fc2ブログ
 サンフランシスコ&ソウルの旅 ~その7~
ソウル入りしたその翌日には、もう帰国という(笑)、強行スケジュールのソウル旅行。

早くも最終日のこの日は、夜の飛行機までの間、出来る限りソウルを楽しむ予定で、7時前には起床。
ちなみに、今回泊まったホテルは、ソウル市庁から程近いところにある、ベストウェスタンニューソウルホテルで、クチコミ情報によると、ロッテ免税店や、ソウルの繁華街、明洞へ歩いて行ける好立地ということで選びました。
大阪でいう淀屋橋辺りで、梅田まで歩いていける距離、みたいなイメージでしょうか。

ホテル内にあるお粥屋さんが実は美味しいとクチコミにあったので、朝はそのお粥屋さんで食べ(確かに美味しかった)、その後は、まださっぱり把握出来ていないホテル周辺を散策すべく外へ出たのですが…、この日は、朝から猛烈な雨で!
一応、事前情報で雨が多いと聞いていたので、それなりに想定はしていたものの、まさか、よりにもよって、こんなゲリラ豪雨並みの大雨に見舞われるとは…!
しかし、ただでさえ滞在時間が少ないのにホテルに籠るわけにはいかず、激雨の中、歩きました…。

デハンムン
大雨じゃなければ中に入ってみたかった、大関門


Nソウル
Nソウルタワーも、天気がよければもっとクリアに見えていたはず…


なんとなく周りの位置関係が分かってきたところで、そろそろお店の開店時間になり、先ずはロッテ免税店&ロッテ百貨店へ。
目当ては、ロッテ百貨店に入っているケイト・スペードで、ちょうどセール期間中ということもあり、財布を1万7千円ぐらいでゲットできました。

ところで、ロッテ免税店のイメージ・キャラクターは、グンちゃんとキム・ヒョンジュンだけかと思いきや、東方神起と同じ事務所(SME)のスーパージュニアもそうみたいで、エントランスにでっかいパネルとか手形とかがありました。
東方神起は新羅で、スーパージュニアはロッテと、SME、抜かりない商売しています。

SJ.jpg
一番上が、チャンミンと仲良しのキュヒョンの手形です


その後は、東方神起を求めて、明洞へ。
明洞には、東方神起がイメージ・キャラクターを務めるコスメブランド、misshaの店舗がいたるところにあり、ちょっと歩くと東方神起に当たります。

missha3.jpg
お店の外にも

missha4.jpg
お店の中にも


写真を撮るだけとって、misshaでは何一つ買い物せず(汗)、目指すはSME所属アーティストの公式グッズショップ、エブリシングへ!
さすが、公式グッズは、新大久保で売っている可笑しくてあやしいグッズとは違い(それはそれで面白かったりしますが)、品があります。

記念に、恐らくここでしか扱っていない、チャンミンのサイン入りブロマイド・額縁入り(!)を買ったのですが、日本へ帰っていざ飾ろうとすると、私の部屋には、モノクロ写真のシックで高級感漂うフレームがうまく収まる場所が見当たらず(汗)、未だに飾りあぐねています…。

チャミ
素敵すぎる、この横顔…


ちなみに、ロッテヤングプラザに期間限定で出店しているSMタウン・ポップアップストアにも行ってみましたが、品揃えは、やはり本店(エブリシング)のほうが多いです。

他にも、新羅免税店の屋上にある東方神起の巨大パネルも見に行きたかったのですが、なにせこの雨では、屋上に行った所でどうしようもなく…、断念しました。

明洞をうろちょろするだけでも大変な悪天候の中、偶然にもMANGO SIXを発見したので、入ってお茶しました。
MANGO SIXといえば、東方神起がゲスト出演したトークショー「ゲリラデート」の撮影で使われたキャフェ。
とはいえ、撮影場所は明洞店ではありませんが…。
ここでは、チャンミンが頼んだものと同じものをオーダーするのがチャミペンのたしなみですが、何を頼んだのかまで覚えていない私は(汗)、全く違うものを注文。

マンゴー
味は、いたってフツーでした


そうこうしているうちに、そろそろ空港へ向かう時間となりました。
帰りはもちろん、ホテルからソウル駅までタクシーを使う気満々でしたが、財布を見ると現金が残りわずかになっていて、これではタクシー代やA'REXのお代が払えないかも…!?とパニックになり、急いでホテルで両替。
でも、後で冷静になってみると、両替しなくても足りてたような…。
こんな短期間では、貨幣の感覚がイマイチ分かりません。

分からないといえば、ソウルの電車は、切符代が電車賃+保証金を上乗せした金額になっていて、切符ではなくクレジットカードのような分厚いカードを機械にかざして入場するシステムで、出るときもカードをかざすだけで回収がされず、いったいカードはどうすれば…、と思っていたら、改札口の横に保証換金機なるものがあり、そこにカードを入れると回収されて保証金も戻ってくるという仕組みになっていることが後から調べて分かり(汗)、無駄にカードを日本まで持ち帰らずに済みました。

A'REXは、ソウル駅で搭乗手続きが出来るので、空港に着いてチェックインカウンターの行列に並ぶ必要がなく、スーツケースもここで預けられるのでとても便利です。
といいつつ、今回初めて利用したので勝手がよく分からず、手続きにはまごつきましたが(苦笑)、なんとか済ませ、仁川国際空港へ。

空港では微妙にウォンが余っていたので、フードコートで韓国風ツナ巻を注文して食べたのですが、これが全然美味しくなくて…。
仁川のフードコートは全くオススメできません。

図らずも、ソウルの最後はイマイチな食べ物で締めくくるハメになりましたが、とりあえず無事に日本に帰って来れたのでよしとします。


ということで。
こうして7日間の旅を振り返ってみると、サンフランシスコとソウルは対照的な展開でした(笑)。
でも、どちらの旅も、とてもいい思い出になりました。
ソウルは、もっと日本語が通じるかと思いきや、意外と通じなくて、言葉の面でも大変でしたが、色々と苦労した分、もうひとりでも大丈夫!と妙に自信がつきました(笑)。
ソウルは近いし、またぜひ行きたいです。
サンフランシスコも、ぜひぜひリピートしたいなぁ~~~。

| home |