と思い付いたのが、ひとりカラオケ。

とはいえ、ひとりカラオケには一抹の”寒い”印象があり、ひとりは平気な性格の割りに微妙に勇気がなく、身近にいる経験者(”ひとりカラオケ”という言葉すら存在していなかった時代からすでにやっていたという兵!)に相談してみたところ、「ぜんっぜん平気だから!誰も何も気にしてないし!!」と、力強いお言葉をいただきました。

その言葉に後押しされ、やる気満々で行ってきたのが、ひとりカラオケ専門店。
入店するやいなや、「津軽海峡冬景色」を大熱唱中の女子の、音漏れの洗礼を浴び、驚きと同時に、そのあまりの没頭ぶりに、ますます興味が湧いてきました。

ひとりカラオケ専門店は、ヘッドホンを装着して、カラオケも自分も声もヘッドホン越しに聞くというスタイルで、マイクも、このようにレコーディングさながらのプロ仕様!
IMG_1787.jpg

すっかりミュージシャン気分でハイになり、さっそく、覚えたてのMay J.の「本当の恋」を歌ってみると、ヘッドホンで自分の歌声をモニターするスタイルは、僅かな音程の狂いも感情表現のテクニックも、超シビアに耳に返し、自分の下手さ加減にびっくり…。
家では結構歌えてると思っていたのに、こんなにダメダメだったとは…。
やっぱりMay J.は歌が上手いんだ…。

とはいえ、採点では、そこそこいい点数が。
カラオケの採点基準って、いったい何がどうなっているのかさっぱり分かりませんが、点数がよいのは、悪くないです(笑)。
IMG_1790.jpg


とりあえず、覚えた曲を歌おうと、次はいい曲だなぁと気になっていた、さかいゆうの「薔薇とローズ」に挑戦。
この曲は、ソウルっぽいノリが魅力ですが、いざ歌ってみると、何もかもが超難しくて、全くサマにならず、点数もボロボロ…。
ソウルな曲は、普段バンド活動で演っているし、よく聴くジャンルなのですが、歌うのは本当に難しいことを改めて実感…。

と、凹みつつも、この ひとりカラオケスタイルは、とにかく歌に没頭できて、思い切り声を出すことで色々と発散もできて、とってもナイス!
気が付けば、2時間休む間もなくぶっとおしで歌いまくり、爽快感に満ち溢れて家路についたのでした。

次は、のど飴持参で行こうと思います。(さっそくリピーターに)




| home |