fc2ブログ
 ベニエ座 Live at Nashville West '14.11.8
IMG_1731.jpg

昨日は、高槻のライブハウス、ナッシュビルウエストさんのイベントライブにベニエ座が出演させていただきました。

ご来場下さった皆さま、誠にありがとうございました。
ご一緒させていただいた出演バンドの皆さま、長丁場お疲れさまでした&ありがとうございました。
会場のナッシュビルウエストさん、大変お世話になりありがとうございました。

さて、今回のジョイントライブは、今年の5月、老舗の無料音楽イベント「高槻ジャズストリート」にナッシュビルウエストさんで演らせていただいた時に、マスターさんに大変気に入っていただけたことがきっかけで、出演の運びとなりました。
さらに嬉しいことに、今回観に来て下さったお客さまの中には、同じく高槻ジャズのベニエ座を観て気に入ったので来ましたという方々がいらっしゃり、本当にありがたかったです。
ベニエ座は、それほど頻繁にライブ活動をしているバンドではありませんが、こんなふうに目にとめていただけると何より嬉しいし、バンド冥利に尽きます。

この日のセットリストは、密かに、ダスティ・スプリングフィールド特集を組んでみたのですが、果たしてお気づきになられた方はいるのかいないのか(笑)。
ダスティ・スプリングフィールドは、歴史に残る偉大なソウルシンガーの一人ですが、その割にはイマイチ(?)名が知られていないという(実は私も知りませんでした…(汗))存在で、有名な楽曲のオリジナルは実はダスティが歌っているというパターンが結構あります。
今回、この特集をやるにあたり、何年か前に一度だけ披露した「How Can I Be Sure」という曲を、再度練り直し、ダスティの曲を合計3曲盛り込みました。
さらに、公のライブではここ暫く封印していた、ベニエ座屋台骨を担う、トリオでの演奏も披露し、いつもとは少し趣を変えたステージをお届けしましたが、気に入っていただけたら幸いです。
この日は、一組みが急遽諸事情で出演できなくなった関係で、持ち時間に余裕が出来たこともあり、歌姫キャロさんのMCも舌好調でした(笑)。
個人的なミスはやっぱり今回も色々とありましたが(汗)、次回にはリベンジできるようがむばりたいと思います。

ということで、今回のセットリストはこちらです。

1. Steppin’ / Soulive
2. Dap Walk / Ernie & The Top Notes
3. Son Of A Preacher Man / Dusty Springfield
4. Maybe / Janis Joplin
5. Super Duper Love / Joss Stone
6. How Can I Be Sure / Dusty Springfield
7. Blackbird Special / Stanton Moore
8. (Your Love Has Lefted Me)Higher And Higher / Dusty Springfield
9. That Lucky Old Sun / Sam&Dave


今回、ご一緒させていただいたのは、こちらの皆さんでした。

■かしまし息子ブルースバンド
IMG_1734.jpg

ベニエ座とはすっかりディープな繋がりのバンド、あまべ一郎とピンポンダッシュ、ちこと一郎のメンバーが、下ネタ満載(?)のブルースをお届け。
ノック師匠のMCはやっぱり面白すぎ。
成り行きで、ベニエ座メンバーも数人駆り出されていました(笑)。


■ブラック&クレイジー
IMG_1742.jpg

ナッシュビルウエストのマスターさんのバンド。
古き良きリズム&ブルース中心のスリーピースバンドで、ボーカルさんのしゃがれた声質がとても素敵。
マスターさんはドラマーで(事前にYoutube見てたのに気がつかず失礼しました…)、こちらのお店のドラムがとても叩きやすいのは、マスターがドラムのことをよく分かってらっしゃるからだと納得。


■昼行灯(ザ・ヒルアンドン)
IMG_1745.jpg

皆さんお若いだけあって、演っている音楽の世代が違います。
カート・コバーンっぽい雰囲気のボーカルくんの、独特なキャラが新鮮。
ギターくんが「上手い」と、観に来て下さった某ギタリストから好評価を得ていました。


ということで、ベニエ座は、今月24日(祝)にも、ライブを予定しております。
詳細は追って案内しますが、今年ラストとなる次回ライブは、錚々たるメンバーが集まる中に交えていただいて、恐縮です。
どうぞ、お見逃しなく!

ありがとうございました。

| home |